FC2ブログ

2019-0617 大栃往復

昨日は午後少し時間出来たので
物部川北岸の県道で大栃へ。



猪野々の集落と渓鬼荘。
まだここが温泉営業中に
一度だけ入浴しに来たことがある。
温泉後の自転車はだるくて辛かった。



ここは以前は左右の建物(お店だった)が屋根で繋がっていて
ミニアーケードになっていた。
雨でも濡れずに両方を行き来可能で便利そうだったなあ。

閉店後、しばらくしてアーケードは取り除かれてしまった。



石のガードレール。
もう珍しくて貴重らしい。



フレームカラーがダムとお揃い。



永瀬ダムの水位、回復していた。
良かった。



国道の大栃の橋は架け替え中で、
かなり巨大な支柱が建っていた。
ビッグサイズに生まれ変わるみたいですね、
道幅もかなり広がるのかな。



缶コーヒーで休憩。
缶の中では、ジョージアが一番マシのような気がする。



奥物部物産館が休業中だった!
いつから?!
全然知らなかった。。。



ちょっと寂しい気分のポタリングでした。

2019-0616 山の食堂 HANAさん~安芸市内観光ポタリング

土曜日は具合悪くて寝込んでしまったけど、
翌日曜日はほぼ平常通りだったので
無事に走りに行けた。



香北側から上がって、山の食堂 HANAさんへ。
カボチャプリンとカフェオレを頂きながら
HANAさんご夫妻とお喋り。
プリンもカフェオレも美味しかった。



お店周りの紫陽花もいい感じです。

鳥越峠の旧道~三宝山トンネルを越えて山北から
陸自の駐屯地へ。



その後、いつも素通りする月見山へ。



山頂からの眺めが意外に絶景だった。



ヤッシーから手結港へ行くと、可動橋が通行可能だった。



で、そのまま坂を越えて住吉海岸へ。

ここは小学生の頃に家族で潮溜まり遊びに来た思い出の地。
その頃の自分達のような家族連れが何組か遊びに来ていた。

熱帯魚の子供やウミウシなど、水族館やテレビでしか
見れない珍しい綺麗な生き物がいっぱいで、
すごく楽しかった。

ただ、一つだけ恐怖体験があって、
足の裏にブッスリとガンガゼの針が刺さった人を見て、
心の底から震えた記憶あり。ウニは怖いな!と思った。



前日の雷雨のお陰か、空気が澄んで遠くの岬がクッキリ見える。

この景色は自転車道からしか見れないので、
東行きは自転車道を通ることが多い。

ここから室戸岬は見えないんだけど、
大学サイクリング部に入部したての
部の行事の室戸往復で、「あの見えてるのが室戸岬だ!!」
「もうすぐ着くよ、頑張れ!」
と何度も先輩に騙された。



安芸市内のギャラリーカフェ a new moon さんでランチ休憩。



和風出汁の効いた野菜たっぷりの胃腸に優しい味で美味しかった。
茹で卵とマヨネーズがアクセントになってて、
ボリュームもタップリだった。



あんまり岬っぽくない大山岬で折り返し。



焼き芋アイスを食べて



野良時計へ。
ここは以前の、前が田んぼだった頃の方が好き。
春の一面のレンゲの花と野良時計の組み合わせが
すごく好きだったなあ。



そして一度も行った事無かった
武家屋敷跡へ。



整然として、背筋が伸びるような空気感だった。



夜須から再び少しだけ自転車道を使って



野市で最後の休憩。
まだお腹痛かったので、乳酸菌を補給。

前日にほとんど食べて無かったので、
お腹緩いにも関わらず食べ過ぎてしまった。

2019-0609 大川原高原~神山 ツーリング



徳島の後輩の案内で日帰りツーリングに行って来ました。

なんと、集合場所にはずっと憧れていたYamaさんが。
この方のホームページやブログに載っている
いくつもの渋い峠を繋いだ走行ルートが素晴らしくて、
いつか自分もこれぐらい走れるようになりたい、
と思い続けて早何年だろう??
ルートも、ブログの内容も、全然追い付けないでいる。

まさかの後輩繋がりで、今回お目にかかる事が出来た。
ご一緒は叶わなかったけど、
細身でダンディーなYamaさんに見送られて出発。

私が10分遅刻したので、スタートが少し押してしまった。

後輩二人に先導してもらって、大川原高原の登り口へ。
サイクリスト密度の高さに驚く。

徳島市内からアクセスが良くて
走りごたえも景色も抜群という事で、
県内サイクリストに人気があるらしい。


なかなかキツくて、工石山と梶が森を足して二で割った感じ。

道中の眺めの良さは、正蓮寺並か。


一時間以上かかってピーク到着。


この日は霞んでて遠望が効かなかったが、
本当は淡路島まで見渡せるそう。


そして本当は、美味しいソフトクリーム🍦が食べられるそう。。。
運悪くお店が臨時休業!!!!
なんで?! これを励みに頑張ってペダル踏んで来たのに!

そして、綺麗だという紫陽花もまだ早かった。
これはまたリベンジに来なければ。


謎の「おでんでん」の分岐から舗装林道?に入る。
(おでんでん=お殿田でした)


下って行くと、
畑の真ん中にオブジェのような半鐘があった。


徳島在住の二人は、「佐那河内村らしい景色やねぇ」
と言い合っていた。半鐘が多い土地柄??


棚田の中を登る旧道にて神山へ。


里山らしい良い景色。



ピークは渋いトンネル。
この日はたまたま三人ともクロモリフレーム。


ピークで、NAGASAWAのクロモリフレームに乗った
おじさまが休憩中だった。
自転車に詳しい後輩二人の突っ込みに大層喜んでおられた。


神山町の「かま屋」さんでランチ休憩。
副菜取り放題、竃で炊いた美味しいご飯を食べられる
オシャレなカフェだった。

この後、もう一山越えませんか、という後輩の提案を却下して(ごめんね)
川沿いの快適ルートで集合場所へ戻った。

距離70キロ、程よい感じのツーリングだった。

後輩アテンドのツーリングはこれが3回目。
いつも地元民しか知らないようなマイナーな
道が絶妙に組み込まれていて、グルメもあり、
景色も最高!で本当に楽しませてもらっている。

次回が今から楽しみ!♬

KZくんありがとうございました!
ITくんもありがとう!!

2019-0603 春野 紫陽花神社へ




雨も上がったので、
無事に組み上がったクロモリバイクで行って来ました。

走り始めは、とにかく重くて。
それとフレームがしなる感じが違和感があり、
リズムよく走らせるのにちょっと手間取りました。

アルミとは大分雰囲気が違う。
こんなんだったんだ!

アルミよりもトップチューブが短い上にヘッド周りの角度や寸法が違うので、
ハンドリングが不安定で緊張する。

ハンドルを上げたり下げたりして調整。


渡船に乗る頃には大分乗り慣れて来ました。


渡船、点検で夏休みが有るそうです。
気を付けねば。


渡船を降りて、長浜からほぼ道なりに西進して、
紫陽花神社こと六條八幡宮に到着。









本殿にお参りして、
紫陽花のお手入れ寄附箱に寄附して来ました。


色んな種類が植えてあって、ほんとに綺麗です。
ちょっと早い?と思ったけど、もう見頃でした。


水路のはちょっと早かったかな。
6/9が紫陽花祭りのようです。

春野から治国谷経由でサイクリングショップ ヤマネさんへ行き、
クロモリ用のケーブル類とチームジャージの代金をお支払い。
先日亡くなられた店主の博敏さんの満中陰のお返しのお礼を言って、


遅めのランチ。


南はりまや町のテュケさん、久しぶりに行きました。


土佐山田のファミマで休憩して、香北へ。


香北にて、蔵の修繕での塗りたて土佐漆喰のクリーム色が珍しかったので
下校中の小学生に囲まれつつ撮影。
だんだんと酸化して真っ白になっていくんだったかな?
経年劣化じゃなくて、進化ですね、良いな。自分も志だけでもそうありたい。


未だにヤマネさんに行くと、博敏さんに会えそうな気がします。

2019-0525 赤良木峠へ

今日は赤良木峠へ行ってきました。

暑い!上に調子が悪くて。
全然進まないので嫌になりました。

蟹ごえ経由で行きましたが、
奈路ですでに二回も休憩。


土佐山バルでも休憩。


ボトルの水がぬるま湯になってたので、
冷えた柚子ジュースで水分補給。


この後の赤良木峠でも、何度も止まって休憩。
ここの水場でボトルの水を入れ替えて、
レッグカバーを脱ぎました。
あまりに暑い時は、やっぱり素足が涼しいです。

赤良木峠では、
クロモリに乗った男性と途中まで一緒になりました。


やっと到着。
1時間半以上かかったんじゃないかな?


ガードレールの下に
マーガレットが咲いててちょっと癒されました。

コーラを飲んでたら、
途中までご一緒させてもらった男性が
ピークのお茶屋さんから出てきて、
話しかけてくださったので
自転車談義に花が咲きました。
なんと、共通の知り合いが居てお互いビックリでした。


今まで、自販機は利用しても
いつも先を急いでるので
お茶屋さんに入った事が無かったんですが、
今回初チャレンジ。


男性オススメの山菜うどんを注文。
細麺に山菜が山盛りでボリュームあります。
お汁が美味しくて、気がつけばお汁まで全部完食。
美味しかった~、人気の秘密が分かりました。

本当は土佐町に降りる予定だったけど、
自分が遅すぎて時間が足りないので
ピストンで降ります。

網川経由で帰る事に。


網川トンネル登り口の雑貨屋さん?
の雰囲気が良かった。
おとり鮎も扱ってるらしい。


渋い脇道も発見!
機会があれば探検してみたい。


円行寺に降りる途中の
展望ポイントで撮影。


あまりに暑かったので、今日のおやつはコレ。


ファミマのシロクマ。
溶けるのに暇が要りましたが
満足しました。

今日は虫が多くて、二回も耳に入りそうになって焦った(・・;)
入らなくてほんとに良かった。
プロフィール

sakuramotipan

Author:sakuramotipan
高知県在住。
高知大学サイクリング部出身。
バイパス道路よりも昔の生活道を走るのが好きです。

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック