スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年2月11日(祝) 仁淀川町 秋葉祭り見物サイクリング


走行距離:146キロ
走行時間:6時間
平均時速:24.3キロ

秋葉祭りへ自転車で行きましょう、
というKCTCの企画に参加させてもらいました。
私は、この日出勤のダンナの車に乗せてもらって、高知市内までは車で移動。

IMGP7578.jpg
途中のコンビニでホットゆずドリンクをボトルに充填。
朝から寒く、これから向かう西の方の山は全て雪で真っ白。
路面とか、大丈夫だろうか、、、とやや不安になる。

サイクリング・ショップヤマネさん前に
8時40分に集合して、9時には出発。

参加メンバーは、いずれも重鎮のIさん、Hさん、Aさんに
荷物運搬役を買って出てくださった、Kさんプラス私の、合計5名。
(人数少なめでちょっと寂しいですが、、)


秋葉祭り会場には12時半ごろに到着すれば良い、とのことで、
一番遅い私にペースを合わせてのんびり行きましょう、ということになった。

FJ310758.jpg
国道一直線で伊野~日高~佐川~越知、と進んで
引地橋で休憩。

越知の辺りから車が多くなって、
引地橋も駐車スペースがほぼ満杯。
もしかして、秋葉祭り渋滞??とか思いつつ、おでんを食べた。

ここまでの道中、霧生堰の登りで遅れ、野老山で遅れ、、と登りの度に遅れてしまう。
そのつどペースを落として待ってもらって、何とかついていけた。

FJ310759_20140218195212f6d.jpg

大渡ダムで車部隊のKさんと合流し、
各自荷物(会場内移動用のスニーカーとか、防寒着とか)を背負って出発。

大渡ダムからは国道ではなくて、ダム湖南岸の細い道を走って行った。
この道が日当たり悪くて、路面に凍りがバリバリ。
車に割られた氷のかけらがガラスの破片のようで、ちょっと怖かった。

岩屋川沿いの道に入ると、
「秋葉祭り会場→」の看板が要所要所に建っていて、
だんだんとお祭り気分が盛り上がってきた。

大きなヘアピンカーブのところで、
下ってきたポチさんご一行とすれ違う。
ポチさんが、
「今からかね~~」と声を掛けてくださったので、
「お祭り、もう終わったんですか??」と尋ねたら、
「序盤は終わったで~」とのこと。

IMGP7579.jpg
15%弱の勾配を上りきり、やっと会場に到着。


IMGP7581.jpg
ここに自転車を置いて、法泉寺へ。

IMGP7588.jpg
お寺の境内では、もうお祭りが始まっていた。
そして、想像以上の人だかりにビックリ。
まさか、これほど観客がいるとは、、、、

IMGP7593.jpg
可愛らしい子供の太刀踊り。
こんなに近くで見てても、怒られないのがすごい。

IMGP7590.jpg
踊りを見守る、天狗やキツネの面を被った方々。

IMGP7594.jpg
この太刀が真剣で、相方の持っている竹をえいやっと踊りながら切断していた。

IMGP7597.jpg
御神輿の登場。

IMGP7600.jpg
激しく揺すりながら練り歩いていた。

IMGP7601.jpg
キツネの面の方々は太鼓をかついで移動。

IMGP7604.jpg
最後に「鳥毛ひねり」登場。

IMGP7609.jpg
カラフルな飾りと共に登場し、場を盛り上げる。


IMGP7605.jpg
投げた!!

鳥毛ひねり部隊は3班あって、
それぞれに違う衣装を身に付け、いずれも華やか。

IMGP7612.jpg
法泉寺さんの次は、中越家が会場になる、とのことで、
自転車でもう一段上へ移動。

IMGP7621.jpg
石段に囲まれた道の上を、お祭り行列が進む。

IMGP7618.jpg
法泉寺さんで見たのより、行列が賑々しくて華やか。

IMGP7624.jpg
そして、この狭い場所でも鳥毛ひねりが!

お祭り行列が皆男性ばかりで構成されているのが不思議で
帰宅してからネットで検索してみたら、
秋葉神社の神様が女性なので、その女神様を喜ばせるために、、という理由だそう。
なるほど、納得。

お祭りを堪能して、会場を後にKさんの車をデポしてある大渡ダムへ。
また、荷物をお願いして、私たちは自転車で出発。

帰りもやっぱり越知から佐川の間で遅れてしまって待ってもらった。

伊野の咥内坂の手前で
「咥内坂で千切れても待たずに置いていってください」と宣言したら、
「あとはクールダウンしながら帰りましょう」と言ってくださって
のんびりペースでヤマネさんまで走ってくださった。

ヤマネさんでKさんから荷物を受け取って、解散。
(Kさん、ありがとうございました!!)
何と大渡ダムからヤマネさんまでノンストップ、2時間ほどで帰ってきた。

FJ310760.jpg
ダンナの勤務時間終了まで少し間があったので、
洞が島のMietさんでケーキ休憩。
フルーツタルト&チャイを食べて生き返った。
帰り際、オーナーさんとひとしきりお喋りに花を咲かせてから帰路へ。

秋葉祭り、一度行って見たいと思いつつ機会がなかったので、
今回のお誘いはすごく嬉しかったです。
全く下調べせずに行ったので、お祭りの規模の大きさや観客の多さにとにかく驚きました。
できれば、来年も自転車で見に行きたい。
そして、もうちょっといいカメラが欲しいなぁ、、、と思いました。
(ニコンの防水・防塵のミニ・ミラーレスとか)

今回は、荷物を運んでくださったKさんがいなかったら
大変なことになってました。
お世話になりました、ありがとうございます。
スポンサーサイト

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

sakuramotipanさん、12日は寒かったですね。

土佐の道隊は、一番最初に練られるポイント「大石家」前で練りを見て、撤収しました。
良い見物ポイントは満員であり、畑の中から見物しました。

観光バスの駐車場脇にね、地元の方々が運営する出店があります。そこに、「しし汁」も売られておりましたが、どうやらsakuramotipanさんは食べられていないような。田舎寿司なんかもありましたので、来年はぜひ。

Re: No title

> ポチさま

あの日はほんとに寒かったですね~。
高知に戻ってからも寒くて、凍えそうになってました。
> 土佐の道隊は、一番最初に練られるポイント「大石家」前で練りを見て、撤収しました。
そうだったのですね!!
何箇所かで「練り」がある、というのを帰ってきてからネットで調べて知りました。
遠いし、寒いのでお昼に撤収するのが身体に優しいですねぇ。

> 「しし汁」
観光バスの駐車場脇のお店には寄らなかったので、しし汁は気づきませんでした、、、。
自転車を停めたすぐ横にもお店があって、おそばや焼餅を売ってたんですが、
すごい人だかりに気後れして買い物できませんでした、、、。
もし来年も行けたら、しし汁にチャレンジします!
プロフィール

sakuramotipan

Author:sakuramotipan
高知県在住。
高知大学サイクリング部出身。
バイパス道路よりも昔の生活道を走るのが好きです。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。