2010年10月30日(土) 越知町 大峠

IMGP1508.jpg

***詳細は後日アップします***
スポンサーサイト
関連記事

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

2010年10月29日(金) 佐敷~羽尾~考える村~手結~カブリ石峠~安場坂


走行距離:約4時間
走行時間:65キロ
平均時速:16.3キロ

芸西村の、ウマイと評判のお弁当屋さんで「から揚げ弁当」を食べるか、
月見山のつきみでランチにするか悩みつつとりあえず羽尾まで行くことにした。


このところデイパックを背負って走ることが多かったので
サドル周りをデイパック仕様のセッティングに変えてあったので、
走りながら元通りのセッティングに戻す、というのがこの日の課題。

何度か止まって前後位置と高さを少しずつ調整し、
気持ちよく走れるセッティングに戻せた。

IMGP1421.jpg

毎年寒い時期は荷物が多いので(寒がりなので主に防寒グッズ)
バックポケットに入りきらずにデイパックを使ってきたが、
やっぱり背中に背負うとものすごく疲れるので、
大きめのサドルバッグ(レーサー用)と小型のフロントバッグ(ランドナー用)を物色中。



IMGP1423-2.jpg
佐敷~別役~奈良峠、と進んで、舞川方面との分岐の空小屋に到着。
曇りがちで、日が差してはまた曇る、の繰り返しの一日だった。


IMGP1426.jpg
服装もすっかり秋仕様。
長袖ジャージにウィンドブレーカーベスト、長指手袋、薄手のタイツ。
ボトルの中身は「メイタン」です。
8月に城北サイクルで買って、ずっと寝かせてあってこの日初めて使ってみた。
自然な味で、いい感じだった。
グリコのCCDだともたれてしんどくなるのだが、これは大丈夫だった。


IMGP1425.jpg
空小屋から見た、これから進む羽尾方向。
夏と違って下草の勢いが衰えてきた。
この辺り、植林山ばかりなので紅葉は見れないが、時々ナナカマドなどの紅葉する木が生えていて、
ちょっとだけ紅葉気分が味わえる。


枝や落ち葉、落小石で荒れ気味の路面に気を使いつつ、
羽尾に到着。

IMGP1427.jpg
真っ直ぐ行けば夜須へ降りれるこの分岐を、
今回は左折して羽尾から手結までを結ぶ舗装林道へ入る。


かなり前に走ったことがあるが、
いくつかあるピークの上をなぞった道で、
アップダウンは激しいわ、景色は良くないわであまりいい思い出がない。


IMGP1430.jpg
林道に入ってすぐのところから見た野市方面。
山の向こうに野市の市街地と海が見えた。


IMGP1431.jpg
羽尾側が結構荒れていて、何箇所かこういう状態のところがあった。


IMGP1432.jpg
路面もひび割れていて走りづらい。


IMGP1433.jpg
「考える村」から向こうは道がキレイで走りやすかった。


手結山のゴルフ場(黒潮カントリー??)がめちゃくちゃデカくて驚いた。
こんなに立派なゴルフ場だったとは。
大きな大会が開催されるわけだ、、、。


IMGP1440.jpg
さっきの場所からちょっと降りたところに、
江戸時代のものと思しき道しるべ石を発見。
「○見 十二丁」(○は読見とれなかった漢字)とあった。
この道は古い街道だったのかな??


IMGP1445.jpg
林道の終点に、「大峰山里林道入り口」の標識があった。
正式名称はこういう名前なのか、、、。




IMGP1448.jpg
林道終点のすぐ隣が、手結山の御餅屋さん。
そういえば、ここの御餅屋さんは参勤交代の街道沿いに武士階級の人が始めた、と聞いたことがある。

ばら売りしていたら2個買わせてもらおうと思って聞いてみたら、
もう製造が終わっていたので今日は無理だった。
奥で作っている時間帯なら、バラでも売ってくれるのだけど、、、。
残念。


IMGP1451.jpg
御餅屋さんの前は国道で、まん前のバス停の名前が「餅屋前」。
なかなかわかりやすい、、、。


IMGP1452.jpg
バス停横のこの路地を下って手結港へ。


IMGP1454.jpg
手結港周辺は古い町並みが残っていて散策が楽しい。


IMGP1457.jpg
港の可動橋。このときは降りてました。


IMGP1456.jpg
古い石垣が残る手結港。


IMGP1459.jpg
長宗我部の時代からあったらしい。
野中兼山が築港指揮を執った、というのは知っていましたが。
そのころの港がほぼそのまま残っていて、今も現役というのがいいなあ。
「手結」という地名もみんなの手で築いた、という誇りが感じられて好きだ。


IMGP1461.jpg
船溜まりと、


IMGP1465.jpg
常夜灯。



港見物のあとはヤシーパークを横断して国道を渡り、
夜須の町並み散策へ。

IMGP1467.jpg
スーパーの南側に細い路地を発見したので入ってみた。
なかなかいい感じの路地だなあ~、
と写真を撮ったら、家の向こうに猫が2匹。


IMGP1468.jpg  IMGP1469.jpg
ミックス調のと黒いの。
かわいいですな~~。


IMGP1471.jpg
お昼ごはんは、から揚げ気分じゃなかったので「つきみ」でランチにした。
魚のつみれ汁、ものすごく美味しかった、、、、
デザートのニンジンケーキも美味しかったです。
日替わりなので、毎回違うおかずが食べられて嬉しい。
こんなに美味しい料理を作れたら、いいだろうなあ、、、

サイクリングがてら立ち寄るにはちょうどいい場所なので、いいお店ができてとても嬉しい。



「つきみ」の前の道を北進して
今年の春に新設された自衛隊の駐屯地方向へ。

IMGP1472.jpg
想像以上に大規模ですごく驚いた。
出入り口はすべて迷彩服の自衛官が立っていて物々しい雰囲気。
怒られたらどうしよう、とドキドキしながら写真を撮った。



駐屯地前の坂を下り、
突き当たりのT字路を右折して山川方面へ。

すぐに道が細くなって、「カブリ石峠」の登りが始まる。
ここを走るのも久しぶりだ。

ちょっと登って終わりだろう、と思っていたら
結構本格的な峠で、すっかり息が上がってしまった。

IMGP1475.jpg
ピークは岩盤の切り通しになっていて、
ジグザグに走る地層が迫力があって面白かった。


下り始めてすぐ、がさがさ音がするので何かと思ったら、
立派な角の大きなオス鹿が!!
カメラを構えている間にちゃちゃっと走って逃げてしまった。
丸々肥えた、美味しそうな鹿だった。



IMGP1480.jpg
どんどん下っていって、
記念坂に抜ける県道との合流点に到着。
こちら側の入り口は何も標識がないのでちょっと分かりづらい。


IMGP1482.jpg
あとは安場坂を越えて、家まで帰りました。




関連記事

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

2010年10月22日(金) 奈路 県道33号線 旧道


走行時間:3時間30分
走行距離:60キロ
平均時速:17.1キロ

「県別マップル 高知」というのを買って、
何となく南国市・奈路あたりを眺めていたら
蟹越へ行く県道33号線がいつもの道とは違うルートになっていた。


おかしいな~、と思って
手持ちのツーリングマップルも確認したが、やっぱりいつもの道とは違う、
奈路小学校前を左折するルートが県道になっている。


これは確かめに行かねば!!
ということで行ってきました。


とりあえず腹ごしらえ、ということで、
佐野にできたインドネシア料理のカフェ「Bali Jasmin Cafe」でお昼ご飯。
IMGP1387.jpg

最近新しくできたカフェで、看板はいつも見ていたが行くのは初めて。
ちょうどお昼時だったので、お客さんで賑わっていた。

IMGP1384.jpg     IMGP1385.jpg
コーヒーつきのランチ。
おかずがいろいろ盛りだくさんで美味しかった。
自家製!のバナナがいい香りだった。
コーヒーカップも南国っぽい。

しっかり食べたらお腹が苦しくなったので、
大法寺越えは止めて土佐山田経由で領石へ向かう。


領石のローソンで、念のために補給食を買って、奈路へ。
さっきお昼を食べたばかりでまだお腹は空いていなかったが、
何かあったときのために補給食は常に携行していないと不安だ。


ぼちぼち走って、問題の四叉路に到着。
IMGP1388.jpg
いつもはこれを画面右方向へ進むが、今日は直進して川沿いを走る。


IMGP1391.jpg
正しい?県道に入ると、いきなり道幅が狭い。
それまでの2車線からほとんど1車線になり、舗装も荒れ気味。


IMGP1392.jpg
民家が途絶えるといきなりこの画像の状態に。
道幅はさらに狭くなり、軽自動車でも対向できそうにない。
路面も、何とか舗装が生きてます、といった感じに。


登るにつれて落ち葉や落石が増えていき、
道幅も少しずつ狭くなっていく。
念のためにランドナーで来ていてよかったなあ、と思いつつゆっくり登る。
レーサーだったら絶対押してたなぁ。。。


IMGP1393.jpg
ずっと同じ斜面をつづら折れで登っていたが、
ひと山越えないと蟹越え方面へ行けないので、
どこで越えるのか心配していたら
切り通しが見えた。


切り通しがピークかと思ったら違っていて、
緩いけどまだ登りが続いていた。


いったいどの辺に出るんだろう??
と思いながら進んでいくと、

IMGP1394.jpg
見覚えのある風景が。


IMGP1400.jpg
ここへ出ました。


IMGP1399.jpg
いつもの道から撮るとこんな感じ。

蟹越えのピーク直下の、民家が何軒か集まっていてこれからきつくなるぞ~、という辺りでした。


ここはどなたかのお家へ入って行き止まりだと思っていた。
この先にあんな道があったとは、、、
全然気が付かなかった。


いつもの道で奈路~領石まで戻り、
IMGP1401.jpg
ここを左折して領石~新改までの県道の旧道へ入った。


IMGP1402.jpg
道幅は狭いが、商店街の名残や古くて渋い家などが並んでいて景色を見ながら走るのが楽しい。


IMGP1404.jpg
帰りは新改から大法寺へ。
彼岸花の後はコスモスの花畑になっていた。



IMGP1407.jpg
佐野に下りて、佐野ストアで休憩。
自販機にホットドリンクが入っていて嬉しかった。

すっかり晩秋の気配ですね~。






関連記事

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

2010年10月17日(日) 四万十川ポタリング


走行時間:3時間40分
走行距離:76キロ
平均時速:20.9キロ

知り合いが、この日に開催された「四万十ウルトラマラソン」に出たので、
応援がてら四万十へポタリングに行ってきた。


自宅を6時半に出て須崎まで高速を使い、大正に着いたのが9時前。



旧大正町役場に車をデポして出発。
すぐ近くに土佐くろしお鉄道の大正駅があるのだが、
何と道路標識が「国鉄」のまま残っている。

IMGP1331.jpg

これは驚き。


IMGP1375.jpg

実はこの後、昭和駅も国鉄時代のままの標識が残っているのを発見しました。
そういえば、高知新聞に取り上げられていたような気がする。


国道へ出て、とりあえず半家(ハゲ)の沈下橋を目指して走る。


SDIM1246.jpg
事前に聞いていた、通過予想時刻ピッタリの10時半ごろに半家の沈下橋に到着。

ここは沈下橋を渡って折り返していく地点なので、絶好の応援ポイントになっている。

でもなかなか予想どおりには行かないよね~、
と思いつつ10分ほど待っていると、沈下橋を渡って知り合い登場~!!!

必死で声を張り上げて応援。

「○○さん、がんばれ~!!」
大きな声で名前を3回も連呼したので向こうも気づいてくれて、
手を振って走り去っていった。

IMGP1342.jpg

たぶん会えないだろうなあ、と思っていただけに応援できて嬉しかった。

無事、この日の目標を果たしたので後は自転車でブラブラすることに。


と、言っても特になにもルートを考えていなかったので、
国道381号線で江川崎まで行って予土線沿いに441号線へ入って愛媛県境を見て引き返して、
「道の駅 四万十とおわ」で昼ごはん休憩を取った。

IMGP1351.jpg
ここ、ずっと来たかったんですよね~。
木造でおしゃれな建物。


IMGP1354.jpg
食堂入り口から見える風景。
ちょうどお昼時で満席だったので待ち時間があったのだが、
景色がいいので待つのも苦にならない。


IMGP1360.jpg
内装もセンスいい。


IMGP1361.jpg
窓の向こうに、四万十川が見えて、「道の駅の食堂」というよりは「カフェ」のよう。


IMGP1359.jpg
メニューもどれも美味しそう。


IMGP1365.jpg
今回はこれにしました。


IMGP1364.jpg
天然川エビも付いてます。
もちろん四万十川産。
プリプリで旨かった~!



「栗ソフト」も食べました。


売店でお土産も購入。
すっかりここの道の駅のファンになってしまった。
また来るぞー!


IMGP1368.jpg
この後は、国道のトンネルを脇道(旧道)でパスしながら大正へ戻った。


IMGP1369-2.jpg
旧道は雰囲気がいい。
道が狭いのが難点だが、自転車なら全く問題にならない。

IMGP1380.jpg
いいなあ~。
この辺に泊りがけで遊びに来たいなあ、、、。


SDIM1257.jpg
写真を撮りながら、大正に到着。
美味しい地酒で有名な「無手無冠」。
こっちはお酒屋さんで、


SDIM1256.jpg
向かいにあるこっちは居酒屋さん。
どっちも無手無冠がやっているようだ。

無手無冠、買いたかったけどデイパックがお土産で一杯だったので諦めた。
また買いに来よう。


あとは車に戻って自転車を積み込み、香美市内の自宅まで戻った。


SDIM1249.jpg
(国道381号線 四万十トンネル 近くからの風景)
15年ぶりくらいに行った四万十川。
以前には感じなかった、景色の雄大さに驚いた。
流域面積が広いから、川が大きいんだろう。

それとも、国道が改良されて、広く、真っ直ぐになっていたから??


今回、自分の持っている地図が古くて全く使い物にならなかった。
これほど国道が変わっているとは思いもよらなかった。


地図を買いなおしてルートを練り直し、もう一度走りに行きたい。














関連記事

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

2010年10月11日(月) 谷相


(DP1で撮影)

ダンナのMTB(フレームは知り合いの中古)が組みあがったので
試乗を兼ねて谷相に行ってきた。
私も久しぶりにランドナーに乗ることにした。


SDIM1216.jpg
家のことをやっていたら出るのが遅くなったので、
あんぱんまんミュージアム横の道の駅で、早めの昼食を買出し。


SDIM1212.jpg
道の駅のエアコン室外機の上で、カマキリが頑張っていた。
秋ですね~。


SDIM1214.jpg
ランドナーに乗るのは半年ぶりだ。
この自転車はホイールがMTBサイズで650Bではないし、泥除け、キャリア等付けていないので
(取り付け用のダボはある)、「ランドナー」と呼ぶのは正しくないかもしれない。

これの前はTOEIのランドナーに乗っていたが、
ジオメトリーに不満が出てきたので赤松さんにオーダーしてこのフレームを作ってもらった。

ダンナの発案で、
ハンドルとホイールを交換すれば、MTB風にもツーリング車風にもなる、
という便利な自転車になっている。

もっぱらポタリング用に使っていて、ドロップハンドルを付けているので
「ランドナー」と呼ばせてもらっている。


SDIM1217.jpg
谷相へ行くのも久しぶり。
ちょうど1年前に谷相林道のピークまで紅葉を見に行って以来だ。
道がかなり良くなっていて驚いた。


SDIM1225.jpg
この日は暑かったので、汗だくになってやっと谷相に到着。
遠くに海まで見えて、本当に景色がいい。
頑張って登ってきて良かったなあ、といつも思う。


SDIM1232.jpg
この日はここでおしまい。
ピークまで行くつもりで走ってきたが、くたびれたのでここで帰ることにした。


SDIM1233.jpg
引き返し地点にショッキングな看板が!
山腹崩壊のため、大豊方面への通り抜け不可!!

え~!!
紅葉の時期に松尾越えして大豊まで行ってみようと計画してたのに・・・・
全然知らなかった。
自転車でも通れないんでしょうか??


この後、「三十代」のバス停前から永野方面へ降りようと思っていたら
道路工事のため通行止めで、仕方なく来た道を引き返した。


なんだかがっかりな日だった。



関連記事

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

2010年10月10日(日) 松床梶佐古林道


走行時間:約2時間
走行距離:35キロぐらい??(メモるのを忘れてました)
平均時速:17.8キロ

インナーを34に交換してもらった。
IMGP1309.jpg


さすがに軽い!
アウターからインナーに落としたときに
後ろのギアを2~3枚落とさないと落差が大きくてケーデンスが狂うほど。
ランドナーっぽい雰囲気になった。

IMGP1310.jpg
コンパクトドライブ導入と同時に新調したリアディレーラー。
プーリーをシールドベアリング仕様のものに交換してある。
最近のディレーラーは分厚いですね。

カンパのシフター+シマノのディレーラーにスプロケ、
というイレギュラーな組み合わせで使っているので
シフトメイトを使って対応しているが、
今まで使っていたSHIMANO 600のリアディレーラーでは完璧には同調してくれなかった。
このアルテグラに変えてからは気持ちよく変速が決まって、変速するのが楽しくなった。


IMGP1312.jpg
香北では急ピッチで稲刈が進んでいて、稲穂が残っている田んぼは少なくなってきた。


猪野々にある「吉井勇記念館」横の坂を登りきった辺りにある、
「松床林業」の看板のある分岐を北へ入り、
よさこい節の純真・お馬の通ったという峠道へ。

IMGP1313.jpg
登りだしてすぐにある吉井勇の歌碑。
奥にはこじんまりした神社が見えている。


歌碑の前からの急勾配。
IMGP1314.jpg

冬に36のインナーで来た時は、ハンドルにしがみつきながら必死で立ちこぎしてなんとかクリアしたこの峠。
さすがに34に替えると座ったままで登っていける。
脚がグルグル回ったりはしないが、蛇行することなく淡々とペダルを回すことができる。


IMGP1315.jpg
峠から見た、梶佐古の集落。
ここも稲刈はほとんど終わっていた。


梶佐古から大栃までは、キレイな渓谷沿いを気持ちよく走れる。


IMGP1321.jpg

紅葉したらキレイだろうなあ。
あと一月後ぐらい??
一番見頃の時に、また来よう。


大栃からは永瀬ダム経由で帰宅しました。
まだまだ昼間は暑いですね。











関連記事

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

韮生米 

いつもコメントを頂いている、「まっこり爺」さまから頂いた韮生米を早速ご馳走になりました。

SDIM1205.jpg
すごく美味しかったです。
炊き上がったご飯がツヤツヤで、お米の味が濃いー!!

ご飯だけで満足で、おかずが要らない感じでした。


すっかり食べ過ぎて、食後2時間近く経った今でもお腹パンパンです、、、。
美味すぎて危険なお米ですね。

韮生米で「おにぎり」を作って、補給食に持っていったらさらに楽しいサイクリングになりそう。
今度やってみよう。


貴重なお米をありがとうございました!!











関連記事

2010年9月25日(土) 赤良木~本山 ロングライド


走行距離:116キロ
走行時間:7時間
平均時速:16.5キロ

コンパクトドライブでもう一山越えてみようと思って、
去年の今頃に行ったコースに行って来た。

この日は、
なるだけ登りの途中で休まないで一気に登る、
というのを目標にしてみた。

IMGP1281.jpg
一つ目の山場、奈路小学校裏山の登りをクリアして
下りきった穴内ダム方面、黒滝との分岐で休憩。
しかしへばってしまって20分ぐらい動けず・・・・。


その後の蟹越えもやっぱりきつくて、
寝っころがって休憩する始末。
IMGP1282.jpg
インナー36でも私には重いみたいだ。
保険にと一緒に買ってある、「34」に交換した方がいいかも、と思い始める。


IMGP1286.jpg
赤良木の上り口、旧土佐山村役場前の産直のお店で休憩。


IMGP1285.jpg
柚子ドリンクを飲みました。
濃縮タイプと書いてあったけどそのまま飲んだ。
ちょっと濃かったかな?

IMGP1287.jpg
目標どおり、ノンストップで赤良木峠に到着。
旧役場前から1時間18分だった。
デイパックを背負っていたので、こんなものかなあ。
いつの日か、ここを40分台で登れるようになってみたい。

工石山青少年の家の体育館の横には、工石山登山と思しき車が何台か止まっていた。
もうすっかり秋の行楽シーズンだものなあ。


IMGP1288.jpg
標高が高いのでさすがに寒く、そそくさと補給して、ニーウォーマー&ベストを着て出発。

トンネルを越えて土佐町へ抜けると高知側とはうって変わって曇り空に。
ときおり小雨がぱらついて肌寒い。
山の向こうとこっちでこんなに天気が違うなんて、と驚いた。

IMGP1290.jpg
下る途中の「立割」で、去年「棚田ビューポイント」の看板が立っていたところで棚田鑑賞。
やっぱりキレイだ。
今年は看板がなくなっていたのはどうしてだろう?


土佐町の道の駅さめうらでトイレ休憩を取り、
国道439号線で大豊まで走る。

大杉の道の駅でもトイレ休憩。

国道32号線へ出てからは、トンネルはすべて迂回して旧国道を走った。


IMGP1295.jpg
繁藤の手前、国道沿いの豚太郎には白イノシシの「ピータン」がいる。
今日は元気かな?


IMGP1294.jpg
元気でした。
ちょうどご飯中で、美味しそうにモグモグしてました。
いつかの高知新聞に、ピータンがお年で弱ってきた、と載っていたので
この夏の暑さでひょっとして、、、、と思っていただけに安心しました。


IMGP1296.jpg
今日も甫喜ケ峰経由で帰ろうと思っていたのに、
うっかり入り口を見逃してしまって根曳峠まで来てしまった。
トホホ、、、、、

しょうがないので、根曳の旧道経由で新改まで行くことに。

IMGP1298.jpg
高速道路を高架でまたいで、

IMGP1299.jpg
極狭の旧道へ。

狭い&勾配がきつい上に見通しが悪く、林間で暗い箇所が多いので緊張して疲れる。

IMGP1301.jpg
わかみや温泉は営業中みたいだった。


今日も大法寺経由で物部川北岸の県道へ。


IMGP1302.jpg
佐野ストアで休憩。
長い下りで身体が冷えたので、ホットドリンクを買おうと思ったけどまだ扱っていなかった。
ベンチを借りて、ジュースと土佐山で買ったジンジャーメロンパンを食べる。
生姜とメロンの取り合わせの面白さに惹かれて買ったこのパン、
なかなかいい組み合わせで美味しかった。
また食べたい。


日が暮れるのと競い合うようにして午後6時前に帰宅。
しばらくは着替える気力がわかず、イスに座って動けなくなってしまった。
去年ランドナーで行った時よりも疲れたような気がする。

デイパックを背負ってのロングライドは疲れるなあ、と思った。
そして、インナーギアは34に替えよう替えて貰おうと決心。

自分はトルク型じゃないんだなあ、と思った。





関連記事

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

2010年9月24日 西又・河野林道 


*ルートラボに載っていない佐野~新改の区間はフリーハンドで描いたため不正確です。
 詳しくは地形図を参照してください。


走行時間:3時間半
走行距離:52キロ
平均時速:14.9キロ

ついにSuginoのコンパクトドライブを導入してインナーが38→36に。
クランク長も150mm→152mmになった。

これで登りが楽になるぞ~と思い、
まだ走ったことの無かった「林道西又河野線」にチャレンジ。


IMGP1279.jpg
香北町・日ノ御子の、林道の起点。
日ノ御子キャンプ場方向へ進みます。


IMGP1193.jpg
入り口から30分ほど登った、「河茶」で休憩。
香北側はここが最初で最後の集落だった。

IMGP1198.jpg
Suginoのコンパクトドライブ。

なぜSuginoにしたかというと、クランク長152mmが欲しかったから。
昨年の秋に左ひざ痛解消を狙って、
工房赤松で175mmのクランクを加工して150mmにしてもらったものに交換したら調子がいいので、
引き続き短いクランクを使いたかった。

ついでに、チェーンとリアディレーラーも交換。
リアディレーラーはアルテグラの前身の、「SHIMANO 600」を10年以上使っていました。
交換作業は専属メカニックのダンナが担当、その間私は掃除に洗濯
適材適所で分業作業。


IMGP1199.jpg
全体像はこんな感じ。
わかり難いですが、ディレーラーは最新のアルテグラに、シールドベアリングのプーリーを装着しています。

IMGP1203.jpg
予想以上に勾配がきつく、インナー36でもケーデンスは全く上がらない。
38のままだったら、確実に途中で引き返していただろう。

あまりにしんどいので、30分毎ぐらいに休憩を繰り返しつつ進む。
IMGP1209.jpg
しかし、山を登りつつ食べる補給食はどうしてこんなにウマイのでしょう。
今日は奮発して、土佐山田のさくらベーカリーの菓子パン。
これは一番好きな「さくらもちパン」。


IMGP1206.jpg
風はすっかり秋風で、登るにつれて肌寒くなっていく。
澄んだ空の色が透明感があってとてもキレイだ。
ところどころ山から流れてきた石や土で道が荒れているが、
どうしようもなくひどいところはなかった。


IMGP1216.jpg
九十九折が終わってすぐに、ゆるく下る箇所があった。
すっかりピークと勘違いして喜んで写真を撮ったが、
本当のピークはここからまだ20分ほど先だった、、、。


IMGP1220.jpg
やっとピークに到着。
ピークは、作業用林道らしき道が交錯して4叉路になっていた。



IMGP1223.jpg
下り始めると、道の両脇にススキがわらわら。
背丈が揃っていて、誰かが植えたみたいだ。
秋ですね~。


IMGP1227.jpg
林道の看板。
この辺りは登っていて、ピークから先は下るだけだと思い込んでいたのですごくがっかりした。
地形図を出してよく見てみれば、確かに一部登る区間がある。
等高線を読むのが苦手なので、よくこういう思い違いをしてしまう。



IMGP1234.jpg
西の又の集落に到着。

IMGP1233.jpg
香美市営バスのバス停があった。頑張ってるなー。
「さがわの森」ってなんだろう??


IMGP1244.jpg
林道完成記念碑に、林道の着工から完成までのドラマが刻んであった。
佐川急便からの多額の寄付がなければ林道は完成できなかった、とのこと。
さっきの「さがわの森」の「さがわ」は佐川急便の「佐川」なんだそうだ。


西の又からは道幅が広く、ほぼ2車線の快適路が続く。


IMGP1246.jpg
国道との分岐に到着。


IMGP1247.jpg
「追い廻し」という変わった名前のバス停前に出る。



IMGP1251.jpg
繁藤駅で休憩。


IMGP1255.jpg
鉄道の駅に来るのは久しぶりだ。
私は大阪出身なので、通学やお出かけの足はほとんど電車やバスだった。
大阪市営地下鉄に乗って梅田・なんば方面に行くのが高校時代の最大の楽しみだった。
家に車がなかった(というか、両親とも免許を持ってない)ので、
旅行に行くのも、いつも電車を利用した。

そういう環境で育ったので、
このレールの先に何か楽しいことが待っていそうでわくわくする。

また久しぶりに輪行でどこかへ行きたいなあ


IMGP1256.jpg
高知に来てから、ずっと気になっていたのがコレ。
「高知線の歌」と題した、JR各駅にあるこの看板だ。
駅ごとに歌の内容が違っていて、駅周辺の風物にちなんだ内容になっている。
歌詞なのかなぁと思うが、楽譜がついているのをみたことがないので、メロディーはないのかなぁとも思う。


繁藤駅から国道を走って、今回は根曳の旧道ではなく
甫喜ケ峰から平山へ抜ける林道を通ることにした。
IMGP1265.jpg
甫喜ケ峰森林公園がすごく整備されていてめちゃくちゃ驚いた。
前に来たときは、何も無くてただバーベキューサイトと山の上にアスレチックがあるだけだったが、
駐車場も整備されて自然観察資料館もできてて、何より明るく感じよくなっていた。


IMGP1267.jpg
公園入り口からすぐのこの分岐を右へ行くと、平山へ。
このあと20mも登るとあとは下るだけ。
こちら側からだと楽勝で、いままで使っていた根曳の旧道よりもずっといい道だ。


IMGP1270.jpg
下る途中にあった、木製のガードレール。
温かみがあっていいなぁ。


IMGP1272.jpg
ずんずん下って、休場ダムへ。
ダム前の朝倉商店、店構えに風格があって好きだ。

IMGP1275.jpg
ダム湖の風景。


IMGP1274.jpg
朝倉商店前の橋をわたってすぐを右折して、新改へ。


IMGP1277.jpg
新改から大法寺を越えて、北岸の県道経由で帰宅しました。

距離は短かったけれど走り応えのあるルートでした。


関連記事

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

OGK グローブ

IMGP1305.jpg
いつもコメントをくださる原賀さまのリクエストにお答えして、
ヤマネで買った手袋の画像をアップします。
(大変遅くなって本当にすみません

新商品ではないですが、生地が柔らかくて使い心地が良いです。
伸びもいいので着脱がしやすいのも気に入ってます。

1ヶ月ぐらい前にたまたまヤマネで見つけて
自分用に買って帰ったこの手袋をダンナも気に入ってしまい、
お店に在庫が無かったので取り寄せてもらいました。

夫婦で同じ趣味だと、何でも二人分要るので大変です。。。。


関連記事

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

プロフィール

sakuramotipan

Author:sakuramotipan
高知県在住。
高知大学サイクリング部出身。
バイパス道路よりも昔の生活道を走るのが好きです。

カレンダー
09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック