スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年9月24日 西又・河野林道 


*ルートラボに載っていない佐野~新改の区間はフリーハンドで描いたため不正確です。
 詳しくは地形図を参照してください。


走行時間:3時間半
走行距離:52キロ
平均時速:14.9キロ

ついにSuginoのコンパクトドライブを導入してインナーが38→36に。
クランク長も150mm→152mmになった。

これで登りが楽になるぞ~と思い、
まだ走ったことの無かった「林道西又河野線」にチャレンジ。


IMGP1279.jpg
香北町・日ノ御子の、林道の起点。
日ノ御子キャンプ場方向へ進みます。


IMGP1193.jpg
入り口から30分ほど登った、「河茶」で休憩。
香北側はここが最初で最後の集落だった。

IMGP1198.jpg
Suginoのコンパクトドライブ。

なぜSuginoにしたかというと、クランク長152mmが欲しかったから。
昨年の秋に左ひざ痛解消を狙って、
工房赤松で175mmのクランクを加工して150mmにしてもらったものに交換したら調子がいいので、
引き続き短いクランクを使いたかった。

ついでに、チェーンとリアディレーラーも交換。
リアディレーラーはアルテグラの前身の、「SHIMANO 600」を10年以上使っていました。
交換作業は専属メカニックのダンナが担当、その間私は掃除に洗濯
適材適所で分業作業。


IMGP1199.jpg
全体像はこんな感じ。
わかり難いですが、ディレーラーは最新のアルテグラに、シールドベアリングのプーリーを装着しています。

IMGP1203.jpg
予想以上に勾配がきつく、インナー36でもケーデンスは全く上がらない。
38のままだったら、確実に途中で引き返していただろう。

あまりにしんどいので、30分毎ぐらいに休憩を繰り返しつつ進む。
IMGP1209.jpg
しかし、山を登りつつ食べる補給食はどうしてこんなにウマイのでしょう。
今日は奮発して、土佐山田のさくらベーカリーの菓子パン。
これは一番好きな「さくらもちパン」。


IMGP1206.jpg
風はすっかり秋風で、登るにつれて肌寒くなっていく。
澄んだ空の色が透明感があってとてもキレイだ。
ところどころ山から流れてきた石や土で道が荒れているが、
どうしようもなくひどいところはなかった。


IMGP1216.jpg
九十九折が終わってすぐに、ゆるく下る箇所があった。
すっかりピークと勘違いして喜んで写真を撮ったが、
本当のピークはここからまだ20分ほど先だった、、、。


IMGP1220.jpg
やっとピークに到着。
ピークは、作業用林道らしき道が交錯して4叉路になっていた。



IMGP1223.jpg
下り始めると、道の両脇にススキがわらわら。
背丈が揃っていて、誰かが植えたみたいだ。
秋ですね~。


IMGP1227.jpg
林道の看板。
この辺りは登っていて、ピークから先は下るだけだと思い込んでいたのですごくがっかりした。
地形図を出してよく見てみれば、確かに一部登る区間がある。
等高線を読むのが苦手なので、よくこういう思い違いをしてしまう。



IMGP1234.jpg
西の又の集落に到着。

IMGP1233.jpg
香美市営バスのバス停があった。頑張ってるなー。
「さがわの森」ってなんだろう??


IMGP1244.jpg
林道完成記念碑に、林道の着工から完成までのドラマが刻んであった。
佐川急便からの多額の寄付がなければ林道は完成できなかった、とのこと。
さっきの「さがわの森」の「さがわ」は佐川急便の「佐川」なんだそうだ。


西の又からは道幅が広く、ほぼ2車線の快適路が続く。


IMGP1246.jpg
国道との分岐に到着。


IMGP1247.jpg
「追い廻し」という変わった名前のバス停前に出る。



IMGP1251.jpg
繁藤駅で休憩。


IMGP1255.jpg
鉄道の駅に来るのは久しぶりだ。
私は大阪出身なので、通学やお出かけの足はほとんど電車やバスだった。
大阪市営地下鉄に乗って梅田・なんば方面に行くのが高校時代の最大の楽しみだった。
家に車がなかった(というか、両親とも免許を持ってない)ので、
旅行に行くのも、いつも電車を利用した。

そういう環境で育ったので、
このレールの先に何か楽しいことが待っていそうでわくわくする。

また久しぶりに輪行でどこかへ行きたいなあ


IMGP1256.jpg
高知に来てから、ずっと気になっていたのがコレ。
「高知線の歌」と題した、JR各駅にあるこの看板だ。
駅ごとに歌の内容が違っていて、駅周辺の風物にちなんだ内容になっている。
歌詞なのかなぁと思うが、楽譜がついているのをみたことがないので、メロディーはないのかなぁとも思う。


繁藤駅から国道を走って、今回は根曳の旧道ではなく
甫喜ケ峰から平山へ抜ける林道を通ることにした。
IMGP1265.jpg
甫喜ケ峰森林公園がすごく整備されていてめちゃくちゃ驚いた。
前に来たときは、何も無くてただバーベキューサイトと山の上にアスレチックがあるだけだったが、
駐車場も整備されて自然観察資料館もできてて、何より明るく感じよくなっていた。


IMGP1267.jpg
公園入り口からすぐのこの分岐を右へ行くと、平山へ。
このあと20mも登るとあとは下るだけ。
こちら側からだと楽勝で、いままで使っていた根曳の旧道よりもずっといい道だ。


IMGP1270.jpg
下る途中にあった、木製のガードレール。
温かみがあっていいなぁ。


IMGP1272.jpg
ずんずん下って、休場ダムへ。
ダム前の朝倉商店、店構えに風格があって好きだ。

IMGP1275.jpg
ダム湖の風景。


IMGP1274.jpg
朝倉商店前の橋をわたってすぐを右折して、新改へ。


IMGP1277.jpg
新改から大法寺を越えて、北岸の県道経由で帰宅しました。

距離は短かったけれど走り応えのあるルートでした。


スポンサーサイト

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

30年ほど前に
林道の石碑より左側に進んだ行き止まり箇所に
釣り堀やレストランが有ったんですが
その一帯を佐川急便が購入してるはずだから
でもこの道舗装路に成って走る気なくしましたが

でも いよろい方面のルートが有るらしいから
寒く成ってきたら探索に行きたい地点です
(蛇やら昆虫類苦手なんで)
誰かユーチューブにルート画像が出てたんですが結構草が伸び放題気味でした(笑)

Re: No title

>ふぇざーさま
こんばんは。
いつもコメントありがとうございます。

> 林道の石碑より左側に進んだ行き止まり箇所
20年ほど前まではその辺りに遊行施設の跡があったそうですね。
廃墟化していて怖かったとか何とかいう話をダンナに聞いたことがあります。

今回、そちらの方には入らなかったので「さがわの森」の実体は未確認です。

あの辺は作業用林道が沢山ありそうですね~。
何年か前、小高坂の店主が、後入山の稜線をMTBで徘徊してましたよ。
いいルートがあったとかで、毎週のように走りに行ってました。

No title

こんど店主さんに直接お山の情報聞いてみょう(笑)
ぷーたろうのいかくから入るるーと本日
お山の師匠に確認いたしました

それと中津尾林道
オートバイでご一緒した事が有る方が最近通過したとのことでこんな感想が
>盛り土が大盛りで通過が少々怖かったですが

だそうです

Re: No title

>ふぇざーさま
こんばんは。
地形図で確認すると、確かにぷーたろーの辺りからピークへ向かって道がありますね。
ピークは、そちら方面はロープが張ってあったので気をつけてくださいね。

そういえば、小高坂もしばらく行ってないです。


中津尾林道、通行止めは解除されてるんですね。
そのうち行ってみます。
情報ありがとうございました。


プロフィール

sakuramotipan

Author:sakuramotipan
高知県在住。
高知大学サイクリング部出身。
バイパス道路よりも昔の生活道を走るのが好きです。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。