2010年10月17日(日) 四万十川ポタリング


走行時間:3時間40分
走行距離:76キロ
平均時速:20.9キロ

知り合いが、この日に開催された「四万十ウルトラマラソン」に出たので、
応援がてら四万十へポタリングに行ってきた。


自宅を6時半に出て須崎まで高速を使い、大正に着いたのが9時前。



旧大正町役場に車をデポして出発。
すぐ近くに土佐くろしお鉄道の大正駅があるのだが、
何と道路標識が「国鉄」のまま残っている。

IMGP1331.jpg

これは驚き。


IMGP1375.jpg

実はこの後、昭和駅も国鉄時代のままの標識が残っているのを発見しました。
そういえば、高知新聞に取り上げられていたような気がする。


国道へ出て、とりあえず半家(ハゲ)の沈下橋を目指して走る。


SDIM1246.jpg
事前に聞いていた、通過予想時刻ピッタリの10時半ごろに半家の沈下橋に到着。

ここは沈下橋を渡って折り返していく地点なので、絶好の応援ポイントになっている。

でもなかなか予想どおりには行かないよね~、
と思いつつ10分ほど待っていると、沈下橋を渡って知り合い登場~!!!

必死で声を張り上げて応援。

「○○さん、がんばれ~!!」
大きな声で名前を3回も連呼したので向こうも気づいてくれて、
手を振って走り去っていった。

IMGP1342.jpg

たぶん会えないだろうなあ、と思っていただけに応援できて嬉しかった。

無事、この日の目標を果たしたので後は自転車でブラブラすることに。


と、言っても特になにもルートを考えていなかったので、
国道381号線で江川崎まで行って予土線沿いに441号線へ入って愛媛県境を見て引き返して、
「道の駅 四万十とおわ」で昼ごはん休憩を取った。

IMGP1351.jpg
ここ、ずっと来たかったんですよね~。
木造でおしゃれな建物。


IMGP1354.jpg
食堂入り口から見える風景。
ちょうどお昼時で満席だったので待ち時間があったのだが、
景色がいいので待つのも苦にならない。


IMGP1360.jpg
内装もセンスいい。


IMGP1361.jpg
窓の向こうに、四万十川が見えて、「道の駅の食堂」というよりは「カフェ」のよう。


IMGP1359.jpg
メニューもどれも美味しそう。


IMGP1365.jpg
今回はこれにしました。


IMGP1364.jpg
天然川エビも付いてます。
もちろん四万十川産。
プリプリで旨かった~!



「栗ソフト」も食べました。


売店でお土産も購入。
すっかりここの道の駅のファンになってしまった。
また来るぞー!


IMGP1368.jpg
この後は、国道のトンネルを脇道(旧道)でパスしながら大正へ戻った。


IMGP1369-2.jpg
旧道は雰囲気がいい。
道が狭いのが難点だが、自転車なら全く問題にならない。

IMGP1380.jpg
いいなあ~。
この辺に泊りがけで遊びに来たいなあ、、、。


SDIM1257.jpg
写真を撮りながら、大正に到着。
美味しい地酒で有名な「無手無冠」。
こっちはお酒屋さんで、


SDIM1256.jpg
向かいにあるこっちは居酒屋さん。
どっちも無手無冠がやっているようだ。

無手無冠、買いたかったけどデイパックがお土産で一杯だったので諦めた。
また買いに来よう。


あとは車に戻って自転車を積み込み、香美市内の自宅まで戻った。


SDIM1249.jpg
(国道381号線 四万十トンネル 近くからの風景)
15年ぶりくらいに行った四万十川。
以前には感じなかった、景色の雄大さに驚いた。
流域面積が広いから、川が大きいんだろう。

それとも、国道が改良されて、広く、真っ直ぐになっていたから??


今回、自分の持っている地図が古くて全く使い物にならなかった。
これほど国道が変わっているとは思いもよらなかった。


地図を買いなおしてルートを練り直し、もう一度走りに行きたい。














スポンサーサイト

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sakuramotipan

Author:sakuramotipan
高知県在住。
高知大学サイクリング部出身。
バイパス道路よりも昔の生活道を走るのが好きです。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック