2015年9月22日(火)郷ノ峰〜稲叢ダム



またまた更新が滞っておりました。
シルバーウィーク中に、本川の稲叢ダムに行ってきました。

IMGP2026.jpg
波川まで車で移動。
朝は大分肌寒い。

IMGP2028.jpg
伊野IC横を通って、宗安寺から旧鏡村へ。
まずは郷ノ峰を越えます。

IMGP2030.jpg
秋晴れの良い一日。
田んぼもすっかり黄金色。

IMGP2032.jpg
彼岸花と百日紅の競演。
なかなか大きくて立派な百日紅でした。

IMGP2033.jpg
足下では、カマキリがファイティングポーズで頑張ってました。
コレを見ると、秋だなあと実感します。

IMGP2034.jpg
ススキも満載。

IMGP2036.jpg
ピークに到着、
ちょっと補給して、

IMGP2039.jpg
郷ノ峰峠を越えて

IMGP2040.jpg
瀬戸川渓谷へ。

IMGP2041.jpg
向い側の山々は、雲海の中。

IMGP2042.jpg
途中、芥川というところで程野方面へ抜ける林道をチェック。
舗装してたらレーサーで走りに行きたいと思っていましたが、
残念ながらダート。
路面が良好なので頑張ったらレーサーでも走れそうですが、
腕に自信の無い自分はちょっと無理そう。
ランドナーもどきが復活したら行ってみるか?

IMGP2044.jpg
黒丸との分岐に到着、右方向へ進む。
地元の方が道のお掃除中でした。
ここから、稲叢ダムまでヒルクライムです。

IMGP2046_201510052009161cb.jpg
アメガエリの滝の看板発見。

IMGP2047.jpg
滝は、この山道の奥にあるようです。
道からは見えませんでした。

IMGP2051.jpg
さらに進むと、テラスのように張り出した展望台を発見。

IMGP2052.jpg
展望台の端から、眼下の渓谷が見渡せます。

IMGP2053.jpg
テラス部分が宙に浮く構造で、ちょっと怖い。
眺めは抜群です。

IMGP2056.jpg
意外に道幅があり、走り易い道でした。
ガードレールもしっかりあるし、待避所も設けてありました。

IMGP2059.jpg
今回の補給食は、コレ。
「フロランタンみたいなケーキ」。
パスコ山崎製。
焼き菓子のフロランタンを巨大化した感じです。
かすかに塩気があり、汗かいて疲れた身体に優しい感じ。
何と、カロリー数が548キロカロリー!!
すごい頼れる補給食です。
ここみたいに、道中にお店もなにもないルートには最適でした。

IMGP2058.jpg
森林鉄道のようなトンネル。

IMGP2064_201510052025296c5.jpg
紅葉に囲まれた渓流。
紅葉したら、さぞかしキレイなんだろうな、、、

IMGP2065.jpg
X型の道案内、

IMGP2066.jpg
ちょっと戸惑いましたが、
地形図によると直進でOKだったので、
そのまま進みます。

IMGP2067.jpg
稲叢山登山口に到着。
周辺の木々が、うっすらと紅葉していました。

IMGP2068_201510052025395af.jpg
天空のバルコニーだそうで、、、
ここは広場になっていたのですが、
稲叢ダムのパンフレットの説明によると、
石を積んで作られたロックフィルダムである
稲叢ダムの建材を採取した跡地だそうです

IMGP2072.jpg
石のテーブルと椅子があったので、小休止。
深緑色のキレイな石でした。

IMGP2073.jpg
ちょっと曇ってきて、肌寒くなってきました。

IMGP2075_201510052032034be.jpg
少し下って、稲叢ダムに到着。
確かに石積みのダムです。

IMGP2076_20151005203203f19.jpg
何と、下にある大森ダムと地下で繋がっていて、
深夜の電気の余っている時間帯に大森ダムから稲叢ダムに水をくみ上げ、
昼間はその水を大森ダムに落とすことで発電するんだそうで、、、
揚水発電、というそうです。
一種の蓄電なんだそうで、、、なかなか壮大な施設でした。
興味の有る方は、ぜひ一度現物を見に行ってください。
スケールの大きさに、相当感動します。

IMGP2078.jpg
四国堰堤88カ所巡りの判子置き場発見。

IMGP2079.jpg
「稲村」さんの三文判が入っていました。
どんな判子だろうと思ってましたが、そうか〜、そういうことか、、

ダムの横にはキレイなトイレが設置されていて、とても助かりました。
四国電力さん、やるなあ。

IMGP2083.jpg
ダムから3キロほどで、ピークに到着。

IMGP2081_20151005203303b21.jpg
ピークの向こうは、なかなか渋いトンネル。

IMGP2086.jpg
トンネル横には登山道が設置されていました。

IMGP2088_201510052047123c6.jpg
トンネルを抜けると、目の前に四国山脈の峰々が。

IMGP2092_2015100520471629a.jpg
道も険しく、厳しい雰囲気です。

IMGP2091_201510052047168f4.jpg
道脇にリンドウを発見。

IMGP2093.jpg
細かい落石や折れた枝が転がっていたりして、
走行注意な感じでした。

IMGP2094.jpg
ガスっていて周囲の山が見えなかったのが残念。

IMGP2101.jpg
こちら側にも縦長のトンネルがいくつか。
どれも照明が無いので、内部はかなり暗いです。

IMGP2103_201510052053346ab.jpg
このトンネルは、出口のグレーチングが裏返ってました。

IMGP2105.jpg
超危険。。。。
行かれる方は、気をつけてください。

IMGP2108.jpg
こっちも自然林が多くて、気持ちよかったです。

IMGP2109.jpg
紅葉の頃に来たいですね〜

IMGP2113.jpg
四国電力の発電所に到着。

IMGP2111.jpg
稲叢ダム資料館の横で休憩。
ここでもトイレをお借りできました。

IMGP2112.jpg
稲叢ダムとセットで運用されている、大森ダム。
このダムは戦前に建設されたそうで、
なかなか古くていい味出してました。

この後は、長沢〜大森峠を下って、
思地へ。

IMGP2114.jpg
道の駅633美へ向かいます。

IMGP2116.jpg
633美到着、9月26日に越知の横畠で開催された、
キャンドルナイトのポスターが貼ってありました。

IMGP2117.jpg
かなり消耗したので、633美でケーキ休憩。

IMGP2118.jpg
そのあと、出来地の自由軒で遅い昼ご飯。

IMGP2119.jpg
走行距離115キロ。

なかなかいいルートでした。





スポンサーサイト

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

 お疲れ様です。瀬戸川渓の道路工事終わったんですね。

 自分は初夏に大橋ダムから逆ルートで上がりました。森が豊かで想像以上に道も良いですけど、展望の良い場所が少ないのが残念ですよね。管理人様が自転車置いている岩に登ってみたりしました(w。

揚水発電

稲叢山には平家伝説が残っています。一説には、安徳天皇が「稲が沢山とれるように願ってつけた」とも言われています。ポチも2年前に行きましたが、帰路・・・道路右側の鳥居に気付き・・・あれ?こんな山中に神社が?と思って走りましたが・・・途中で・・・「な に を し に き た 」という声が・・・うわ~~~!!

帰宅後、ネットで調べてみましたら、平家の落人が50数名餓死された場所を祭っていると知りました。

おそろしくて もう 二度と行けません 稲叢ダム・・・。

そんなポチなので、あの辺の山にも登れないんですよ~。弱っちくてすみませんです。

No title

sakuramotipan さん お邪魔します。
14144です。

アメガエリの滝の テラス良い感じですねぇ~♪
こちらの方が天空って感じがしますが(^^;

いつの間にか 秋本番です!二輪にとって良い季節に成りましたぁ~(^^)
私も何処か行かないとなぁ~。

Re: No title

> A343さま

コメントありがとうございます。
瀬戸川渓谷、道路工事してたんですね。
どうりで舗装とか色々キレイだったはずです。
そうですね、確かに展望の良い場所は少ないかも、、、
でも、山の雰囲気はものすごく良かったです。

Re: 揚水発電

>ポチさま
怖い!!!
怖すぎです、寝る前にコメント読ませてもらって、
背筋が寒いまま眠りにつきました。。。。。。
その鳥居、気がつかなかったです。
きっと、見える人にしか見えない鳥居ですね。

Re: No title

> 14144です。
>
確かに滝の展望台の方がテラスっぽかったですね。
朝晩はすっかり肌寒くなりましたね、
昼間との気温差が大きいので、走りに行くときの服装に悩みますね〜。

プロフィール

sakuramotipan

Author:sakuramotipan
高知県在住。
高知大学サイクリング部出身。
バイパス道路よりも昔の生活道を走るのが好きです。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック