FC2ブログ

2015年8月23日(日)2週連続でKCTCクラブラン参加


距離:110キロ

KCTCのI田さんが来月から転勤。
8月はI田さん月間ということで、2週連続でKCTCへ。

IMGP1527.jpg
朝から暑い日だったので、集合場所に行く前にジュースを補給。

IMGP1528.jpg
集合場所の、サイクリングショップ・ヤマネに到着。
この日は山根さんはじめ、KCTCの主要メンバーはシマノ・スズカに行っていて
クラブランは人数少なめ。
総勢5人だった。
午後から用事のあるI田さんに合わせて、午前中で帰って来れるルートへ。

I田さんの提案で、
日高から谷地に抜けて浦ノ内経由で戻ってくることになった。

絶好の水遊び日和だったため、
とにかく車が多くて国道が走りづらい。

伊野・波川の寒風山方面との分岐の橋を渡ると若干交通量が減って、
やっと安心して走れるようになった。

日高の役場付近を左折して南進し、
猿田洞前を通って谷地の登り道へ。
登り出しはHさん、I田さんについていっていたけど、
すぐに千切れて一人旅に。

ここは学生時代にM先輩、O先輩と来て以来だったのでかなりお久しぶり。
道が広がった区間もあったけど、ほぼあの頃と同じ雰囲気の道だった。
だらだら上がって、ピークを抜けたところで他の皆さんが待っていてくれて、合流。

豪快に下る割に道が狭くて緊張するダウンヒルを降り、
国道に合流したところで体調不良のHさんが帰宅。
すぐ先のローソンで小休止して、残った4人で浦ノ内へ。
登りの度に千切れてしまい、あまり皆さんと一緒には走れなかった。

IMGP1529_20150831155302e8d.jpg
宇佐大橋たもとのファミマで流れ解散にしてもらって、
自分は一人で店内で補給休憩。

IMGP1530.jpg
クーラーの効いた室内でしばらく座って、身体を冷却。

IMGP1531.jpg
ほんまに暑かった、、、。

宇佐から海岸線を走って、花街道〜長浜、御畳瀬の県営渡船場へ。

IMGP1538_20150831202605a75.jpg
仁淀川河口大橋から海を見ると、
結構うねりがあって波が高かった。
沖のダブル台風の影響らしかった。
(暑かったのも台風の影響??)

IMGP1540.jpg
頭上をパラパントが飛んでたので手を振ってみたんですが、

IMGP1541_20150831202609a94.jpg
上から見えるものでしょうかね〜??

IMGP1542.jpg
渡船場で20分ほど待って、乗船。

IMGP1544.jpg
浦戸大橋や、

IMGP1548.jpg
十津の造船所を見ながら

IMGP1550.jpg
種崎へ。

IMGP1553.jpg
種崎の渡船場のすぐ近くに、新しいお店ができていた。
どうも ”わらび餅屋” さんのようです。
「本日売り切れ」と貼り紙がしてあったので寄らなかったですが、
今度行ってみよう。

IMGP1554.jpg
いつもの烏兎匆匆さんで焼き飯定食・焼き飯少なめ。

その後は岡豊のローソンまで車で迎えに来てもらいました。
IMGP1555.jpg
最後の補給は、スポーツごっくん。
ごっくん飲料の中では一番好きです。

8月は、ここまでなんだかんだで毎週100キロ越え。
ちょっと走りすぎで疲れが溜まってきてました。

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

2015 1月18日(日)KCTCラン 高岡〜戸波〜久通


距離:125キロ

久々にKCTCクラブランに参加。
家から自走だったので、朝7時に出発。
だいぶ日の出が早くなっているので、すでに明るくて助かる。

しかし、寒い!!!
身体と、足先はしっかり防寒対策をしてあるのでそうでもないが、
指先が痛くて痛くて、凍傷になるかと思う程。
指の第2関節から先が、ちぎれてなくなるんじゃないかというぐらい痛かった。

IMGP0091.jpg
杉田ダム手前の温度計はマイナス2℃。
よっぽどここで引き返そうかと思った。
手を脚で挟んでみたり、背中に回してみたりして風よけしながら
極寒の香北を過ぎると、神母ノ木辺りから若干寒さが和らいで
土佐山田辺りでやっと普通に走れるようになった。

何とか高知市内のサイクリングショップ・ヤマネに到着。

IMGP0094.jpg
のんびり、のつもりが速そうな人ばかり、、

IMGP0092.jpg
YukikoさんはおNEWのシクロクロスで土佐市のグラベルロードの探索に行く、と張り切ってました。

IMGP0093.jpg
Iさんは高校時代から乗っているというZUNOWフレームでの参加。
ダブルレバーが懐かしいです。

Iさんに、「先週と同じルートになるで。」と声をかけられたので
何のことやら、と思ったら、今日は須崎の久通に行く、とのこと。
こんなに早く久通に行く機会がやってくるとは思ってなかったので
ちょっとビックリ。

ヤマネ前から土佐道路で高岡まで行き、
高岡からカンナ街道で戸波まで走ってトンネルを抜けて浦ノ内へ。

浦ノ内からは旧道で久通に行く、というので、
前週にドキドキヒヤヒヤしながら走ったガレガレロードに再び。

IMGP0095.jpg
やっぱり荒れてますが、見慣れたせいか1週間前よりは
走り易く感じた。

キレイな舗装路に出てから、しばらくはアップダウンの繰り返し。

IMGP0096.jpg
浦ノ内方面の眺望。

IMGP0098.jpg
ピークから見た横浪。
海沿いは断崖絶壁。
この場所にいた地元の方によると、
この辺りの小さい岩礁が釣りのいいポイントなんだそうです。
久通の集落の眼前の海に大敷網があるそうで、
この辺りは漁業には最適な土地なのだそう。

IMGP0099.jpg
こちらは須崎方向。
こっちも断崖絶壁です。
道は険しいです。

IMGP0100.jpg
久通が見えてきました。

IMGP0102.jpg
到着。
目の前が漁港です。

IMGP0105.jpg
港のすぐ後ろに、久通の観音堂がありました。
安全にサイクリングできますように、とお参りしてきました。

しばらく休憩したのち、帰路につきます。

IMGP0103-02.jpg
はるか上に、降りてきた道のガードレールがあります。
来る時も結構きつかったですが、
帰りはその倍ぐらいきつかったです。

登ってきた旧道でなく、新しい綺麗な道で浦ノ内へ戻り、
宇佐のコンビニで小休止。

他の皆さんは春野のYou Firmでアイスを食べて帰る、とのことだったので
土佐市との交差点で別れて自分は海沿いに長浜まで。

IMGP0107.jpg
渡し船で種崎へ渡ろうかと思ったら、
次の便まで20分待ち。
待っても良かったんですが
何しろ寒かったので、
手っ取り早く浦戸大橋を渡りました。

IMGP0108.jpg
やっとこさで烏兎匆匆さんに到着。
時間が遅かったので、「ごはん終わりました。」と黒板が出ていて
しょぼ〜んとなっていたら、お店の方が飛び出してきて
「ごはんあります!!!」
と言ってくださり、焼き飯定食にありつけました〜!!

(もしかしたら、まかないのご飯だったかもしれません、、
すみません、ありがとうございました。とっても美味しかったです!)

IMGP0109.jpg
食後はチャイにしてもらいました。
生姜が効いていて暖まります。
甘みたっぷりなのが疲れた身体に沁みます。

自走で香北に戻る元気は残ってなかったので、
この日は地区の道役で香北に残っていた旦那さんに
南国まで車で迎えにきてもらいました。

久通、道は厳しかったですが
美しい集落でした。
観音堂のお祭りとかの時に、もう一度行ってみたいです。

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

2014年7月6日(日)KCTCクラブラン 浦ノ内〜横浪


(今回は写真なしです)

久しぶりのKCTCクラブラン(夫婦で参加しました)。
小雨がぱらつくものの、それほど大きく崩れそうになかったので
南国まで車で移動し、そこから自走で集合場所のサイクリングショップ・ヤマネへ。

コンビニで補給食を買っていたら、
5月に一緒に淡路島を走ったNight RideのNさんに会った。
Night Rideさんはこの日は工石山(赤良木峠)ヒルクライムの予定だそうで、、
KCTCは集合してからどこに行くかを決めるので、この時点ではまだ行き場所は未定。

ヤマネさん前に着くと、
由紀子さんとKさん、Kさんの友人のIさんの女性3名が集合していた。
結局この日は主要メンバーは来なくて、上記の3名にTさんとDSKくんが加わって、
女性5名と男性2名の珍しい構成になった。
KCTC走行会で女性の方が多いというのは、初めての体験。

初参加のIさんに合わせてのんびりペースで走行。
雨のほうは、小雨が降ったりやんだりで、
春野から仁淀川河口に出ると薄日が射してきて、走りやすい天候に。

浦ノ内のアップダウンで多少ばらけたものの、
無事に土佐市との分岐へ全員到着。

ここで一旦解散して、
鷹の巣〜土佐市へ抜けて高知へ戻る組と、
海沿いに高知へ戻る組、
野見湾を見物してから横浪を走る組に分かれた。

自分たちとTさんは野見湾〜横浪組。

野見湾入り口のコンビニでトイレ休憩と補給食の買い出しをして、
トンネルを抜けて、野見湾へ。
残念ながら天気が怪しくなってきてたので、
野見湾をチラ見して、すぐに元来た道を引き返した。

Tさんは天気が心配なのでこのまま高知へ戻る、ということで、
私たち夫婦だけで横浪アタックへ。

須崎側から登ると景色が良くない(海は反対車線の向こうになるので)のと、
慣れてないので道を覚えていなくてどうも苦手です。
3段坂までの登りが長くて、かなり消耗。
その後も果敢に頑張ったのだが、やっぱりダンナに置いて行かれた。

宇佐からは海沿いを春野まで走って、高知競馬場から100円道路へ(もう無料化してますが)。
競馬場周辺が雨脚が強くて、やや本降りに。
潮江に抜けると若干止んできて、岡豊辺りまでは小雨程度で済んでいたのが
車まであと500mほど!!
というところでザーザーの本降りになり、結局ダダ濡れになってしまった。

自転車(ロードレーサー)に乗る女性が増えたんだな〜、
というのを実感したレディースデーでした。
そのうち、女性だけで集団走行して、美しく先頭交代などしつつ
ハイペースで走ったりできるようになる日が来るんでしょうね〜。

2014年6月15日(日)越知町 日の浦 紫陽花祭り


走行距離:170キロ
走行時間:約7時間
平均時速:23キロ

FJ310884_20140621082912596.jpg

昨日は久しぶりにKCTC走行会へ参加。
越知町・鎌井田 日の浦の「あじさい祭り」へ行ってきました。

FJ310885.jpg

浦の内経由で斗賀野峠経由で遠回りして行ったため、
総距離170キロの超ロングライドになってしまいました。
(香北からヤマネまで自走で、帰りは岡豊まで車で迎えにきてもらった)

FJ310886.jpg
日ノ浦へは、横畠から登りました。
鎌井田からの一方通行になっている、とのことでしたが
降りてくる車がほとんどいなかったので、
道の状態の良いこちら側から登らせてもらいました。

FJ310891.jpg
日ノ浦の「あじさい祭り」会場に到着。

FJ310887_201406210829101b6.jpg

ここの紫陽花は初めて見たのですが、
山の斜面に広がる集落に紫陽花が植えられていてなかなか風情がありました。

FJ310890.jpg

FJ310888.jpg

ただし、一番きれいな遊歩道沿いはレーサーシューズでは行けないのが残念でした。

帰りには無理をいって「高知アイス」に寄ってもらって、

FJ310892.jpg

スイーツ休憩をしてもらいました。

高知に戻ってからは競輪場で開かれていた
サイクルワークスTTさん主催のバンク走行会にちょっとだけ顔出し。

さすがにこれだけ距離を乗ると、全身の疲労感がすごかったです。

携帯で2〜3枚写真を撮ったのですが、
マイクロSDを取り外すのが面倒なので、また後日アップします(たぶん)。
*6月21日画像アップ*

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

2014年2月9日(日) KCTCクラブラン参加


走行距離:約140キロ
走行時間:6時間
平均時速:23キロ

一月ぶりに、KCTCの日曜走行会、クラブランに夫婦で参加。
この日は南国まで車で移動し、自転車を降ろそうと外に出たら
根曳方面は雪雲で真っ暗。しかも、かなり降りしきってる模様。

FJ310743.jpg

風も強く、
集合場所のサイクリングショップ・ヤマネさん前までの移動に
時間がかかってしまって10分ほど遅刻。
(大変申し訳ない、、、)

南国・奈路方面へ行こうとの提案を、
「あっちは雪かみぞれになってて寒そうですよ!!」と
強硬に主張して浦ノ内方面に変更してもらう。

鏡川沿いに行川まで行って、
そこから伊野へ抜けて、
日高~谷地~鷹の巣~浦ノ内と走ろう、
ということになった。

FJ310744_201402172035547f3.jpg

行川からの登りのピークで小休止。


ここから伊野までの下りが激アレで、
特に伊野側が最悪。
落ち葉や枯れ枝、細かい落石に舗装の穴ぼこのオンパレード。
この前来たときはこんなでもなかったのになぁ、、、と
思ったものの、「この前」というのがもう3年前なので
比べてみてもどうしようもない。

伊野からは、サイクリングペースということで
抑え目に走って、佐川に到着。
コンビニで補給&トイレ休憩を取って、
谷地へ向けて登る。

FJ310745.jpg
谷地のピークに到着。

後続が到着次第、国道まで降りて、
鷹の巣からトンネルを越えて、浦ノ内へ。

浦ノ内から横浪組と浦ノ内組に分かれる。
浦ノ内組の私たちは、のんびりと浦ノ内湾内を走って高知へ戻る予定が、
ダンナが膝痛になってしまったので、他の方々とは別れて、
さらにのんびりと戻ることに。

FJ310746.jpg
宇佐に着いたら、ちょうどお昼時。
この際、きちんと昼ごはんを食べて帰ろう、ということで
「宇佐もんや」さんへ。

FJ310748.jpg
うるめいわし蒲焼丼と、いわしフライを食べて満腹。

この後は塚地峠を越えて、
高岡~土佐道路で高知に戻り、
国分川沿いに南国市へ。

浦戸湾を渡るまではぽかぽかと暖かかったのが、
渡った途端に肌を刺すような北東の季節風に襲われ、
寒い上に激しい向かい風。

車に戻った時は、二人ともヘロヘロに疲れていた。

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

プロフィール

sakuramotipan

Author:sakuramotipan
高知県在住。
高知大学サイクリング部出身。
バイパス道路よりも昔の生活道を走るのが好きです。

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック