2011年10月9日(日) 別府温泉往復ポタリング


9月から使っているTNIのアナトミックシャローハンドル。

最初は調子良かったのだが、
乗った後に妙な疲労感が残るようになり、
だんだんと具合が悪くなっていた。

背中や二の腕の裏側ばかりが張って、気持ち悪いというか、、、

ハンドルのサイズは芯-芯で380ミリで交換前のNITTOと同じなのだが、
両脇がほぼ直角に曲がる形状のため、実際に手を置くところは2センチほど広い。

で、ハンドルの確認の意味も込めて
NITTOがついているランドナーに乗ったらすごく楽で、
もったいないけど元に戻そうかと。

戻す前に、
ダメもとでNITTOっぽい雰囲気にセッティングし直して乗ってみたら、
とダンナに提案されたので、調整してもらって、確認走行に行ってきた。

ある程度距離を乗らないと判断つかないので、
国道メインで別府温泉までを往復。

少し楽になったが、やっぱり何かしんどい。

元に戻さないとダメだな~、、、
と思いつつ、大栃~岡ノ内へと進む。

岡ノ内の辺りで、
二人組みのサイクリストと、
「ちわ~っす!!!」と元気のいい高校生トレーニング集団をすれ違う。

IMGP3506.jpg
川口の発電所堰堤まで来たらサドルを下げたくなって休憩。
目の前に漁協の設置した釣りの案内板があって、
下から2行目の、「但し中学生以下の者はあゆ金突漁が可能」
という記述が面白かったので写真を一枚。

年齢によって条件が変わるんやなぁ、、、
なかなか楽しいやんか。


IMGP3510.jpg
トンネルを抜ける度に、少しずつ気温が下がっていき、


IMGP3517.jpg
色づいた木々が増えていく。


IMGP3523.jpg
別府温泉が見えてきた。
いつものことながら、川口発電所から先は微妙な上り加減で脚とお尻にキツイ。


IMGP3524.jpg
温泉の入り口前に自転車を置いて、レストランへ。

今日は鹿バーガーがメニューに載ってたらいいな、
と思いつつ赤い表紙のメニューを開くが、どこにも載ってない。

お店の人に聞いてみたら
「ありますよ!!」とのこと。

で、注文しました。
IMGP3525.jpg
うわ~、美味しそう!!!
しかも二個セットだ!!


IMGP3526.jpg
何と、後からフライドポテトも付いてきました。

旨・旨でした。

それから、
セットにしてもらったコーヒーがエスプレッソ風味で旨い!!!

いつもは表の自販機で缶コーヒーを飲んで終わり、なのだが、
こんなに美味しいなら、これからはレストランでコーヒー飲んでもいいなぁ、と思った。


これは、ぜひメニューをリニューアルして、
鹿メニューだけのページを作って、
鹿バーガーと鹿ドッグは写真入りで載っけてもらいたい!


津々呂の辺りで仕事帰りのダンナが合流。
バーガーがいかに旨かったか、という話をしながら、先頭交代などしつつ大栃まで戻る。

大栃の物産館で休憩。
ハンドルの話になり、やっぱりNITTOに戻すわ、というと
「じゃあ、TNI は僕が使う。」とダンナ。
帰ったらハンドル交換をしよう、ということになった。

IMGP3527.jpg
永瀬ダム経由で帰宅。

IMGP3532.jpg
TNI は早速ダンナのレーサーに移植。
見た目に、まったく違和感がない。
ダンナの使っていた400ミリサイズの3Tの古いハンドルと比べてみても、手を置くところの幅がほぼ同寸。

どうも私には幅が広すぎたようだ。
う~ん、曲がり方が違うと
サイズだけでは自分に合うかどうかを判断できひんもんやなぁ、、、、。


IMGP3534.jpg
私の自転車はこうなりました。
左がランドナーで、右がレーサー。
なんだかんだで、NITTOが使い心地が良いです。

IMGP3529.jpg
こちら、猫ベッドを買ってあげたらご機嫌なまろニャン。

IMGP3535.jpg
オプションで枕付き。
ふかふかフリース生地に埋没して寝てます。

(10月17日 再編集)






スポンサーサイト

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sakuramotipan

Author:sakuramotipan
高知県在住。
高知大学サイクリング部出身。
バイパス道路よりも昔の生活道を走るのが好きです。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック