2010年4月24日(土) 郷ノ峰峠


スタート地点の伊野・仁淀川橋。
すかっと晴れて、絶好のサイクリング日和。

行った日:2010年4月24日(土)
走行距離:86キロ
平均時速:18キロ
走行時間4時間半
ルートマップ(Byルートラボ):



仁淀川橋を渡って、伊野方向へ。
橋を渡ってすぐの国道沿いには漆喰造りの大きな木造建築が軒を連ねている。
造り酒屋みたいだが、実際何屋さんなのかは知らない。
伊野には古くて渋い建物が多く残っているので、
古い家好きな人には市街散策もお勧めです。

造り酒屋(?)群をすぎたら、一つ目の分岐点を左折して
伊野の大黒様方面へ進む。
電車通りに出るトンネルの手前を左折し、「槙(まき)」方面へ。

登り始めると人家の途切れた辺りに分岐がある。
小さい手書き標識があるが、肝心の行き先案内が消えている。
ここは左折が正解。


さっきの分岐から40分ほどかかって高知市との境界のピークに到着。


この後は梅ノ木経由で旧・鏡村役場前まで。

旧役場近くにできている物産館で小休止して、いよいよ郷ノ峰峠へ。

峠上り口。
ちょうど光ケーブル(!!)の敷設工事中で、
50分止めて10分通行可能になる時間規制がかかっていた。
時計を見たら、あと30分でお昼休憩が終わってしまうではないですか?!


オーバーペースで頑張ったおかげで
工事区間をお昼休み中にクリアすることに成功。
しかしすっかりバテバテでしかもハンガーノック寸前の情けない状態になってしまった。
うまい具合に水場があったので、ここでお昼ご飯をかねて10分ほど休憩。


ずっと不安定な気候が続いていたが、やっとこの季節らしい気持ちよさが戻ってきた。
目指す郷ノ峰は、この画像の中央奥の鞍部辺りにある。
道幅は、このあと登るにつれてだんだんと狭くなっていく。
勾配が激しくきつい箇所はないが、距離が長い(確か22キロほどある)のがここの特徴だ。


吉原付近にて。八重桜がまだ残っていた。


程ノ窪付近にて。遠くに海らしき蒼い平原が見えた。


ピークに到着。
ここが峠だと気分的にすごく区切りがいいんだけど、、。


さっきのピークから5分ほど下って「郷ノ峰峠」に到着。
高知市・鏡地区と、吾北、土佐町方面への3狭路になっている。
今、この峠の真下に立派なR439・「郷ノ峰トンネル」が抜けているが、
トンネルが完成するまではR439はこの峠を越えていたのだ。
あの当時はヨサク(R439)はそんなもんだと思って走っていたが、
今改めて見るととても国道とは思えない道幅の狭さだ。

トンネルから向こうのヨサクは完全2車線の素晴らしい道になっている。
今回は部分的に残っている旧国道に入ってみた。

「連行」にて。


「柿薮」にて。

旧国道の時代に一度だけ郷ノ峰から吾北へ走ったことがあるが、
美しい渓谷沿いに集落が点在して絵のような雰囲気の道だった。
今もその気配が残っているのは嬉しかった。


そんなこんなで道の駅・633美の里に到着。
缶コーヒーを飲んで、のんびり休憩。
結構疲れていたので、自転車から降りるときに立ちゴケしそうになってしまって恥ずかしかった。


自由軒・吾北店でラーメン休憩。
ここの自由軒が一番美味しくて、一番好きだ!!


しょう油ラーメンを食べました。
本当は五目ラーメンを食べたかったけど、
バテテいて胃が受け付けなかったので控えめにしました。
美味しかったなぁ。


車をデポした仁淀川橋に到着。
ずっとやってみたかった車を使った遠出サイクリングを実現できて、大満足な一日でした。
スポンサーサイト

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sakuramotipan

Author:sakuramotipan
高知県在住。
高知大学サイクリング部出身。
バイパス道路よりも昔の生活道を走るのが好きです。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック