スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年7月13日(日)旧本川村・越裏門 氷室祭りロングライド


走行距離:161キロ
走行時間:6時間41分
平均時速:24.2キロ

この日は Night Ride さん主催の「氷室祭りロングライド」イベントに参加。
朝、起きた時点ではパラパラ雨が降っていて、天気予報も終日小雨まじりのぱっとしない予報。
行こうか、どうしようか相当迷ったのですが、とりあえず集合場所まで行ってみよう、
降ってきたら引き返そう、ということで出発。
車に自転車を積み込み、南国市内まで移動、国分寺近くから走り出した。

FJ310907.jpg
布師田あたりで一瞬降られたものの無事に集合場所の大橋通入り口のファミマに到着。
ひろめ市場前のこの界隈、しばらく来ないうちにすっかり様相が変わっていてすごくビックリした。

Yellowbeeさんはじめすでに2名の方が到着されていた。
天気も悪いし、何人集まるんだろうな、、、
と思っていたら、屈強な雰囲気の方たちがどんどんやってくる。
(やばい、完璧場違いな感じだ、、、)とめちゃくちゃ焦る自分。
Night Ride のSさんからルート説明などがあり、総勢20名ほどで出発。
県庁前から電車通りに出て、鏡川橋〜朝倉駅前〜咥内坂〜伊野駅前、
と交通量の多い道を走って、仁淀川沿いのR197へ。

予想通り、R197に入ったとたんにペースアップ。
終始40キロ弱で進む集団。

出来地付近までは何とかくらいついていたが、
急に40キロ以上にスピードが上がりだし、
前方では中切れが発生。
(今飛び出せば、何とか先頭集団に追いつくけど、、、
追いついたところですぐに切れてしまうだろう、
どうする??)
と迷っていたら運悪く車が詰まってしまって前に出れなくなってしまった。
(すぐ行けば良かったー!!)と後悔したものの、後の祭り。
前方が空いたところで踏み直してみたが、案の定全く追いつけずに脚だけ売り切れ。

前で待っていてくれたDSKくんたちに追いついて、
周辺の方も含めて5名ほどで最初の休憩ポイントのムササビの里を目指す。
何とかこのままムササビまで行ければ、、、と思ったが、
すっかり脚が無くなっていた自分はムササビ手前の保育園の登りで千切れてしまった。

FJ310909.jpg
ヘロヘロになって、ムササビの里に到着。
トイレ休憩と補給のために小休止。
この後の登り区間は、とても他の人と一緒には走れないので
自分だけ10分ほど先に出発して先行。
少しでも皆との差を広げて、なるだけピークに近い場所で追いつかれようと
マイペースながらもなるだけタレないように脚を回す。

程野の滝の見えるループ橋で、先頭集団に追いつかれ、
次々と後続の皆さんに追い抜かれる。
登る前から完全に脚が終わった状態でここを上がるのは初めてで、
一つ目のトンネル手前の勾配のきつい区間の辛いことと言ったらなかった。
正直、5月の”ツールドにし阿波”の落合峠よりきつかった、、、。

ピークで皆さんが待っていてくださったので、
皆でここで帰る方を見送って、越裏門へ向けて再出発。
いきなり予想以上のハイペースでのスタートで、
無理をすると両脚が攣りそうな雰囲気だったので
追いかけるのは止めて単独走行に切り替え。

長沢からの川沿いのアップダウンをのんびりサイクリングペースで走った。
途中の、ダム湖にかかる橋のたもとでKCTCのDSKくんが待っていてくれた。
「今日はペース普段の3割増ぐらい速かったね〜」「もうすっかり売り切れちゃって、、、」
等々会話しながら走っていると、KCTCのHさんがパンク修理中のところに遭遇。
修理完了までHさんの隣でぺちゃくちゃしゃべくりながら待って、
ここからは3人で氷室祭り会場まで走った。

FJ310910.jpg
会場に着くと、巨大な簡易テントが河原にババーンと張られていた。

FJ310911.jpg
テントの下では、大焼き肉大会が開催されていた。
この焼き肉には、事前に券を購入しないと参加できない。
私たちは券を買ってないので、焼き肉周辺に出店していたお店で各自好きなものを買って、
河原でランチ休憩となった。

FJ310912.jpg
私が買ったのは、きじめし。
本川で養殖したキジのお肉が入った炊き込みご飯で、
とても美味しかった。
そういえば土佐センチュリーで、大橋ダム近辺で「キジ養殖場」の看板を見たことがあるような、、

FJ310916_20140717212312885.jpg
さ〜、食べよう〜、と他の皆さんが居る場所へ移動していると、
笹や草に覆われた不思議なオブジェが置いてあったので、
何だろうと思ってみると、

FJ310914.jpg
イワナや鮎、ニホンウナギなどの淡水魚を展示したミニ水族館だった。
どの水槽もきれいな魚が入っていて、見入ってしまった。

FJ310918_20140717212311bfb.jpg
食後はなぜか水泳大会に。

FJ310919_201407172123108db.jpg
本格的に泳いでいる人もいて、ビックリだった。

水泳大会はまだまだ継続中だったが、
この先の帰り道に皆さんのペースで集団走行する自信が無かったのと、
本当に脚を使いきっていてもう自分のペースでしか走れなくなっていたので、
一足先に帰らせてもらうことにした。

主催のSさんにお礼を言って、出発。

FJ310920_201407172123099d9.jpg
会場を後に、

FJ310921.jpg
ちょっとだけ未練がましくよさこい峠方向へ。
天気が良かったら、そして脚が残っていたらあと15キロ登って
この峠に行く予定だった。
また今度の楽しみに取っておこう。

FJ310923.jpg
長沢まで戻って、思い出の白髪神社の写真撮影。
高知大学サイクリング部女子の部の恒例、
「四国半周」での1泊目の宿だった、この神社。
宮司さんの娘さんが高知大卒業だったというご縁から
毎年泊めてもらっていたそうで、、、

サイクリング部の合宿は基本的に公民館を貸して頂いての
自炊だったので、ランドナーのサイドバック+リアキャリアに
ホエーブスやコッヘル、ブスの燃料の白ガスと個人装備の
着替えや生活用品、寝袋を積み込んでの大荷物走行だった。
初めての長期合宿で、重い自転車プラス真夏の炎天下での大森峠の辛かったことといったら、、
最後は全員寡黙になりながらの峠越えだった。
ピークのトンネルが見えたときの嬉しさといったら、、
もう言葉では言い表せない程だった。
今となっては、懐かしい良き思い出です。

長沢からは大森トンネルまでダラダラと登り返して、
豪快にダウンヒルを飛ばして、
思地〜出来地〜土佐和紙工芸村までノンストップで走った。

工芸村でトイレ&補給休憩して、
さて行こうかと後ろを振り返ると
ロードの集団がやってくるのが見えた。

あれ、意外と皆さんゆっくりだったなぁ〜、
走り出しといて追い越しざまに合流させてもらおう、
とスタートしたが、40キロ以上の猛ペースで追い抜いて行ったので
合流できず、、、。

帰りもこんなペースなんや、
一人で先行出発しといて良かった。
と思いながら走っていると、
前方でいきなり集団がぶわっと割れて
DSKくんが一人で取り残され、道路脇でなんだかあたふたしている。

「どうした〜ん??」
と言いながら近寄って行くと、
何とサドルがもげている、、、!!
途中で一度落車した際にピラーの付け根が壊れたらしく、
ここでとどめを刺されてやぐらの根元から脱落したらしい。

すぐ後からHさんが追いついてきたので、
ここからはサドルのないDSKくん+Hさん+私、の3人で走って帰った。

朝倉でDSKくんと分かれて、
県庁前でHさんとも分かれて、
一人になってからは20キロ以下のサイクリングペースで
車をデポしてある南国まで戻った。

いろいろ盛り沢山の、めちゃくちゃハードなロングライドだった。

*最近自転車に乗るので精一杯で、ブログの更新が滞っております*



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sakuramotipan

Author:sakuramotipan
高知県在住。
高知大学サイクリング部出身。
バイパス道路よりも昔の生活道を走るのが好きです。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。