FC2ブログ

2020-0119 稲生~五台山~大法寺~焙煎香房 庵

1週間ほど体調崩してたんですが、
やっと走る元気が出たのでポタリングへ。

物部川北岸~バス道を通って稲生へ。


いつもの烏兎匆匆さんでランチ。
食後はこの冬ハマっているチャイ。
アチアチで身体の芯から温もる。

ハンドルとサドルを変えたので
山も上がっておこうかなと思い、五台山へ。


ゆっくり上がったものの汗だくで到着。
今年の暖冬は度を越してるような気がする、、。
けど風は冷たいので汗かくと後で結構冷える。


ハンドルはヤマネさんで発掘した掘り出し物。
3Tの古いモデルです。


サドルはプロロゴ のショートノーズタイプ。
クッション性のいい奴にしました。
表面がマットな素材で滑らないのが良いです。
幅が143ミリと狭めなのが心配でしたが
座り心地良くて良い感じです。


五台山を下りて、高須~絶海の横を通って国分川へ。


国分寺川沿いにある、足湯に寄り道。


冬用タイツがタイトなので足先しか出せず。
でも気持ち良かったです。

しかし自転車は出た後が寒い 汗。


大法寺を登って、ここのダートに踏み込んでみたのですが
砂利というより岩サイズの石がゴロゴロで怖くて乗れず。
MTBだったら楽勝だろうなあ。
どこまで続いてるか気になる~。


ピークを越すと、


遠くの山の稜線上が雪で薄っすら白かったです。

この日はとことんノンビリ気分だったので、
帰宅の前にもう一軒寄り道。


ココです!


去年の秋頃から看板が出ていて
気になってたものの
通りがかるといつも準備中だったこのお店。


ついに行ってみました。
古民家で、お庭も素敵!


店内もオシャレ!
店主さんが大工さんと一緒に改装したそうです。
古道具も扱ってるとの事で、
テーブルにはアンティーク ランプが。

珈琲は自家焙煎されてるとの事。
メニュー表から選んで注文出来ますが、
どれが良いか分からなかった自分は
味の好みを伝えてオススメを淹れてもらいました。


丁寧にネルドリップされたコーヒー。
コクがあって美味しかった。


店内から見える景色も素敵です。
道から一段上がっているので
見晴らし抜群。

梅や桜の時期は尚更良い景色になりそう。


珈琲豆の販売もされてるので、
これからちょくちょくお世話になりそうです。


さて帰ろか、と思って川の方を見たら
気の早い梅が咲いててびっくり。

今年は冬らしい日が少ないまま
春がやって来そうですね。
スポンサーサイト



香北の紅葉

徳島行きの前日は、香北町 猪野曽へ紅葉見物に行ってました。



物部川北岸の県道で猪野々へ向かいます。
この辺はまだ青々してますが、



ここまで来るとすっかり紅葉してます。



この橋から見える景色が好きです。



谷が深いのでちょっと怖いんですが、
渓流沿いの木々の感じが風情があって
見てると癒されます。



猪野々の簡易郵便局手前を左折して
轟の滝方向へ。



山道を頑張って登って
滝の駐車場に到着。



轟茶屋も絶賛営業中。
イベント用のテントも出てました。
滝は、急な滑りやすい階段を下りないと見えないので、
レーサーシューズでは無理。

ここはスルーして更に上へ。

駐車場手前の分岐を直進します。
この先ちょっとキツイです。



一段上の集落に到着。
山の稜線上は、葉っぱが落ちて枝だけになってますね。

国道195号線方向へ下ります。



集落のお知らせ掲示板とか



遠くに見える永瀬ダムを見ながら下っていきます。



ちらほら赤くなってる木もあり。



意外に綺麗なのが物部川。
川沿いは広葉樹の林が残っていて、良い感じでした。

今度の週末も、紅葉綺麗だと思います。

2019-0915 池川周遊ポタリング



池川に車をデポしてぐるっと周遊してみました。
車はヨサク交流館の下の駐車場に置かせてもらいました。


出発時の土居川(仁淀川の支流)。
透き通ってほんとに美しいです。
前半はこの川の流れに沿って走ります。


ヨサク交流館横の橋を渡ったら
ココを右折して国道494号線へ入ります。

いきなり道が細くなって
細かいアップダウンが続きますが、
対向車(結構多い)に注意して慎重に走ります。


川は期待通りの美しさ。
地味に脚にきて疲れますが、
景色に癒されつつ進みます。

ただし、展望のきく箇所は少な目。


愛媛県境の境野隧道に到着。

トンネル手前の用居、という集落を再訪するのが
楽しみだったが、すっかり寂れてしまって様子が違ってたので
気付かずに素通りしてしまった。


これは2010年の写真。
今は空き家が多くて、アンパンを買った雑貨屋さんも
閉まっていたみたいだった。


トンネル向こうは久万高原町。


城塞のような石垣の畑は健在だった。
ピシッと角が立っていて堅牢そうな辺りがお城っぽい。


看板が賑やかなこのお店も、店内はお酒のみの販売になっていた。
2010年に来た時は生活雑貨や食料品も販売してたんだけど。

この少し先の食堂(閉店されてて店先の屋台のみ営業中)で
トイレをお借りして、赤蔵ヶ池(あぞがいけ)へ。
※走行中の愛媛?のサイクリストのグループを呼び止めて
トイレ情報を教えてもらって、食堂まで先導して頂きました。
ありがとうございました!



赤蔵ヶ池の入り口はこんな感じ。
県道210号線を行きます。


いきなり交通量が無くなって寂しい雰囲気に。

この先で道が荒れ始めて、
落ち葉や枯れ枝が散乱して
アスファルトが見えないぐらい。
苔も生えてて、車は日に何台通るんだろう?
もしやもう何日も車入ってない??
っていう状態になっていった。

怖いなあとビビりながら走っていると
「ブギャヒィーーーー!」
と叫びながらウリ坊が目の前に転がり出てきて
めっちゃ焦った、、、。

(親が出て来る前に逃げな!!!)
と必死でペダルを回して前進!

しばらくは気が気でなかったです。


旧土佐道の標識がありました。


やっとの思いでピークの赤蔵ヶ池に到着。
すっかり怖くなっていて、池に行く勇気は無し。
案内板には鵺が住んでるとか書いてあるし!


この先の下りがまた道が荒れてました。
カーブも多いし慎重に降ります。


やっと周りが見えた!
あの電波塔は中津明神山?


分岐が多く、紙の地形図か
ダウンロードした地形図が必須です。

電波が悪いので、Google MAP等は使えませんでした。


だいぶ降りてきました。


シュールな鳥避け。




トタン屋根には必ず「水」の文字飾り?がありました。


ここにも石垣の棚田がありました。


国道間近の集落。


陽当たりの良い谷いっぱいに拓けていました。


橋を渡って


国道33号線に合流。


柳谷で大学サイクリング部の
思い出深い集会所(建て替わって綺麗になっています)
を見て


お茶農家カフェあすなろさんに寄りたかったんですが
順番待ちの列を見て断念。


引地橋のドライブインで遅めの昼食。


ご飯物は全部売り切れ。
ざるそばと


おでんは大丈夫でした。


16:00ごろに池川到着。

車に自転車積んで、
吾北のムササビ温泉へ。

暑くて汗だくになったので、
一風呂浴びてから


1週間前に温泉施設内にオープンしたカフェ
アオイネコさんへ。


営業は週末のみだそうですが、
夜8:00まで開いていてアルコールもメニューにあります。
ご飯は週替わりメニューだそうです。


家までまだ2時間ほどドライブがあるので、
スイーツ補給させてもらいました。

西の方は食事出来る場所が少ないのでありがたいです。
ナチュラルテイストの素敵なお店でした。
今度は食事に来たい。




2019-0902 いの町往復ポタリング

この日、いの町商店街に新しいカフェがオープン!
と教えてもらったので、早速行ってみた。


車の少なそうなルートで、と思って
渡船経由で海沿いから仁淀川を遡るコースで伊野まで。


渡船の時間待ちでその辺をうろちょろしてたら
バス停でネコ発見!


あっつい日だったので、バス停の中の日陰で
グデーっと伸びて昼寝中。
驚かせて起こすと可哀想なので
遠巻きに撮影。

長浜の船着場からストレートに走って春野まで行き、
郵便局前を左折して海沿いへ。


仁淀川河口大橋手前を右折して
仁淀川の左岸を伊野まで遡上します。

ずっと川沿い、だと良いんですが、
途中から川からやや離れてしまうので
仁淀川が見えるのは最初だけ。


目指すカフェは、伊野の大黒様のすぐ近くにありました。


オーナーさんがサイクリストだそうで、
店内にバイクラックがあり、
オーナーさん直々にラックに自転車を掛けてくださいます。


ランチメニューのカレー。
野菜たっぷりで美味しかったです。
盛り付けもオシャレ!


ドリンクは、クラフトコーラにしてみました。


生姜やスパイスの入った面白い風味でした。


大人な雰囲気の古民家カフェでした。

伊野からは宗安寺経由で平石まで行き、
土佐山バルで小休止の後蟹越えへ。


蟹越えまでの登りがこの日一番涼しくて快適だった。


無事 蟹越え到着。
土佐山からが、南国からより楽ですね。


あとはほぼ下りです。


土佐山田のファミマで高知アイスの
塩ジェラート発見!!


ほんのり塩味で美味しいんですよね!
高知アイスの製品は売ってるお店が少ないので
嬉しい発見でした。

帰宅後にルート確認しようとしたら、
GPSが不調でルートが全く記録されていなかった、、、
めっちゃガックリきました。

2019-0825 初乗り第二弾は徳島 貞光へ


※先輩に教えてもらったRide With GPS というサービスを使ってマップを貼り付けました!
 以後はこちら経由でマップを貼り付けます。ルートラボより使いやすいようです。


もうすぐお彼岸だというのに
毎日毎晩 異常な暑さですね。

エアコン入れても暑くて、ブログを更新する気力が湧きません。


ピラーも黒で揃えたいなあ
できればカーボンで、
とボヤいたら、後輩がプレゼントしてくれました!
短足なので、ロゴが隠れてしまいますが、
s-worksです。


先月下旬に、徳島に用事があったので、
半田そうめんも買いたいしで
地図を見てたら貞光の東側に
短い周遊ルートが取れそうだったので
車に自転車を積んで行ってきました。


地形図を持って行ってたのに
のっけから道を間違えまして。
農作業の地元の方に教えてもらって
何とか正しい道へ。


貞光の道の駅で買った
お餅を食べながらのポタリング。
餅もあんこも旨ーい!


道脇には立派な栗が。
きっと今頃は道の駅に栗が並んでいることでしょう。


正しい道に入ってからは、
分岐ごとに表示が出ていて分かりやすい。


梅雨前に走った佐那河内でも見かけた半鐘が。
今も使われてるのかな?
朽ちてなくて手入れはされてる風でした。


なかなか大きな集落のようです。


この日二個目の半鐘。


可愛い学校がありました。
木造校舎が素敵。
今も現役なのかどうかは、??です。


貞光側に開けてるので、
吉野川と貞光の街並みを見ながら走る感じです。


ここが最後の大きな分岐。

途中、一箇所激しく登ってる箇所があり、
あまりの勾配変化に驚いて脚を着いたら
乗れなくなってしまって、押しが入りました。。。



降りる途中で、ガードレールに何かの作物が干してありました。
色合いから見て、藍?だったのかな?


貞光まで降りて来ました。


川の水が透き通って綺麗だったので、
橋の下まで降りて手を漬けてみました。
冷たくて気持ち良かったです!
ほんとは脚を漬けたかった!!!!


泳ぐには水温低いかな、、


以前から来たかった、貞光の卯建の街並みを散策。


想像以上に豪壮でびっくり。


卯建の装飾もすごい。


庄屋屋敷が保存されていたので見学させてもらいました。


シューズを脱ぐのが面倒だったので座敷には上がらずでしたが、


氷を入れて使う木製の冷蔵庫や


竃も保存されていました。


庭には深い井戸が。

敷地が広大で、母屋意外にも倉庫や隠居部屋のついた離れもあり、
規模が大きくて相当立派でした。

昔は剣山登山の宿場町として栄えたそうです。




車に戻ってから、貞光の道の駅で半田そうめんでランチ。
道の駅 特製豆腐がこれまた美味しかった。


お素麺は、半田にある半田そうめん協同組合で
説明を聞いて色々見て(製造元が沢山ある!)
これに決定。

材料の小麦粉の種類が、製造元で違っていて
微妙に味が違うそうです。

これはモチモチして、甘みがあって美味しかったです。


ポタリングの後、
上板のサイクスサイエンスさんで買い物して
徳島遠征終了。

プロフィール

sakuramotipan

Author:sakuramotipan
高知県在住。
高知大学サイクリング部出身。
バイパス道路よりも昔の生活道を走るのが好きです。

カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック