スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年11月23日(祝) 谷相林道~豊永~大田口カフェ~甫喜ケ峰 ポタリング記


(注!:谷相林道と甫喜ケ峰周辺はルートラボに道が表示されなかったので、めちゃくちゃ適当です。)

出発時間:9:00ごろ
帰宅時間:18:40ごろ
メーター未装着のため、距離・平均時速とも不明

体調が戻ってきたので、念願の谷相林道を越えて豊永へ。

IMGP1581.jpg
日ノ御子公園横から、この分岐を左に入って谷相の集落へ向かう。

IMGP1583.jpg
北風が強いものの、天気はまずまず。

IMGP1585.jpg
三十代に到着。
進行方向に当たる山側が雪雲っぽい雲で真っ暗、、、
雨に降られませんように、と祈りつつ進む。

IMGP1587.jpg
三十代バス停横の「谷相林道 起点」標識。

IMGP1597.jpg
遠くに小さく輝く太平洋を見ながら登っていく。

IMGP1599.jpg
永野方向との三叉路に到着。

IMGP1600.jpg
行く手は雲で真っ暗、そして「路面崩落のため大豊には抜けれません」の標識。
まあ~、何とかなるだろう~、と不安を抱えつつ出発。

IMGP1601.jpg
「大荒の滝」のある御在所山を右手に見ながら登っていく。

IMGP1610.jpg
稜線上に出る手前の山肌。
斜めに走る岩盤状の地層。
しかしもろいようで、この辺りから落石が多くなってくる。

IMGP1615.jpg
稜線上の風景。
すっかり葉が落ちて、枝だけになった木々。
人気もなく、冷たい風が音を立てて吹きすさび、「荒涼」という言葉がぴったり。
寒くて、足先や指先が冷えて痛い。

IMGP1617.jpg
ピークの近くで、はるか遠くに太平洋が見えた。
野市方面か??陽が差して暖かそう。

IMGP1619_20101130220623.jpg
廃墟が立つ、谷相林道のピーク。
1年前より確実に荒廃度が増していた。


急勾配の舗装路を下り、何度かヘアピンカーブを越えると
ダートになった。


IMGP1620_20101201212817.jpg
林道紹介のサイトでよく見る素堀のトンネル。
このトンネルを抜けると、道の荒れ具合がひどくなって、ほとんど川床状態。
水の流れでえぐれた路面に浮いた岩がゴロゴロころがっていて、
自分のテクニックではとても乗っていけないのでひたすら自転車を押して歩く。

今にも降り出しそうな空模様の中、
山を揺らす風の音と谷川の水音におびえつつ、黙々と進む。

結局、半分ぐらいの行程を押したと思う。
カメラを取り出す余裕もなく、一人で来たことを後悔しつつ無事に帰ることだけを考えていた。

IMGP1621.jpg
やっとダートから脱出できた。
ほっと一息ついて、補給休憩。
ほとんどハンガーノック寸前だったので、美良布の「おかばやし」で買ったクッキーを開ける手が震える。


IMGP1622.jpg
別の林道との分岐点に到着。
ダートを抜けてからも、道の状態は悪くて山肌が崩壊してきている箇所多し。
路面一杯に落ち葉が積もっていて、車の通った形跡がない。


IMGP1624.jpg
一際大きく山が崩れてきている現場に、谷底に落ちかけた状態でかろうじてとどまっている
ジムニーを発見!!
これが香北側にあった「路面崩壊のため通行止め」の現場だな、と思って安心したのもつかの間、、、、

右側に集落が見えてきて、R439らしき道も望めるようになってきたところに
ロープ張り渡してあって「全車通行止め」の標識が出ていて、いや~な予感が、、、、


なんと、路面が全面崩落していました。
引き返すことも考えたのだが、あのダートを上がる気力は残っていなかったので強行突破。
荷物運搬用のレールにへばりついて、慎重に自転車を押し、何とか向こう岸に渡れた。
IMGP1627-2.jpg
この写真は渡りきってから撮った。
いやー、冗談じゃなく怖かったです、、、。
*本当に危険なので、このブログを見て行く人がいないことを祈ります。




IMGP1628.jpg
崩落現場から1分ほどで梶が森との分岐に到着。


IMGP1629.jpg
こちら側はまだ紅葉が残っていた。
怖い思いをした後なので、一際鮮やかに感じられた。


IMGP1631.jpg
道沿いに、住んでいる方のネーム入りの案内板が立っていた。
これなら迷わず目的のお宅にたどり着けますね。


IMGP1634.jpg
やっと、ヨサク(R439号線)との合流点に到着。

豊永駅横の踏切を渡ってR33号線に入り、


IMGP1639.jpg
大田口駅の近く、国道沿いにある「大田口カフェ」に到着。

IMGP1637.jpg
店内では、薪ストーブに火が入っていて、とても暖か~。
しばらくはストーブに張り付いて冷え切った身体を温めた。


IMGP1635.jpg  IMGP1638.jpg
暖かいカフェオレと、美味しいホットサンド(手作り柚子ジャム付き)を食べて、本当に生き返った気分がした、、、。
無事にここまで来れて、本当に良かった、、、。


IMGP1641.jpg
ずっと国道を走るのも芸がないと思い、国道から大田口駅方向へ入って
JRの踏切を渡り、少しだけ脇道を走った。


IMGP1642.jpg
JRの線路に沿って道は続く。
(黒い柵の向こうがJR)


IMGP1652.jpg
もう一度踏み切りを渡って、線路の北側へ。



IMGP1655.jpg
川沿いの紅葉がキレイだった。

この後は国道へ戻り、トンネルを旧道でパスしつつひたすら走る。


IMGP1658.jpg
イノシシのピータンは今日もとても元気!!



IMGP1661.jpg
甫喜ケ峰の登りに苦しめられたりしつつ(ロードで来たときは楽勝に感じたのだが、、)、
土佐山田町・須江の交差点に到着。
もうすっかり夕暮れになってしまった。


たま~の通勤以外のナイトランは久しぶり。



IMGP1662.jpg
神母ノ木の交差点にて。
すっかり日が落ちてしまった。

さすがに疲れていて、佐野ストアーでホットドリンク休憩を取り、やっとの思いで自宅に到着。
かなり無謀なサイクリングになったなあ、と反省した一日だった。














スポンサーサイト

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

大田口カフェ、行きたい~!!

土曜日、土佐山田の大学に行きました。
ひさびさに行ったけど、走りがいがありました。

No title

昨年、自家用車で谷相林道抜けようと思ったのですが、トンネルの少し下流で断念しました。大豊側の林道は荒れ放題ですね。
しかし、この林道を自転車で行くとは・・・・・・

Re: No title

sueさま

こんばんは。
先日はどうもでした。
久しぶりでしたね~。
いろいろ話をしたかったのですが、ちょうど作業中で忙しかったもので、、、。

大田口カフェ、いいですよ~。
ぜひ行ってみてください。

土曜日だと天気が良くて気持ちよかったんじゃないでしょうか??

Re: No title

まっこり爺様

こんばんは~。
やっと更新することができました。

> 大豊側の林道は荒れ放題ですね。
確かに荒れ放題でした。


> しかし、この林道を自転車で行くとは・・・・・・
道が直るまではダメですね。


Re: No title

まっこり爺様

1回目のお返事が、
言葉が足りなくて感じの悪いコメントになってしまったので
再度お返事させて頂きますね。

> しかし、この林道を自転車で行くとは・・・・・・
MTBで四国の林道をよく走っておられる方のHPにあった
谷相林道ツーリング記を見て、4年ほど前から大豊側に抜ける計画を暖めていたんですよ。

その方は豊永近辺に車をデポして、
谷相林道~大栃~梶佐古小檜曽林道~京柱峠~豊永、
というルートで走られてました。

私はとても同じルートをトレースするのは無理なので、
せめて大豊へ抜けて帰ってきてみよう、と計画したのでした。

しかし、ちょっと無謀でしたね~、、、




プロフィール

sakuramotipan

Author:sakuramotipan
高知県在住。
高知大学サイクリング部出身。
バイパス道路よりも昔の生活道を走るのが好きです。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。