2010年1月24日 純信お馬の峠道サイクリング

*ルートマップを追加しました*
走行距離:30キロほど
走行時間:1時間半
平均時速:約15キロ

大栃まで往復するだけのつもりが、永瀬ダムで会ったサイクリング仲間に
梶佐古~猪野々に抜ける峰越林道を薦められたので行って見た。

大栃のシースルー橋のたもとの分岐を永瀬とは反対方向へ向かい、
「神池」と「梶佐古小檜曽林道(大豊へ抜ける林道)」との分岐の少し手前にある下り調子の道へ入り、
5万分の1では「上奈路」と記載されている集落へ入る。

私の家の近所にあるのと同じデザインの石灯籠を発見!
この灯篭をたどっていくとどこに行くのだろう??


あとは1本道なので、前進あるのみ!勾配がきつかったです。


勾配が緩むことなく峠に到着。眺めは最高!



峠のピークに、「純信お馬の峠道」の石碑があった。
「よさこい節」に歌われた二人が、逃避行の際にこの峠道を通ったらしい。
この二人の生きた時代は江戸末期~明治だと石碑にあったので、この道はかなり歴史のあるもののようだ。


ちょっと下ったところには、古びた道しるべがあった。
野市にある四国八十八箇所の札所、「大日寺」への道程を刻んだものだ。


下りきった所は、猪野々の集落の北の端っこだった。
さっきの道しるべの頃の旅人も同じような景色を眺めたんだろうか?
いつ見ても美しい眺めだなあ、と思う。
スポンサーサイト

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sakuramotipan

Author:sakuramotipan
高知県在住。
高知大学サイクリング部出身。
バイパス道路よりも昔の生活道を走るのが好きです。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック