スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年1月30日(土) 羽尾~西分「メランジュ」見物サイクリング 2

ルートマップを追加しました。


空小屋のピークからは稜線上に出るのでほぼフラットな道が続く。
登りよりもスピードが出る分、路面状況に気を配りつつゆっくり走った。

渋い水場を発見!!
味見をしたらすごく美味しかったので、ボトルの水を全とっかえしました。


ダラダラ走って長者が森との分岐に到着、右方向へ進んで羽尾へ向かう。

道幅はこんな感じ。軽自動車ちょうど一台分くらいの細い道です。

以前に来たときにはなかった「遊歩道」の看板があちらこちらに設置されていた。




なぜこんなに遊歩道看板が??
と思いながら走っていると、「旧往還道」と書かれた立派な標識が出現。

なるほど~、この遊歩道は昔の往還道を整備したものなんですね。

広場に突き当たると羽尾の大釜荘方面との分岐に到着。
そこから右へ進むとすぐに左へ登っていく林道が現れるのでそちらへ進む。
いきなりかなり傾斜のきつい上り坂になるが、我慢してじわじわ登る。
フラットになった辺りに芸西村・道家方向へ降りていく道との分岐があるので、そこを左折する。

久重の集落まで下りきったら今度は右方向へ登る道へ入る。
この道も古いようで、ピークに石造りの道しるべが建っていた。
「左 長谷寺」と読めた。長谷寺は「遊歩道」看板の点在していた辺りにあるお寺の名前だったような、、、。


馬ノ上から右折して山の際に沿って長谷寄まで行き、そこから国道へ出た。
コンビニで補給休憩した後、西分漁港の横にある「メランジュ」へ。


漁港の東側の堤防から浜へ下りる階段を降りると、目の前にメランジュが。

確かに岩石をホイップしたようにいろいろ入り混じってました。
わかりやすくて観察も楽。
地質学者気分を味わいたい素人にはうってつけでした。
記念に浜辺の小石をいくつか拾って、メランジュ見学は終了。

西分漁協からはサイクリング道を夜須まで走り、
国道の1本北側の道を通って夜須~岸本~赤岡まで。
赤岡の武市神栄堂さんで「いちご大福」4個入りを1パック買って、
カフェ「道~タオ~」でカレーサンドを食べてから家に帰りました。
スポンサーサイト

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sakuramotipan

Author:sakuramotipan
高知県在住。
高知大学サイクリング部出身。
バイパス道路よりも昔の生活道を走るのが好きです。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。