FC2ブログ

寒い一日 


今日は4月だというのに寒い一日だった。
あんまり冷えるので一月ぶりに火鉢を使った。
やっぱり火を焚くと暖かい。


今年は本当に天候が不順で、週末ごとに雨が降るのでなかなか自転車に乗れない。
明日は持ち直す予報だけど、どうなることやら、、、。
スポンサーサイト



関連記事

2009年10月12日 西熊別府林道 3

*ルートマップを追加しました*


ピークから見た白髪山。ほんのり紅葉していました。


別府側の下りは落石多し。こちら側の方が西熊側よりも勾配きつい??


途中、基礎構造が木造の橋があった。


ほぼ下りきったところにある、べふ峡・もみじ茶屋。ここで山菜うどんを食べました。おでんも美味しそうだったけど、今回はうどんだけ。

この後、R195に出て大栃まで走り、家の車に迎えに来てもらって帰宅しました。
関連記事

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

2009年10月12日 西熊別府林道 2

*ルートマップを追加しました*


西熊別府林道つづき。
標高1200m付近までは白髪山の西斜面をつづら折れに登っていきます。


1200m地点です。山容の案内板つきの広場になっています。ミニテーブル持ち込みでお茶されているご夫婦がおられました。気持ちよさげでした。ここからピークまで残り4キロ。


ただし、ピークの標高が1500mほどあるので、この4キロで300mほどアップします。
 

40分近くかかってやっとピークにたどり着きました。




関連記事

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

2009年10月12日 西熊別府林道 1

*ルートマップを追加しました*

行った日:10月12日(月)
走行時間:約7時間(休憩含めて)
走行距離:75キロ
平均時速:14.9km/h
ルート:

別府へ降りてから強風の向かい風ですっかり疲れたので、大栃まで車で迎えに来てもらった。


大栃まではR195を利用。普段は北岸を走っていくが、何しろ1500m近い山道を登るので、少しでも時間短縮のため距離の短い国道を選択。快晴のいいお天気で、絶好のサイクリング日和でした。


五王堂の風景。ここも稲刈り終了。




集落の間をじわじわ登っていく。

久保影の公民館。公民館のロゴがグラフィック風で凝っていてかわいかったです。


三嶺の光石登山口。ここから本格的な登り開始。


この日の補給食はさくらベーカリーの「さくらもちあんぱん」。さくらもちが丸ごと入ってます。この中身のさくらもちが美味しいんです。


 

関連記事

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

2009年10月10日 北山スカイラインサイクリング

ルートマップを追加しました。
行った日:2009年10月10日(土)
走行時間:4時間30分
走行距離:74キロ
平均時速:16.3キロ
ルート:
この日は、南国市白木谷から重倉を通って北山スカイラインを縦走。
稜線上のスカイラインから鏡ダムへ下り、梅ノ木~行川を経て宗安寺経由で城山町のサイクリング・ショップヤマネまで走行。
ここで、ホイール組みに車で来ていたダンナと合流し、車で帰宅。
狭い箇所が多いので対向車に気をつけて走って欲しい。

白木谷梅園入り口。


白木谷国際現代美術館。
カフェが併設されていた。なかなかインパクトある建物。


この日はツーリング車を使用。
フレームは大阪の工房赤松でオーダーしたものです。


補給食を手作りしてみました。りんご入りの「おやき」。
甘さ控えめすぎて物足りなかった。


白木谷から重倉への登りに設置されていた対向車お知らせシステム。自転車でも作動するのだろうか??


重倉の下久保にある神社でトイレを借りました。きれいなトイレで感動。
最近いろいろな所でトイレの整備が進んでいるのですごく助かる。


高知ゴルフ場付近のスカイライン入り口がわからず、
少し土佐山側へ下って七つ淵方面から椎野峠へ。
峠のピークに北山スカイライン案内板が設置されていました。
複数のハイキングコースがあるようだ。
家が近ければ歩いても楽しそう。


椎野峠からは小刻みにアップダウンを繰り返しながら北山の稜線付近を西進。
途中、見通しの良いところからは高知市がきれいに見えた。


網川の辺りにカフェらしき建物を発見!!


柴巻から、大利へ抜けて鏡ダムへ。
美しい風景にしばし感動。


旧鏡村役場前の橋を渡り、鏡川西岸へ。
ここから去坂を経て梅ノ木へ。
途中、「畑川」に水泳場があった。



透明度の高いキレイな水で、しかも屋根付の休憩所まで完備されている。
こういう所で遊べる地元の子供がうらやましい。


梅ノ木には「どぶろく」の看板のかかったお店があった。


梅ノ木からは道なりに領家~行川へ。
刈り取りの終わった田んぼと青空のコントラストがきれいだった。


久しぶりに訪れた宗安寺は山門が建築されていてすばらしく立派になっていた。
この後は鏡川沿いにヤマネまで走って本日のサイクリングは終了。




関連記事

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

2009年9月11日 工石山~土佐町~領石 山岳ロングライド

*ルートマップを追加しました*
行った日:2009年9月11日
走行距離:114キロ
平均時速:18キロ??(記録するのを忘れた
ルートマップ

この日は、香美市の自宅から県道で工石山を越えて苓北へ入り、
大豊からR32で香美市へ戻ってくる山岳ロングライドに出発。
土佐町からは国道を走るのでそれなりに交通量があるが、
R32のトンネルは旧道を迂回するなどして工夫すれば割りと快適に走れる。
山越えの好きな人にはおすすめのルートだ。





一回目の休憩ポイント、南国市奈路にて。
この辺りからは1車線程度の狭い道が続く。
通行量が少なくて走りやすい道だ。
景色も良く、気持ちよく走れる。



工石山青少年の家横の赤良木トンネルにて。
平石から赤良木までの登りは、大学サイクリング部のヒルクライム・タイムトライアルコースだったので学生の時にはよく走りに来た。
香北に引っ越してからは遠くなったのでたぶん10年ぶりくらいに走った。
舗装が良くなって、走りやすくなっていた。



田井へ下る途中の「引割」の辺りに「棚田風景おすすめポイント」の
看板があったので小休止して写真撮影。
360℃広がる棚田と山の景色がすばらしかった。
写真には全部写りきらないのが残念。

この後は土佐町の道の駅さめうらで昼食休憩を取って、
R439~R32経由で繁藤まで走り、根曳の旧道を下って香北まで帰った。

山越えでしかも100キロ超だったので体力的にはきつかったが、
ほぼ一日走れて楽しかった。
久しぶりに自転車を満喫して大満足だった。

関連記事

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

2010年3月19日 大栃~舞川ポタリング

ルートマップを追加しました。





14日には1本しか咲いていなかった永瀬ダムの桜が、
今日はこんなに咲いていた。
たった5日でこれほど開花するとは、、、
桜は油断大敵だ。

本日の走行距離は約43キロ、平均時速16キロ弱、時間にして3時間弱のポタリングだった。

物部川北岸沿いに大栃まで行き、大栃からはR195へ。
2個あるトンネルのちょうど中間にある舞川への分岐を左折。
あとは舞川までほぼ1本道である。

栃本あたりでこんな大きな木の根っこを道端に飾ってあるのを発見!
樹齢いくつぐらいなんだろうか?
杉の木??あまりの大きさに圧倒される。


道幅は狭いが、交通量が極端に少ないのでゆったり走れる。
景色もよく、舞川まではアップダウンも少ないのでのんびりポタリングにはぴったりだ。


ガードレールの間の桜がこんもりと枝ぶりよく、キレイだった。


のんびり走っているうちに舞川に到着。
ここの十字路で、香川ナンバーのシーマに乗ったおじさんに国道までの道を訊かれた。
何でも、芸西の黒潮カントリーでゴルフして夜須から何の気なしに右折したら、2時間走っても国道にたどり着かないので困っている、とのこと。
地図もナビもないということだったので、
今走ってきたわかりやすい大栃までのルートを教えてあげた。
(自転車で走っていると、ときどきこういう場面に遭遇します。。。)


カモシカがいるぐらいの山の中ですから、
土地勘のない方は現在地を確認できるツールは持ってないと危ないですよ。

さて、私は舞川の十字路を奥西川・岸本方面へ進んで、
本日一番の難所、峠(地名です)へ。
24×25のインナー・ローで、もそもそと登る。
コーナーを抜ける度に汗が吹き出て、目に滲みて痛いのなんのって、、
サングラスも曇ってしまって前が見えず、ちょっとヒヤッとした。

いつ来てもここの峠はキツイ。

この後は別役経由~佐敷~土佐小川と進んでR195へ出て帰宅した。

関連記事

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

プロフィール

sakuramotipan

Author:sakuramotipan
高知県在住。
高知大学サイクリング部出身。
バイパス道路よりも昔の生活道を走るのが好きです。

カレンダー
03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック