FC2ブログ

2019-0915 池川周遊ポタリング



池川に車をデポしてぐるっと周遊してみました。
車はヨサク交流館の下の駐車場に置かせてもらいました。


出発時の土居川(仁淀川の支流)。
透き通ってほんとに美しいです。
前半はこの川の流れに沿って走ります。


ヨサク交流館横の橋を渡ったら
ココを右折して国道494号線へ入ります。

いきなり道が細くなって
細かいアップダウンが続きますが、
対向車(結構多い)に注意して慎重に走ります。


川は期待通りの美しさ。
地味に脚にきて疲れますが、
景色に癒されつつ進みます。

ただし、展望のきく箇所は少な目。


愛媛県境の境野隧道に到着。

トンネル手前の用居、という集落を再訪するのが
楽しみだったが、すっかり寂れてしまって様子が違ってたので
気付かずに素通りしてしまった。


これは2010年の写真。
今は空き家が多くて、アンパンを買った雑貨屋さんも
閉まっていたみたいだった。


トンネル向こうは久万高原町。


城塞のような石垣の畑は健在だった。
ピシッと角が立っていて堅牢そうな辺りがお城っぽい。


看板が賑やかなこのお店も、店内はお酒のみの販売になっていた。
2010年に来た時は生活雑貨や食料品も販売してたんだけど。

この少し先の食堂(閉店されてて店先の屋台のみ営業中)で
トイレをお借りして、赤蔵ヶ池(あぞがいけ)へ。
※走行中の愛媛?のサイクリストのグループを呼び止めて
トイレ情報を教えてもらって、食堂まで先導して頂きました。
ありがとうございました!



赤蔵ヶ池の入り口はこんな感じ。
県道210号線を行きます。


いきなり交通量が無くなって寂しい雰囲気に。

この先で道が荒れ始めて、
落ち葉や枯れ枝が散乱して
アスファルトが見えないぐらい。
苔も生えてて、車は日に何台通るんだろう?
もしやもう何日も車入ってない??
っていう状態になっていった。

怖いなあとビビりながら走っていると
「ブギャヒィーーーー!」
と叫びながらウリ坊が目の前に転がり出てきて
めっちゃ焦った、、、。

(親が出て来る前に逃げな!!!)
と必死でペダルを回して前進!

しばらくは気が気でなかったです。


旧土佐道の標識がありました。


やっとの思いでピークの赤蔵ヶ池に到着。
すっかり怖くなっていて、池に行く勇気は無し。
案内板には鵺が住んでるとか書いてあるし!


この先の下りがまた道が荒れてました。
カーブも多いし慎重に降ります。


やっと周りが見えた!
あの電波塔は中津明神山?


分岐が多く、紙の地形図か
ダウンロードした地形図が必須です。

電波が悪いので、Google MAP等は使えませんでした。


だいぶ降りてきました。


シュールな鳥避け。




トタン屋根には必ず「水」の文字飾り?がありました。


ここにも石垣の棚田がありました。


国道間近の集落。


陽当たりの良い谷いっぱいに拓けていました。


橋を渡って


国道33号線に合流。


柳谷で大学サイクリング部の
思い出深い集会所(建て替わって綺麗になっています)
を見て


お茶農家カフェあすなろさんに寄りたかったんですが
順番待ちの列を見て断念。


引地橋のドライブインで遅めの昼食。


ご飯物は全部売り切れ。
ざるそばと


おでんは大丈夫でした。


16:00ごろに池川到着。

車に自転車積んで、
吾北のムササビ温泉へ。

暑くて汗だくになったので、
一風呂浴びてから


1週間前に温泉施設内にオープンしたカフェ
アオイネコさんへ。


営業は週末のみだそうですが、
夜8:00まで開いていてアルコールもメニューにあります。
ご飯は週替わりメニューだそうです。


家までまだ2時間ほどドライブがあるので、
スイーツ補給させてもらいました。

西の方は食事出来る場所が少ないのでありがたいです。
ナチュラルテイストの素敵なお店でした。
今度は食事に来たい。




スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sakuramotipan

Author:sakuramotipan
高知県在住。
高知大学サイクリング部出身。
バイパス道路よりも昔の生活道を走るのが好きです。

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック