FC2ブログ

2020-0119 稲生~五台山~大法寺~焙煎香房 庵

1週間ほど体調崩してたんですが、
やっと走る元気が出たのでポタリングへ。

物部川北岸~バス道を通って稲生へ。


いつもの烏兎匆匆さんでランチ。
食後はこの冬ハマっているチャイ。
アチアチで身体の芯から温もる。

ハンドルとサドルを変えたので
山も上がっておこうかなと思い、五台山へ。


ゆっくり上がったものの汗だくで到着。
今年の暖冬は度を越してるような気がする、、。
けど風は冷たいので汗かくと後で結構冷える。


ハンドルはヤマネさんで発掘した掘り出し物。
3Tの古いモデルです。


サドルはプロロゴ のショートノーズタイプ。
クッション性のいい奴にしました。
表面がマットな素材で滑らないのが良いです。
幅が143ミリと狭めなのが心配でしたが
座り心地良くて良い感じです。


五台山を下りて、高須~絶海の横を通って国分川へ。


国分寺川沿いにある、足湯に寄り道。


冬用タイツがタイトなので足先しか出せず。
でも気持ち良かったです。

しかし自転車は出た後が寒い 汗。


大法寺を登って、ここのダートに踏み込んでみたのですが
砂利というより岩サイズの石がゴロゴロで怖くて乗れず。
MTBだったら楽勝だろうなあ。
どこまで続いてるか気になる~。


ピークを越すと、


遠くの山の稜線上が雪で薄っすら白かったです。

この日はとことんノンビリ気分だったので、
帰宅の前にもう一軒寄り道。


ココです!


去年の秋頃から看板が出ていて
気になってたものの
通りがかるといつも準備中だったこのお店。


ついに行ってみました。
古民家で、お庭も素敵!


店内もオシャレ!
店主さんが大工さんと一緒に改装したそうです。
古道具も扱ってるとの事で、
テーブルにはアンティーク ランプが。

珈琲は自家焙煎されてるとの事。
メニュー表から選んで注文出来ますが、
どれが良いか分からなかった自分は
味の好みを伝えてオススメを淹れてもらいました。


丁寧にネルドリップされたコーヒー。
コクがあって美味しかった。


店内から見える景色も素敵です。
道から一段上がっているので
見晴らし抜群。

梅や桜の時期は尚更良い景色になりそう。


珈琲豆の販売もされてるので、
これからちょくちょくお世話になりそうです。


さて帰ろか、と思って川の方を見たら
気の早い梅が咲いててびっくり。

今年は冬らしい日が少ないまま
春がやって来そうですね。
スポンサーサイト



関連記事

香北・五百蔵の珈琲屋さん



香北町 五百蔵の物部川北岸の県道沿いに
去年の秋頃から看板が出来ていて
気になっていたお店に行って来ました。



県道からは一段上がった所にあります。



お庭も素敵な古民家です。
見晴らしも良い。



看板に珈琲と古道具、とある通り、
ランプや鉄瓶などの古道具も置いてます。



メインは自家焙煎の珈琲。
好みを伝えれば、オススメの銘柄の珈琲を
丁寧にネルドリップで淹れてくれます。

キャラメラードというのを頂きました。
美味しかったです!!!!!

ランチはやってないですが、
モーニングはあるそうです。

ワッフルやトーストの軽食もありました。

豆の販売もしてるので、
これからちょくちょくお世話になりそうです。
関連記事

初走り 徳島の蒲生田岬~椿泊へ



もはや新年の挨拶をするのもおかしいぐらいになってますが、
今年もボチボチ更新で行きたいと思います。

1/2に徳島の後輩の新春ライド企画で
蒲生田岬へ行って来ました。
自転車で行くのは初めてでした。

那賀町の相生というところに車をデポ。
ここからは後輩の先導にて、
ミステリーツアーのようなツーリングに出発。

走行中は今何処にいるかが全く分からずです。






小さい峠道を幾つか越え、


立派な御神木のある神社に立ち寄ったり


阿佐線の高架下を何度も潜ったりして、


海辺に到着。


まずは蒲生田岬温泉を目指します。

正午前に温泉到着。
すでに駐車場は結構な台数の車で埋まっています。


しかし無事に座れました!
後輩が、お正月も温泉のカフェが営業していて
刺身定食も食べられることを下見してくれてたので
この日のお昼はコレ!
と決めてたのでした。

黒豆とか、お赤飯風の赤米とかで御節っぽく
おめでたい盛り付け。
お刺身が新鮮で美味しかったです。


Kくんは「あ!ナンバーガー」もチョイス。
ナンにシラスのかき揚げがサンドされてたようです。


温泉は高台にあって景色も上々でした。

蒲生田岬へは、ショートカットのトンネルのおかげで
温泉から割とすぐに到着。


波しぶきを模った?モニュメントが建っていました。


確か岬へは遊歩道を歩いたなあと思ったら
やっぱりレーサーシューズ では難しい
距離と長い階段付き。

トゥークリップ遣いの後輩が岬へ向かうのを見送って、


レーサーシューズ 組は遊歩道入り口で居残り。


レトロな後輩のクロモリバイクを見ながら
近況報告や自転車四方山話で暇つぶし中。


次はサンダル持参で来ないとやね。


蒲生田岬の次は、岬の対岸に位置する
阿波水軍の本拠地がだったという椿泊へ。


攻められないよう、集落内の道は
わざと曲がりくねった狭い造りになってます。


近年改修されて大分広がってるらしいですが、
まだまだ十分狭い。


集落の突端まで行って引き返しました。


集落内にあった立派な神社。


椿泊の入り口まで戻り、
山越えの県道へ。


この県道がなかなかのマイナールートで、
海沿いにアップダウンを繰り返す雰囲気の良い道。
路面の荒れた区間も多くて、
景色は抜群ですが後半はちょっと疲れました。

写真を撮っているうちに
先導の後輩とはぐれてしまい、
スマホのバッテリーまで切れかけてしまって
現在地が分からずかなり焦る。

何とか合流出来て、無事に車に戻れました。


車で紅葉川温泉まで移動して
汗を流して暖まった後、
ダムカレーを食べて高知へ戻りました。

徳島県南、良かったな~。
次は伊座利峠方面へ行きたいなあと計画中。
関連記事
プロフィール

sakuramotipan

Author:sakuramotipan
高知県在住。
高知大学サイクリング部出身。
バイパス道路よりも昔の生活道を走るのが好きです。

カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック