スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年9月20日(月) 高知市内往復


*大法寺のあたり,ルートラボに道が載っていなかったので
 地形図を見ながらフリーハンドで作図しています.


高知市内のサイクリングショップ・ヤマネまで、
頼んでいたOGKの手袋を受け取りに行ってきた。
往復とも同じルートのピストン走行。
距離は80キロ弱、4時間ほどのサイクリングだった。


IMGP1128.jpg
いつもの北岸県道で佐野まで走り,土佐山田町内をパスして大法寺経由で新改へ。



IMGP1130.jpg
新改から、少しだけ県道の北側の旧道を走った。


IMGP1136.jpg
紀貫之ゆかりの土佐国府跡で休憩。
久しぶりに来たら、整備が進んでいてずいぶんきれいになっていた。


IMGP1134.jpg
案内板が新設されていたり、


IMGP1137.jpg
東屋付きの日本庭園ができていたり、、、。
すっかり立派な観光地になっていた。


IMGP1138.jpg
こちらも久しぶりの潮江橋。


IMGP1140.jpg
大原町では、和船で投網を打っている人を発見。
鮎が取れるのでしょうか??


IMGP1142.jpg
帰り道の国分川沿いで。
最近、「川の駅予定地から○○キロ」のこの標識が堤防沿いの道に並んでいる。
川の駅ってなんだろう?
いつ、どこにできるんだろうか?


IMGP1144.jpg
大法寺越えのピークからの風景。


IMGP1147.jpg
佐野ストアで休憩。
高知市内が暑くて二人ともバテバテ。


IMGP1044.jpg
香北町の県道改良工事現場から避難中のお地蔵様。
工事終了までの仮住まい。
物部川北岸の県道は、あちらこちらで改良工事が進行中。


この日の高知市内は暑かった。。。

スポンサーサイト
関連記事

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

2010年9月12日(日) 四ツ足峠 サイクリング


走行時間:3時間30分
走行距離:72キロ
平均時速:20.5キロ

今日こそは早朝サイクリング!!と意気込んでみたものの、
洗濯物をしたりしていたら出発が8時過ぎになってしまった。

一昨日、北岸の県道で痛い思いをしたので、
今日は大栃まで国道を利用。


奥物部物産館の東屋で休憩。
IMGP1068.jpg

この日は妙に蒸し暑くて、しんどい日だった。



IMGP1071.jpg
日差しがきつく、イエローレンズのサングラスでは目が痛い。
かといってミラーレンズに変えるとトンネルで真っ暗だし、、、
「調光レンズ」のサングラスだと、こんな時にいいんだろうなぁ。


IMGP1072.jpg
岡ノ内の商店で休憩。
私にしては珍しくコーラを買う。

飲み干せなかったコーラを「水割り」状態でボトルに入れていったら、意外に美味しかった。
コーラ単体よりも良いかも。
苦手な炭酸が薄まっていて飲みやすかった。


国道がぐっと高度を下げて
物部川に併走しだしてしばらく行くと、
「小松神社前」のバス停があった。
IMGP1076.jpg
この小松神社って、この前行った、岡ノ内の奥にある小松神社???


でも、神社は川向こうだし、対岸に渡る橋はなし、、、、、
と思ってよくよく探せば、向こうの方に細い吊り橋が!


IMGP1079-2.jpg

まさか、これで神社へ行くのじゃないよね~、と思いつつ、近くまで行ってみた。

IMGP1080-2.jpg
橋へは石造りの階段が付けられていて、歩きじゃないと渡れない。
対岸は木々の陰になっていて見渡せず、どうなっているのかわからなかった。
もちろん橋を渡る勇気はなかった。


また国道へ戻り、別府目指して進む。

IMGP1086.jpg
小松神社前バス停から10分ちょっとのところにある脇道の入り口。
今まで何の気なしに通過していたが、これが小松神社の奥の道につながっているのかもしれない。
そのうち確かめに行かねば!


IMGP1089.jpg
別府温泉でトイレ休憩の後、四ツ足峠へ。


IMGP1101.jpg
峠の途中、最後の人家のすぐ先に、八幡様の小さい祠があった。
この祠には、今回初めて気がついた。
これも何かの縁かと思い、お参りして帰った。


IMGP1104.jpg
峠を降りて、再び別府温泉で休憩。
自販機に早くもホットドリンクが登場していた。
秋が来てますね~。


IMGP1111.jpg
物部川の美しい水に感動しながらのんびりと来た道を戻る。
高知の川は市街地を離れるとどこも水が蒼く澄み切っている。
すごく美味しそうなので、このまま飲めるんじゃないか、とか
「ラムネ」の味がするんじゃないか、とか思ってしまう。
このキレイな水はいつ見ても心から嬉しくなってしまう。



IMGP1120.jpg
岡ノ内でススキを発見!
ここにも秋が来てました。

気持ちよく自転車に乗れる季節が、やっと来ますね。








関連記事

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

2010年9月10日(金) 大栃~撫川~夜須 サイクリング


走行距離:86キロ
走行時間:4時間50分
平均時速:17.5キロ

自転車で高知へ買い物に行くのと、山に行くのとどっちにしようか迷ったが、
朝、洗濯物を表に干したときの日差しの強さから街はやめて山に行くことに決定。

明け方肌寒かったので期待したけど、今年の残暑は厳しい。

物部川北岸の県道で大栃まで行くつもりが、
清爪の公会堂の50mほど向こうで道路工事があり
ちょうどローラー車でアスファルトをならしていて自転車の通る隙間もなかったので
しょうがなく迂回路へ。

この迂回路が、一旦川岸まで降りて、橋を渡ってまた国道まで登り返す、
というかなりキビシイものだった。
IMGP0960.jpg
この橋を渡って対岸へ。

IMGP0958.jpg
橋から見た物部川。

IMGP0962.jpg
急勾配の道を登って国道へ。


IMGP0963.jpg
大栃の奥物部物産館でトイレ休憩後、
少し高知方面へ戻って画像の分岐を県道29号線へ入る。


IMGP0966.jpg
分岐の入り口にある「県道29号 安芸物部線」の標識。
ここが距離表示の終点になっていた。

IMGP0967.jpg
最初の集落、「明改(みょうがい)」にかかる橋で休憩。

IMGP0971.jpg
次の集落は、「栃本」。
旧国鉄バスのバス停「栃本駅」がいい味出してます。
香美市営バスも頑張ってます。


IMGP0973.jpg
バス停の近くの家に、薪が山と積まれていた。
土壁とのコントラストが渋かった、、、。


栃本からは道幅がぐっと狭く軽自動車1車線分くらいになる。
道も荒れ気味で、自転車でもやや緊張する。
登り調子だが勾配は緩やか。
対向車に気をつけつつゆっくり走る。


IMGP0988.jpg
中間地点の「舞川」に到着。
ここで、大栃~夜須を結ぶ道と畑山~香我美町を結ぶ道が交差している。


IMGP0990.jpg
この日は、県道から少し上がった所にある舞川の公民館で休憩。
舞川へは何度も来ているが、公民館を見るのは初めてだった。

IMGP0994.jpg
公民館の裏に「舞川キャンプ場」の管理事務所があった。

IMGP0996.jpg
事務所の横の石垣は、江戸時代初期に作られたそうだ。


IMGP0998.jpg
舞川から10分弱走った辺りで県道29号線の距離表示がゼロになった。


IMGP1002.jpg
撫川にあった神社。
境内に大きな紅葉の木があった。
錦秋の時期になるとキレイだろうなあ。


IMGP1003.jpg
撫川からは県道51号線に変わった。
この県道の距離表示はここが終点のようだ。


IMGP1004.jpg
ピークに到着。
木が生い茂っていて、展望はほとんどなかった。


IMGP1006.jpg
ピークから5分も下ると奥西川から上がってくる道との交差点に出る。
ここからしばらくは右側が切り立った山肌で、ガードレールの無い箇所がちょくちょくあるのでちょっと怖い。


IMGP1014.jpg
こんな感じの道が羽尾まで続く。
下っているけれどスピードが出せないので結構時間がかかる。

羽尾~夜須までは、道幅が広がって走りやすくなる。
ガードレールも完備されてます。
IMGP1028.jpg
道は快適だが、夜須が近づくにつれて暑さが増していく。


IMGP1029.jpg
県道を降りきると、ヤシーパークが目の前。
日差しがきつくて、路面がギラギラしていた。

国道の北側の旧道で月見山へ。


IMGP1030.jpg
夜須の旧道は古い商家が点在していて、私の目の保養スポットになっている。


IMGP1032.jpg
自衛隊の駐屯地へ入る、新しい分岐を北へ入って、

IMGP1035.jpg
職場の人に教えてもらった「つきみ」でランチ休憩。
美味しいし、お店の雰囲気も良かったです。
また食べに行きたい。

あとは野市経由で家に帰るだけ。

夜須から野市まではずっと日陰が無かったので、
この区間ですっかり日焼けしてしまい
太ももの一番日に当たる部分が水ぶくれのようになってしまった。


IMGP1039.jpg
佐野ストアで最後の休憩。
いつもお世話になってます。
藤棚がいい日陰になって、イスに座ると涼しい風が通り抜けていく。

IMGP1038.jpg
久保田のみかんアイスで生き返りました。
アイスは外で食べる方が美味しいのは何故だろう。

アイスの余韻に浸りながら家まで帰りました。

この日はほんとに暑かった。。。
















関連記事

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

2010年9月5日(日) 物部町 則友 往復


走行時間:2時間20分
走行距離:43キロ
平均時速:17.5キロ

この週末はすっかり夏バテしてしまい、朝起きたときから吐き気とめまいがして体調最悪だった。
よっぽど自転車は止めておこうかと思ったが、
1日でも乗っておかないと”心の支え”がなくなって
翌週からの仕事がツライので頑張って乗ってみた。

南下すると暑くてしんどいので、大栃方面へ。
やる気を出すために、走ったことの無いルートを選択。
物部から安芸の奥、畑山に抜けている「則友・宇筒舞林道」へちょっとだけ入ってみることにした。


地形図を見ると、則友のすぐ向こうに小さいトンネルがあった。
距離も丁度だし、今日の目的地はこのトンネルに決定!


大栃まで北岸の県道を走ったが、
体調も悪いし、暑さで気持ち悪くなりながら身体に水を掛けながら走った。
大栃スーパーでアイスを買って、日陰でのんびり食べていたら大分楽になったので、
予定通り「則友林道」へ出発。
IMGP0918.jpg奥物部物産館からトンネルをひとつ越えてすぐの分岐を左へ。


IMGP0919.jpg
国道がループになっている箇所の下をくぐって、赤いつり橋で物部川を対岸に渡る。
グレーチングを敷いてあるので、川面が透けて見えて怖い、、、

IMGP0924.jpg
橋を渡って、杉林の中を走る。
道幅はこんな感じ。1.2車線ぐらい。

IMGP0925.jpg
杉木立を抜けると、最近新設された立派な橋が現れる。
ちゃんと舗装してあって、ダイレクトに国道にアクセス可能。

IMGP0953.jpg
橋を過ぎると「仙頭」の集落に出る。
谷沿いに棚田と畑と家々が点在して、箱庭のよう。
キレイだな~、頑張って自転車で来てよかったな~、とヨロコビに浸る。

IMGP0928.jpg
この後、道幅がぐっと狭くなり、再び林間コースになる。
路面も荒れ気味で舗装が割れていたり、

IMGP0952.jpg
斜面が崩壊した跡なのかほとんどダート化している箇所もあり。
(長くても5~6mなのでロードでも平気です)

IMGP0929.jpg
林を抜ける辺りに「いざなぎ流祈祷殿」の石碑があった。

IMGP0951.jpg
道から少し上がった高台にお宮さん風の祈祷殿が。


IMGP0949.jpg
祈祷殿と則友の間ぐらいにあった、水場。
コケを伝って流れ落ちる水を木の樋で集めてあって、これぞ山の湧き水!!の風情だった。
冷たくて、甘くて美味しい水でした。


IMGP0933.jpg
則友の集落のはずれにあった「則友林道起点」の標識。
大栃側が起点かと思っていたら、こっちが起点だったのか、、

IMGP0937.jpg
林道起点標識のすぐ先に、この日の目的地のトンネルがあった。


IMGP0939.jpg
せっかくだから、トンネルの向こうを見てみることに。


IMGP0945.jpg
日当たり良く開けた土地で、横を流れる川といい、なかなか絵になるいい雰囲気!!
3軒ぐらいある家の真ん中に神社があったので、神社にお参りして引き返すことにした。



IMGP0944.jpg
鳥居の扁額に、「雨若神社」とあった。
風流で雅な響きの名前だ。
手入れが行き届いたキレイなお社だった。
お参りさせてもらうと、何だか清らかな気分になった。


IMGP0940.jpg
トンネルから先が「宇筒舞林道」になっていた。
交通安全のノボリがキレイだったので、林道の管理はきちんとされている様子だった。

まだ先を見てみたかったが、次回の楽しみに取っておいて今日は引き返すことに。
もっと涼しくなったら、ツーリング車で来て安芸まで抜けて、帰りは輪行して奈半利線に乗って帰ってこよう。
バーナーとコッヘルを持ってきて途中でお茶してもいいなあ。


秋の楽しみが出来ました。




関連記事

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

2010年8月29日(日) 岡豊 ビスタリ食堂へ ランチ・サイクリング


走行時間:2時間30分
走行距離:約50キロ
平均速度:17.6キロ

この日は南国市・岡豊にあるカフェ、「ビスタリ食堂」にランチを食べに行ってきた。

物部川北岸の県道で土佐山田まで南下。

IMGP0892.jpg
刈り取りの済んだ、佐野の田んぼ。
稲を天日干し中?
こうやって干してあるのって、久しぶりに見るような気がする。

この後、佐野ストアーで休憩中に通り雨が来たので、
藤棚の下で雨宿りさせてもらう。

雨が上がると、夏空が戻ってきた。
IMGP0901.jpg
入道雲がもくもくだが、ちょっとだけ空が高くなってきたような、、、


国分寺経由で岡豊へ。
IMGP0902.jpg


IMGP0903.jpg
国分寺の向こうのあぜ道で、立派な「へんろ石」を発見。


IMGP0904.jpg
手がリアルで立体的。手相が読めそう。


IMGP0910.jpg
国分寺から5分ほどでビスタリ食堂に到着。
民家をおしゃれに改装してあって、すごくいい感じです。

IMGP0905.jpg
カレーランチを食べました。

食後に、デザートとドリンクが付きます。
どれも美味しかったです。
IMGP0907.jpg
デザートのプリン。

IMGP0906.jpg
だんなの頼んだドリンク。
マンゴーと何かのミックスジュースだった。

IMGP0909.jpg
私はレモンジンジャージュース(だったと思う)。

建物の雰囲気も食事もよいのですが、BGMのセレクトがこれまたとてもよいのです。


帰りは陣山経由で土佐山田まで。
食べてる間に雨が降っていたようで、陣山の辺りの路面が濡れていた。

IMGP0912.jpg
畠で牧草ロールを作っているのを発見!!
白い覆いは、手作業で巻いているんだと思ってました。
牧草をロールにして、そのままテープを巻く機械があるんですね~。
すごい!


この後ものんびりペースで帰宅しました。




関連記事

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

2010年8月28日(土) 奥物部 小松神社


走行時間:3時間40分
走行距離:63キロ
平均時速:17.3km/h

別府方面に行くたび、
岡ノ内の国道沿いにあるラスタ・カラーの看板が気になっていた小松神社へ、
やっと行くことが出来た。

小松神社
(GS横にある、ラスタカラーの看板)


とりあえず県道で大栃まで行き、スーパーで菓子パンを買って近くの神社で休憩。
IMGP0841.jpg
この日は時折雨のぱらつくあいにくの天候だったが、その分涼しくて走りやすかった。


IMGP0847.jpg
ラスタ・カラーの看板のある分岐を入ってすぐに、もうひとつ案内板があった。
神社はここから5~6キロ奥にあるらしい。


この日は別府まで行く予定にしていたので地形図を持っていなかったが、
行けるところまでいってみることにした。


IMGP0848.jpg
さっきの青い看板の近くにあった、小松神社とランニングコースの看板。
永瀬ダムの湖畔にあるやつとデザインが同じなので、ダムが完成した頃に作られたんだろうか、、、?


IMGP0849.jpg
神社までの道は、物部川北岸の県道に似た感じの雰囲気。
1車線の細い道。
登ったり降りたりを繰り返しつつ少しずつ標高を上げていく、古いタイプの道だった。


IMGP0851.jpg
目指す神社には、なかなかたどり着けない。
心細くなった頃合に、道しるべ看板が現れる。


看板に励まされつつ細道を登っていく。


IMGP0852.jpg
国道から30分ほども登ったところに集落があった。


IMGP0853.jpg
しかし、神社はまだまだのようだ。
向こうに見える山の頂上がだんだん近くなってきている。
さっきまでは国道を走る車の音が聞こえていたのが全く聞こえなくなり、
だんだんとどの辺りを走っているのかわからなくなってきた。
登ったり降りたりを繰り返すので、登っている間はまだ安心できる
(引き返すときに下るだけでいいので)
のだが、下りになるとすごく怖い。

つのる不安と戦いつつ、もくもくとペダルを回す。


IMGP0855.jpg
さすがにもう引き返そうかなあ~、と思ったころ、
ガードレールに「小松神社」と書かれた道しるべが!!


じゃあ、もうちょっと頑張ってみるか、と思い直して出発。



IMGP0856.jpg
やったー、小松神社到着!!
やっと着いたー!


IMGP0857.jpg
何と、隣にはきれいなトイレまである!感激!!
トイレの名前は、「診察室」。
なかなか洒落が効いている。


IMGP0860.jpg
しかし、神社の本殿には鳥居の裏側にある急な石段をかなり降りていかないとたどり着けない様子。
SPDシューズでは行けそうにないので、お参りはパス。



鳥居の隣に、今度の香美市市議会議員選挙の公示ポスター設置板があったので、
この奥の集落を見てみたくてもう少し先まで行ってみることにした。



IMGP0863.jpg
5分とかからずに集落に到着。
集落内の沢の脇に、昔の「添水」の遺構があった。
「そうず」と読むらしい。
この添水を使って、石臼で米をついたり、粉にしたりしたらしい。
水車と同じ使われ方をしていたようだった。



まだまだ道は続いていたので、もうちょっと進んでみることにした。



IMGP0865.jpg
しかし、この後は路面が荒れてきて、あちこちで崩落した跡があり、
アップダウンも激しくなってきてさすがに不安になったので、この写真の地点で引き返すことにした。



IMGP0869.jpg
ほとんど岡ノ内まで戻ったところで、眼下に国道を発見!
なんと「超カーブ」のコーナーではないですか。
かなり別府に近い場所まで行っていたみたいだ。
これは驚き。



IMGP0872.jpg
岡ノ内まで戻り、これまたずっと気になっていた「岡ノ内 郵便局」を見学。
なかなか立派な郵便局でした。


IMGP0873.jpg
岡の内の集落は、棚田に囲まれた美しいところでした。


IMGP0881.jpg
集落の真ん中辺りの小山の上に「茅葺屋根」の家を発見!!
国道からは見えない位置なので、今まで気づきませんでした。


あとはまっすぐ国道で大栃まで戻り、永瀬経由で帰宅。


IMGP0882.jpg
雨上がりのダム湖と大栃の町。
ここからの眺めも好きだが、ダムが出来る前の大栃はどんな風景だったのかなあ、と思う。

関連記事

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

プロフィール

sakuramotipan

Author:sakuramotipan
高知県在住。
高知大学サイクリング部出身。
バイパス道路よりも昔の生活道を走るのが好きです。

カレンダー
08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。