FC2ブログ

2012年1月8日(日) KCTC初走り参加



KCTC(Kochi Cyclist Touring Club)の初走りに、15年ぶりくらいに参加。
この日は犬のマーちゃんを動物病院に連れて行くことになっていたので、
参加は無理だろうなあ、、、
と諦めていたのだが、ダンナが一人で行ってくれる、というのでお願いして、
私だけサイクリングに参加。
新年早々、ありがたいことです。

IMGP4015.jpg
ほぼ無風で、絶好の自転車日和。

スタート地点の青柳橋は遠いので、香我美町の「あぐりの里」から途中参加。
10時半ごろに着いて焚き火にあたりながらぼんやりしていると、
同じ市内在住のKさんが到着。
あぐりの里のふるまいいのしし鍋を頂きながら、他の皆さんの到着を待つ。

IMGP4019.jpg
11時過ぎに大集団が到着。
これほどの人数は想像もしてなかったので本当に驚いた。
総勢40人ぐらい???

道路脇の壁を埋める自転車の列が圧巻。
数が多すぎて、写真一枚に収まりきれない。

IMGP4020.jpg
いのしし鍋に並ぶ人・人・人。
白味噌仕立てでとても美味しかった。
本当にご馳走様です。

出発の準備をしていると、
原賀de太蔵さんが声を掛けてくださった。
(わざわざありがとうございます、とても嬉しかったです!!)

あぐりの里を出て、1本目の登り、文代峠に向けて出発。

どんどん抜かれて冷や汗ものだが、
ここは抑え目に行かないと後が続かない、、、
と自分に言い聞かせて、迷惑を承知でマイペースで登った。


IMGP4021.jpg
ほぼ最後尾で峠到着。
空気が澄んでいて、峠の展望所から太平洋がクリアに見えた。


IMGP4023.jpg
佐敷の集落で皆さんと合流。
風が無いおかげで、日向は気持ちのいい暖かさ。
ここでも原賀さんが話しかけてくださって楽しく休憩。
(猫のご心配、ありがとうございます!)

いよいよ本日メインの登りに出発。

IMGP4026.jpg
奈良峠の分岐からは、徳島からご家族で参加されたという
女性の方(とても早い方で、ついていくのがやっと。。。。)
とご一緒させてもらって、空小屋のピークに到着。

自転車人口が増えたとはいえ、女性同士で走る機会は滅多に無いので
「自転車を始めたきっかけは何ですか?」
とか、
「徳島は女性サイクリストが多いんですか?」
とか、
「普段はどんな感じのところを走るんですか?」
など、思いつくままにいろいろ質問させてもらって、
息苦しいながも楽しく走らせてもらった。
(鼻水だらだらで失礼しました;今年の風邪はなかなかしつこくて、、、)


IMGP4027.jpg
小休止して、この後の下りに備えてネックゲーターなど着込んでから出発。

日陰の中、道の悪い寒い道を下って、羽尾で他の皆さんと合流。


IMGP4030.jpg
林道の途中、見晴らしのいいところで
全員揃った記念写真を撮ってもらって、

道家~芸西村~夜須へ走り、ヤシーパークへ。

ヤシーパークでもう一度集合写真を撮ってもらい、
本日の初走りサイクリングは解散・終了。


いつかお会いしたいと思っていた原賀さんともお話できたし、
こっそりBlogを覗かせてもらっているnaoさんにも声をかけれたし
(昨年の土佐センチュリーでは、同じ組のスタートだったみたいですね;
naoさんのBlogを見て気づきました)
女性サイクリストと知り合いにもなれたし、でとても楽しいイベントになった。
(!!皆さんありがとうございました!!)
ヤマネさんお疲れ様でした。

そして、参加させてくれたダンナに大感謝。

IMGP4032.jpg
帰り道、夜須から北方向を見ると、山が真っ白。
剣山の方向だろうか???

IMGP4033.jpg
どのルートで帰ろうか思案したが、
距離の短さで文代峠越えを選択。

さすがに脚が売り切れ寸前で辛かった、、、、。

IMGP4034.jpg
峠を守る馬頭観音の祠にお参りしてから帰宅。
91キロのサイクリングとなった。
スポンサーサイト



関連記事

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

プロフィール

sakuramotipan

Author:sakuramotipan
高知県在住。
高知大学サイクリング部出身。
バイパス道路よりも昔の生活道を走るのが好きです。

カレンダー
12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック