スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年7月27日(日)郷の峰峠〜高知アイス ポタリング


距離:83キロ

昨日の日曜日は、先週に続いてサイクルワークスTTさんの日曜サイクリングに参加。

吾北でスイーツ、というのと、集合時間が朝7時、
という2点に惹かれてKCTCじゃなくて
こちらに参加させてもらった。

集合は万々のTSUTAYA前。
自走で行くとなると5時に家を出ないと行けないので
今回は高知市内まで車で移動。

5分ほど送れてTSUTAYA前に到着。
(遅刻してすみません、、)
とりあえず登り口の旧鏡村役場まで移動。

IMGP8705.jpg
ここでドリンク補給しつつ、後続を待つ。

IMGP8706.jpg
昨日は朝の爽やかさをあまり感じられなかった。
走り出すと涼しいのだが、止まると微妙に湿気のある空気がまとわりつく感じ。

IMGP8707.jpg
全員揃ったところで、ヒルクライムスタート。
ここからピークまでは約15キロ。
高知市近郊の峠の中では最長の登坂距離。
ただし勾配はあまり厳しくない。

IMGP8708.jpg
中間地点の集落に到着。
以前はここに大きめの酒屋兼食料品店があって、
冷たいお水とかを分けてもらったり、アイスクリームを買ったりして
休憩させてもらっていた。

この辺から、しんどくなると立ち止まって写真撮影。

IMGP8709.jpg
白黒のネコを発見!!

IMGP8710.jpg
だいぶ登ってきた。
ヘアピンが連続し始めると残りわずか。

IMGP8711.jpg
広いお茶畑のある、最後の民家を過ぎたら、

IMGP8712.jpg
ピークに到着!!

IMGP8713.jpg
かなり道が荒れている。
そして風がなく、あまり涼しさを感じない。

IMGP8714.jpg
ピークのちょっと向こうの、
若干風の抜けがいい場所で後続待ち。

全員揃ったところで、
むささびの里向けて出発。

高知市といの町の境界の郷の峰峠を越えて、
R439の郷の峰トンネルまで降りると
空気が冷んやりして一気に涼しくなった。

IMGP8715.jpg
道の駅・633美の里に到着。
ここで、ダンナは一足先に帰宅。
自分たちは後続を待ちながらいろいろ補給して休憩。

全員揃ったら、本日メインのスイーツ処の
高知アイスに向けて出発。

IMGP8716.jpg
あっという間に高知アイスに到着。
オープンの11時には15分程間があったが、
すでに15人程のお客さんが開店を今か今かと待っていた。
自分たちもそれに混じって、入り口ドア前に座り込んで
開店待ち。

11時きっかりに開店。

IMGP8717.jpg
仁淀川のよく見える店内席に座って、

IMGP8718.jpg
ワッフル付きのソフトクリームを食べた。
しっかりポイントカードも持って行ってたので
カードを忘れてレシートにはんこを押してもらってた分と合わせて、
沢山ポイントを押してもらった。

食べたり、だべったりしながらゆっくり休憩。

ここから伊野までの帰路は、
幸運にも I村さんの後ろにつかせてもらえた。
ペースコントロールが絶妙で、ほぼ一定のスピードで引いてくれる。
ライン取りも真っすぐで全くふらつきもなく、安心して後ろを走ることが出来る。
しかもまめに後方を気にしてくださって、すごく走りやすい。
じわじわとペースが上がって行って、最後は40キロほどになっていたので
かなりギリギリだったが、楽しく走らせてもらった。
さすがに強い方は違うな、と感動しまくりだった。
( I村さん、ありがとうございました!)

伊野の紙の博物館で後続を待つものの、
行き違いで後続の皆さんが椙本神社方面へ曲がってしまったため、
そのまま流れ解散となった。
(TTさん、I村さんはじめ一緒に走ってくださった皆さん、ありがとうございました!)

朝倉でTTさんたちと分かれて、

IMGP8719.jpg
とりあえずコンビニで休憩。
ダンナにメールしたら、なんと香北は土砂降りの雷雨になっていて、
落雷がひどくて家から出たくないぐらいだそうで、、、
高知市内は雲があるもののカンカン照りだったので、
天候の違いにビックリした。

卸団地のコンビニで待ち合わせて、
車で迎えにきてもらった。

ダンナの到着を待っていると、
自転車仲間のOさんが通りがかってビックリ。
私たちと逆回りで郷の峰に行ってきたらしい。
登っている途中で雨に降られたそうで、
涼しくて良かったけど高知に戻ると暑くてたまらん!!
と言っていた。
来週は標高の高い場所に走りに行く、とのこと。

IMGP8720.jpg
お昼がまだだったので、
香北の「山の食堂 HANA」さんでピザ休憩。
ここもお昼の大雨がすごかったらしい。
お店のオーナーご夫妻が、
雨が降っている間は寒いぐらいだったけど、
上がると蒸し風呂みたいに湿気が出ていて大変だ〜、と言っていた。

来週は土佐センチュリーですが、
今年は初めての欠場です。

今度の土日にしまなみ海道・大三島で開催される
「ボンシャンス・サマーキャンプ」
に参加してきます。

福島晋一さんと栗村修さんという日本自転車界を代表する
お二方にコーチして頂けるまたとない機会を満喫してきます。

*先週末は酷暑だったので走ったのは昨日のみ。
 おかげでブログの投稿が早めにできました*
スポンサーサイト
関連記事

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

2014年7月21日(祝)安場坂〜大栃ポタリング

距離:60キロぐらい

前日は100キロ越えのロングライドだったので
この日はのんびりポタリング。
洗濯物を3回して、布団を干して、、、
としてたら出発が12時前になってしまった。
外は、もう相当暑かった。

IMGP8670.jpg
日ノ御子ではカッパ軍団が大挙して水遊び中。
夏休みを満喫していて、楽しそうだった。

IMGP8673.jpg
道路脇には夏の花・百合があちこちで咲いている。

IMGP8675.jpg
安場坂ふもとの「あぐりの里」に到着。

IMGP8676.jpg
ここで、野市のパン屋さん「いちごや」さんで買ったパンを食べて、
ランチ休憩。

IMGP8674.jpg
あぐりの里では、かき氷も始まっているが
マムシの販売も始まっていた。

追い風基調の中、
久しぶりの安場坂へ。
ここは勾配自体はゆるいのに、
いつ来ても微妙にしんどい。
ゆるいだけについついギアをかけてしまうので、
脚に来るのが原因だろう。

ということに途中で気づいて、
インナー・ローに落としてゆっくり走ってみた。
ちょっと楽だったけど、暑さが倍増したような気がした、、、

IMGP8681.jpg
江戸時代からある観音様に迎えられて、ピークに到着。

IMGP8682.jpg
ここにお茶屋さんが復活してくれたらすごい嬉しいなぁ、
と毎回思うのだが、、、


IMGP8685.jpg
眺めもいいし、カフェとかにはいい立地だと思うのですが、、
誰か、どうですか?

IMGP8686.jpg
峠の横には冬の名残の凍結防止剤が置いてあった。
夏に見るとすごい違和感がある。

IMGP8688.jpg
とりあえず国道まで下って、
一旦家に戻って
仕事から帰ってきたダンナと合流して、
今度は大栃へ向けて出発。

IMGP8691.jpg
香北の稲も大分伸びてきた。
この辺は早場米じゃないので
田植えも稲刈りも昔ながらのペース。
この方が季節感に合っていていい感じがする。

永野でセッティングを直していると、
KCTCのKさんが一人でサイクリングしているのに遭遇。
猪野々の吉井勇記念館に行ってきたらしい。

IMGP8693.jpg
雨が少ないせいか、永瀬ダムは全ゲートが閉まっていた。
放水の無いダムは暑苦しくて威圧感たっぷり。
今年は冷夏の予想を裏切る暑さなので、
ちょっと渇水が心配。

IMGP8695.jpg
あんまり暑いので大栃でかき氷休憩。
大栃では、GS横の雑貨店のみで久保田のアイスが買える。
ただし、このお店、日曜日はお休み。

この後はダム経由で国道へ戻って、
庄谷相でもう一回冷たいドリンクを飲んで休憩してから帰宅。

夏は昼前に走り出すのはダメですね。
とにかく、暑かったです。
関連記事

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

2014年7月20日(日)土佐久礼かつおライド


走行距離:149キロ
走行時間:約6時間
平均時速:23.9キロ

この日はサイクルワークスTTさんの日曜サイクリングに参加。
高知競馬場に集合して、行き先は土佐久礼の大正市場。
カツオを食べましょうサイクリングだった。

1週間前の氷室祭りライドの後、
疲労から腰や背中が痛くなってたのが
やっと治まったところだったので”のんびり組”で久礼まで行こう!!
と思っていたのに、強制的に横浪組に入れられて
ハードなサイクリングになってしまった。

FJ310935.jpg
3段坂の手前でMikioさんたちが待っていてくれて、
しばし休憩。
すぐ後ろから後発隊の2名の方も来られて、
合計5名になって出発。

FJ310936.jpg
梅雨明け直後で爽やかな夏空。
海水の透明度も高くていい感じ。

この後はのんびり走って
浦ノ内組との集合場所になっていた
須崎の道の駅まで。

道の駅が大混雑で、
トイレに行くにもまっすぐ歩けないくらい
人で一杯だった。
さすがは3連休。

須崎からは安和まで国道を走り、
安和からは海岸線沿いに久礼まで。

大正市場に着くと、
こちらもすごい混雑ぶりで、
ぶつからないように歩くのが大変なぐらい。

FJ310937.jpg
空いている席をなんとか確保して、
タタキを食べました。

FJ310938.jpg
ごはんとお味噌汁も付けて、650円なり。

FJ310941.jpg
満腹食べて自転車をデポさせてもらった久礼八幡宮へ戻ると
他の皆さんがまったり中。

ここで全員揃うのを待っていたら、
土佐の道隊の皆さんもロードバイクでご到着。
「カツオが無くなる〜〜」
と言いながら大正市場へ向かって行かれた。

FJ310942.jpg
久礼からは往路と同じく
海岸沿いを走行。

FJ310943_201407260958153de.jpg
舗装の悪いところでリム打かなにかでパンクした
Mikioさんを待って小休止。

FJ310946.jpg
海がキレイだった。

須崎からは名越屋トンネル経由で土佐市家俊まで走って
カンナ街道へ。

カンナ街道でTTさんが何度もアタックをかけて
スプリント合戦になっていた。
自分は後方からTTさんのスムーズで美しいペダリングを見学。

春野・諸木まで戻ったところで一応解散。

ここから競馬場〜旧100円道路〜潮江と市内組の皆さんと一緒に走って、

FJ310948.jpg
一人で洞が島のカフェ・Mietさんでスイーツ休憩。
アイスカフェオレと、

FJ310949_20140726095812f32.jpg
Mietオーナーさんのお母様が栽培されたというブルーベリーの載ったタルトを頂きました。
甘酸っぱくて美味しかったです。
後半はずっとここのケーキのことを思い浮かべて走ったので、
やっと辿り着けた感じ。
心と身体に補給できました。

この後、卸団地までダンナに車で迎えにきてもらって、無事に帰宅しました。

TTさん、Mikioさんはじめ一緒に走ってくださった皆さん
ありがとうございました。
関連記事

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

2014年7月13日(日)旧本川村・越裏門 氷室祭りロングライド


走行距離:161キロ
走行時間:6時間41分
平均時速:24.2キロ

この日は Night Ride さん主催の「氷室祭りロングライド」イベントに参加。
朝、起きた時点ではパラパラ雨が降っていて、天気予報も終日小雨まじりのぱっとしない予報。
行こうか、どうしようか相当迷ったのですが、とりあえず集合場所まで行ってみよう、
降ってきたら引き返そう、ということで出発。
車に自転車を積み込み、南国市内まで移動、国分寺近くから走り出した。

FJ310907.jpg
布師田あたりで一瞬降られたものの無事に集合場所の大橋通入り口のファミマに到着。
ひろめ市場前のこの界隈、しばらく来ないうちにすっかり様相が変わっていてすごくビックリした。

Yellowbeeさんはじめすでに2名の方が到着されていた。
天気も悪いし、何人集まるんだろうな、、、
と思っていたら、屈強な雰囲気の方たちがどんどんやってくる。
(やばい、完璧場違いな感じだ、、、)とめちゃくちゃ焦る自分。
Night Ride のSさんからルート説明などがあり、総勢20名ほどで出発。
県庁前から電車通りに出て、鏡川橋〜朝倉駅前〜咥内坂〜伊野駅前、
と交通量の多い道を走って、仁淀川沿いのR197へ。

予想通り、R197に入ったとたんにペースアップ。
終始40キロ弱で進む集団。

出来地付近までは何とかくらいついていたが、
急に40キロ以上にスピードが上がりだし、
前方では中切れが発生。
(今飛び出せば、何とか先頭集団に追いつくけど、、、
追いついたところですぐに切れてしまうだろう、
どうする??)
と迷っていたら運悪く車が詰まってしまって前に出れなくなってしまった。
(すぐ行けば良かったー!!)と後悔したものの、後の祭り。
前方が空いたところで踏み直してみたが、案の定全く追いつけずに脚だけ売り切れ。

前で待っていてくれたDSKくんたちに追いついて、
周辺の方も含めて5名ほどで最初の休憩ポイントのムササビの里を目指す。
何とかこのままムササビまで行ければ、、、と思ったが、
すっかり脚が無くなっていた自分はムササビ手前の保育園の登りで千切れてしまった。

FJ310909.jpg
ヘロヘロになって、ムササビの里に到着。
トイレ休憩と補給のために小休止。
この後の登り区間は、とても他の人と一緒には走れないので
自分だけ10分ほど先に出発して先行。
少しでも皆との差を広げて、なるだけピークに近い場所で追いつかれようと
マイペースながらもなるだけタレないように脚を回す。

程野の滝の見えるループ橋で、先頭集団に追いつかれ、
次々と後続の皆さんに追い抜かれる。
登る前から完全に脚が終わった状態でここを上がるのは初めてで、
一つ目のトンネル手前の勾配のきつい区間の辛いことと言ったらなかった。
正直、5月の”ツールドにし阿波”の落合峠よりきつかった、、、。

ピークで皆さんが待っていてくださったので、
皆でここで帰る方を見送って、越裏門へ向けて再出発。
いきなり予想以上のハイペースでのスタートで、
無理をすると両脚が攣りそうな雰囲気だったので
追いかけるのは止めて単独走行に切り替え。

長沢からの川沿いのアップダウンをのんびりサイクリングペースで走った。
途中の、ダム湖にかかる橋のたもとでKCTCのDSKくんが待っていてくれた。
「今日はペース普段の3割増ぐらい速かったね〜」「もうすっかり売り切れちゃって、、、」
等々会話しながら走っていると、KCTCのHさんがパンク修理中のところに遭遇。
修理完了までHさんの隣でぺちゃくちゃしゃべくりながら待って、
ここからは3人で氷室祭り会場まで走った。

FJ310910.jpg
会場に着くと、巨大な簡易テントが河原にババーンと張られていた。

FJ310911.jpg
テントの下では、大焼き肉大会が開催されていた。
この焼き肉には、事前に券を購入しないと参加できない。
私たちは券を買ってないので、焼き肉周辺に出店していたお店で各自好きなものを買って、
河原でランチ休憩となった。

FJ310912.jpg
私が買ったのは、きじめし。
本川で養殖したキジのお肉が入った炊き込みご飯で、
とても美味しかった。
そういえば土佐センチュリーで、大橋ダム近辺で「キジ養殖場」の看板を見たことがあるような、、

FJ310916_20140717212312885.jpg
さ〜、食べよう〜、と他の皆さんが居る場所へ移動していると、
笹や草に覆われた不思議なオブジェが置いてあったので、
何だろうと思ってみると、

FJ310914.jpg
イワナや鮎、ニホンウナギなどの淡水魚を展示したミニ水族館だった。
どの水槽もきれいな魚が入っていて、見入ってしまった。

FJ310918_20140717212311bfb.jpg
食後はなぜか水泳大会に。

FJ310919_201407172123108db.jpg
本格的に泳いでいる人もいて、ビックリだった。

水泳大会はまだまだ継続中だったが、
この先の帰り道に皆さんのペースで集団走行する自信が無かったのと、
本当に脚を使いきっていてもう自分のペースでしか走れなくなっていたので、
一足先に帰らせてもらうことにした。

主催のSさんにお礼を言って、出発。

FJ310920_201407172123099d9.jpg
会場を後に、

FJ310921.jpg
ちょっとだけ未練がましくよさこい峠方向へ。
天気が良かったら、そして脚が残っていたらあと15キロ登って
この峠に行く予定だった。
また今度の楽しみに取っておこう。

FJ310923.jpg
長沢まで戻って、思い出の白髪神社の写真撮影。
高知大学サイクリング部女子の部の恒例、
「四国半周」での1泊目の宿だった、この神社。
宮司さんの娘さんが高知大卒業だったというご縁から
毎年泊めてもらっていたそうで、、、

サイクリング部の合宿は基本的に公民館を貸して頂いての
自炊だったので、ランドナーのサイドバック+リアキャリアに
ホエーブスやコッヘル、ブスの燃料の白ガスと個人装備の
着替えや生活用品、寝袋を積み込んでの大荷物走行だった。
初めての長期合宿で、重い自転車プラス真夏の炎天下での大森峠の辛かったことといったら、、
最後は全員寡黙になりながらの峠越えだった。
ピークのトンネルが見えたときの嬉しさといったら、、
もう言葉では言い表せない程だった。
今となっては、懐かしい良き思い出です。

長沢からは大森トンネルまでダラダラと登り返して、
豪快にダウンヒルを飛ばして、
思地〜出来地〜土佐和紙工芸村までノンストップで走った。

工芸村でトイレ&補給休憩して、
さて行こうかと後ろを振り返ると
ロードの集団がやってくるのが見えた。

あれ、意外と皆さんゆっくりだったなぁ〜、
走り出しといて追い越しざまに合流させてもらおう、
とスタートしたが、40キロ以上の猛ペースで追い抜いて行ったので
合流できず、、、。

帰りもこんなペースなんや、
一人で先行出発しといて良かった。
と思いながら走っていると、
前方でいきなり集団がぶわっと割れて
DSKくんが一人で取り残され、道路脇でなんだかあたふたしている。

「どうした〜ん??」
と言いながら近寄って行くと、
何とサドルがもげている、、、!!
途中で一度落車した際にピラーの付け根が壊れたらしく、
ここでとどめを刺されてやぐらの根元から脱落したらしい。

すぐ後からHさんが追いついてきたので、
ここからはサドルのないDSKくん+Hさん+私、の3人で走って帰った。

朝倉でDSKくんと分かれて、
県庁前でHさんとも分かれて、
一人になってからは20キロ以下のサイクリングペースで
車をデポしてある南国まで戻った。

いろいろ盛り沢山の、めちゃくちゃハードなロングライドだった。

*最近自転車に乗るので精一杯で、ブログの更新が滞っております*



関連記事

2014年7月6日(日)KCTCクラブラン 浦ノ内〜横浪


(今回は写真なしです)

久しぶりのKCTCクラブラン(夫婦で参加しました)。
小雨がぱらつくものの、それほど大きく崩れそうになかったので
南国まで車で移動し、そこから自走で集合場所のサイクリングショップ・ヤマネへ。

コンビニで補給食を買っていたら、
5月に一緒に淡路島を走ったNight RideのNさんに会った。
Night Rideさんはこの日は工石山(赤良木峠)ヒルクライムの予定だそうで、、
KCTCは集合してからどこに行くかを決めるので、この時点ではまだ行き場所は未定。

ヤマネさん前に着くと、
由紀子さんとKさん、Kさんの友人のIさんの女性3名が集合していた。
結局この日は主要メンバーは来なくて、上記の3名にTさんとDSKくんが加わって、
女性5名と男性2名の珍しい構成になった。
KCTC走行会で女性の方が多いというのは、初めての体験。

初参加のIさんに合わせてのんびりペースで走行。
雨のほうは、小雨が降ったりやんだりで、
春野から仁淀川河口に出ると薄日が射してきて、走りやすい天候に。

浦ノ内のアップダウンで多少ばらけたものの、
無事に土佐市との分岐へ全員到着。

ここで一旦解散して、
鷹の巣〜土佐市へ抜けて高知へ戻る組と、
海沿いに高知へ戻る組、
野見湾を見物してから横浪を走る組に分かれた。

自分たちとTさんは野見湾〜横浪組。

野見湾入り口のコンビニでトイレ休憩と補給食の買い出しをして、
トンネルを抜けて、野見湾へ。
残念ながら天気が怪しくなってきてたので、
野見湾をチラ見して、すぐに元来た道を引き返した。

Tさんは天気が心配なのでこのまま高知へ戻る、ということで、
私たち夫婦だけで横浪アタックへ。

須崎側から登ると景色が良くない(海は反対車線の向こうになるので)のと、
慣れてないので道を覚えていなくてどうも苦手です。
3段坂までの登りが長くて、かなり消耗。
その後も果敢に頑張ったのだが、やっぱりダンナに置いて行かれた。

宇佐からは海沿いを春野まで走って、高知競馬場から100円道路へ(もう無料化してますが)。
競馬場周辺が雨脚が強くて、やや本降りに。
潮江に抜けると若干止んできて、岡豊辺りまでは小雨程度で済んでいたのが
車まであと500mほど!!
というところでザーザーの本降りになり、結局ダダ濡れになってしまった。

自転車(ロードレーサー)に乗る女性が増えたんだな〜、
というのを実感したレディースデーでした。
そのうち、女性だけで集団走行して、美しく先頭交代などしつつ
ハイペースで走ったりできるようになる日が来るんでしょうね〜。
関連記事

2014年6月29日(日) 淡路島1周 150キロ


走行距離:153キロ
走行時間:6時間36分
平均時速:23キロ

更新をさぼっているうちに2週間前のことになりましたが、
高速料金が土日半額のうちに、淡路島1周へ行ってきました。
元々は22日に行く予定にしてたのが雨で流れたので、
1週間延期してギリギリセーフ。

南あわじ市の「福良」まで車で移動。
ローソンで補給食を買って、あわいちスタート。

海を見ながら走りたいので、東周りで1周。
5月にNight Ride他の皆さんと走ったときに
結構分岐があって迷ったので、一応20万図を持って行ったのですが
縮尺が大きすぎて役に立たず、、、
津井の辺りでかなり迷いました。
5万図を持って走れば良かった。

IMGP8605.jpg
自分が中学生の頃に、家族でキャンプに来ていた思い出の「慶野松原」。
駐車場やリゾートホテルが出来て少し雰囲気が変わってましたが松原はそのままでした。

IMGP8604.jpg
テントに泊まって海水浴しただけですが、とても楽しかったですね〜。

IMGP8608.jpg
慶野松原の入り口には、淡路島らしく「玉ねぎ」の産直売店がありました。

この日はサイクリストが多くて、
コンビニには必ず先客がいるし、
前からも対向車線をどんどん自転車の方がやってくるので
手を振るのに大忙し。

たまたま同じようなペースで走っている外国の方がいて、
室津〜岩屋までを一緒に走ってもらいました。


IMGP8609.jpg
岩屋では、念願のバイカーズカフェ・チルコロさんでランチ休憩。
ここの店主はトライアスロンをされてるそうです。

IMGP8611.jpg
看板犬の「平蔵」くんが人懐こくてすごく可愛いです。

IMGP8614.jpg
盛り沢山のカレーランチと、

IMGP8615.jpg
かき氷を食べて、満腹。
どちらもとても美味しかったです。

IMGP8617.jpg
店内からは明石海峡も見渡せて気持ちのいい風景でした。
チルコロさん、ありがとうございました。

岩屋〜洲本までは交通量が多くて(通勤時間帯の高知市内の電車通り並みだった)
走りづらく、満腹すぎて苦しかったこともあって超スローペース走行。

IMGP8618.jpg
淡路にも地ビールがあるらしい。

IMGP8619.jpg
瀬戸内らしい雰囲気の漁港。

IMGP8621.jpg
山の上にある、洲本城。

IMGP8624.jpg
洲本を過ぎて、本格的に登り始めたところ。

IMGP8625.jpg
要所要所に自転車用の道路標識があります。

IMGP8627.jpg
ナゾのパラダイスへのゲート。
ただし、ここからは入れないそうで、、

IMGP8630.jpg
本当の入り口はこちら。

IMGP8629.jpg
パラダイスはV字谷の底に向かって降りて行かないと辿り着けません。
レーサーシューズでは無理です。
ちょうど、いい感じにお酒が回ったグループがパラダイスに向かって歩いて行きましたが、、
どうだったんでしょう??

IMGP8631.jpg
パラダイスを降りると、海沿いの一本道。
途中からコンクリート舗装に変わってかなりしんどい。

IMGP8633.jpg
集落に辿り着いて、やっと舗装の良い道になって一安心。

IMGP8634.jpg
国産み伝説の「沼島」が見えました。

IMGP8637.jpg
前方の小山を越えると、東海岸とはお別れ。

IMGP8639.jpg
田んぼの間に小屋があるので何だろうと思ったら、

IMGP8638.jpg
玉ねぎを乾燥させるスペースでした。
淡路島らしい風景でした。

この後、もう一回登って、スタート地点の福良に到着。

IMGP8640.jpg
福良で、チルコロさんに教えてもらった
Giro de Awaji というカフェに行ったのですが、
到着が遅かったので営業が終わっていました。残念!!
とても美味しいコーヒーを飲ませてくれるそうなので、
次回はぜひ行ってみたいです。
関連記事
プロフィール

sakuramotipan

Author:sakuramotipan
高知県在住。
高知大学サイクリング部出身。
バイパス道路よりも昔の生活道を走るのが好きです。

カレンダー
06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。