スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017年5月7日(日)窪川〜大野見〜船戸〜酷道439号線



GW最終日に再び四万十へ。

IMG_6866.jpg
窪川まで車で移動。

IMG_6871.jpg
前回は西土佐〜中村へ行きましたが、
この日は大野見へ。

IMG_6872.jpg
峠を越えて、

IMG_6876.jpg
大野見の中心部を通って

IMG_6891.jpg

IMG_6892.jpg
久万秋の湧き水を汲んで、

IMG_6896.jpg


IMG_6883.jpg
小さい沈下橋のかかる四万十川支流を眺めつつ

IMG_6897.jpg
四万十源流点にある珈琲焙煎所へ。

IMG_6909.jpg
Coffee 7 Fushigiさんに寄り道。

IMG_6905.jpg
深入りコーヒーと、ラムレーズンのチーズケーキを頂きました。
こじんまりした、素敵なカフェでした。

津野町・船戸から国道に入って、

IMG_6916.jpg
檮原の手前でYou Farmさんへ。

IMG_6918.jpg
ソフトクリーム〜〜
春野にもお店があるのですが、一度この本店に来てみたかったんですよ。
美味しかったです。

IMG_6922.jpg
この後は、ひたすらこの酷道439号線をひた走ります。
この画像の区間は改良されていて、路面が美しいです。
が、ほとんどの区間はもっと狭い上に激荒れで、
子供の頭大の落石がゴロゴロしていて非常に神経使います。。。。
さすがは酷道。その名に恥じない厳しさでした。
下り基調なのに、全然ペース上がらず。
結構疲れます。

IMG_6927.jpg

IMG_6925.jpg
対岸に渡るゴンドラがあったり、

IMG_6931.jpg
横を流れる四万十川支流は美しく、景観は抜群!

IMG_6936.jpg
鬱蒼とした木立の中をうねうねと道は続く。

IMG_6940.jpg
茅葺きのお接待所?のような建物。

IMG_6945.jpg
隣に手作りパン屋さんがあるので、ここで遅めのランチ休憩。

IMG_6942.jpg

IMG_6941.jpg
サンドイッチと菓子パンを目一杯買いました。
美味しかった〜〜

IMG_6951.jpg
だいぶ、降りて来ました。

IMG_6954.jpg
ここ下津井には、森林鉄道の遺構が残っています。

IMG_6960.jpg
美しい眼鏡橋。
橋そのものも良いんですが、周辺の景観がこれまた素敵でした。

大正でやっとこさ国道439とはお別れして、後は窪川まで平和に走って、帰宅しました。




スポンサーサイト

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

2017年4月16日(日)KCTC走行会 仁淀川町 久喜の花桃〜引地橋おでん



この日は久しぶりにKCTC走行会へ。

IMG_6351.jpg

集合場所に行ってみないと本日のルートが分からない、ミステリーツアーみたいなクラブランです(笑)。
今回は、吾川の久喜の花桃か、ひょうたん桜を見に行こう、ということで出発。

サイクリングショップ・ヤマネを出て、国道で岡花まで走り、
岡花からは県道へ入って越知へ。
そして、越知からまた国道で吾川へ。

IMG_6352.jpg
ここを左折して川を渡ります。

IMG_6359.jpg
この日は珍しく女性参加者が3名でした。

IMG_6374.jpg
ちょっと時期が遅かったので花が残ってるかどうかが心配でしたが、
意外に残ってました。さすがに盛りは過ぎてましたが、それでも十分にキレイ。

IMG_6370.jpg
それに、まだお店が出店してましたーー!!
沢渡茶の大福餅〜

IMG_6369.jpg
お茶色のと白いの!
2個とも美味しくてやっぱり一気食い。
お店があると嬉しさ倍増です。

ここで、用事のあるTさんがYさんと帰宅。
残ったメンバーで、久喜〜仁淀村に抜ける道を走ってみることに。

IMG_6378.jpg
すでに結構な標高ですが、ここからまだ登りました。

IMG_6381.jpg
峰越しルートというよりは稜線を登ったり降りたり、かなりアップダウンのキツい道。

IMG_6383.jpg
ピーク付近に由緒のある神社が。

IMG_6384.jpg
ここの境内で、火回しの祭事があるらしい。

IMG_6386.jpg
はるか下に、仁淀村が見えています。

IMG_6389.jpg
何故か途中に小便小僧さんが。
うねうねと下って、仁淀村の森へ。

また国道に入って、

IMG_6390.jpg
おでん休憩。
「おでん、おでん〜〜」と声を大にして主張して、無理矢理寄ってもらいました。

IMG_6392.jpg
やっぱり美味しい、引地橋のおでん。
柚味噌がまた旨い。
サニーマートでも買えるけど、やっぱりここのが美味しいように感じる。

この後はほぼ流れ解散のような格好になり、
越知からの国道の混雑がイヤで、出来地経由で帰宅。

IMG_6394.jpg
沈下橋とか、

IMG_6395.jpg
小夏の良心市とか見ながらヘロヘロに疲れて帰りました。
向かい風にすっかりやられました。。。

伊野の土佐和紙工芸村では待っていて下さった方に気づかず、
のんびり休憩してしまってすみませんでした。汗。





テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

2017年5月1日(月)香北町 轟の滝茶屋情報など



IMG_6639.jpg
久しぶりに香北の轟の滝へ。

IMG_6641.jpg
猪野々の簡易郵便局前の分岐を左(登る方)へ進むと、

IMG_6653.jpg
3キロぐらい?で着きます。

IMG_6652.jpg
例年だと、秋の紅葉の時期しか営業しない、ここの茶店。

IMG_6642.jpg
でも、今年はGW中開いています。

IMG_6643.jpg
10食限定!!で、オムライスやナポリタン(いずれも田舎風、、、)もあり、
なかなか魅力的。

滝そのものを見るには、茶店前から少し下って、
さらに遊歩道(険しい階段)を降りないと見れないので、
レーサーシューズでは無理です、滝を見たい方は歩ける靴をご用意ください。

IMG_6645.jpg
来月にはこんなイベントもあるらしい。

IMG_6650.jpg
自分は滝はパスして、もう少し上にある集落まで登りました。

IMG_6657.jpg
田植え準備の進む田んぼがバックの山々に映える。

IMG_6658.jpg
なかなかのどかで良い感じのところです。

IMG_6670.jpg
結構、標高があります。

IMG_6689.jpg
そのせいか、まだ八重桜が咲き残っていました。

IMG_6679.jpg
下り道も景色良い。

IMG_6677.jpg
ちょっと寄り道して、

IMG_6673.jpg
神賀山へ少しだけ登ってみました。

IMG_6692.jpg
下り道の途中のアヤメ(?)。
道も、畑やお庭も入念に手入れされていて、
どこもかしこも本当にキレイ。

IMG_6694.jpg
永瀬ダム経由で大栃へ。

IMG_6695.jpg

IMG_6696.jpg
この日のお昼ご飯。

IMG_6697.jpg
いちご大福、3個パック一気食い、、、、
やってしまった汗、あまりに美味しかったもので。

帰路は国道一直線でした。




テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

2016年12月23日(祝)土佐久礼大正市場〜風工房で苺ケーキライド


*Safari 経由でマップ更新できました!!*

更新が遅すぎてなかなか追いつきませんが、
もういっそのことすっ飛ばして最近のことを書こうかとも思ったんですが
せっかく撮った写真があるので律儀に日付を追って行こうかと。

IMG_4655.jpg
この日は職場関係の方にお誘い頂いて、
土佐久礼までグルメライドに行って来ました。

高知市に集合して、
浦ノ内経由で須崎〜安和海岸へ。

IMG_4656.jpg
ここはいつ走っても景色が良くて気持ちいいです。

IMG_4660.jpg
冬場は海水の透明度が高くて本当に透き通るようです。
若干路面が荒れてますが、交通量が少なくて景観抜群。
自転車のためにあるような道です。

IMG_4662.jpg
久礼の町並みも昔ながらというかレトロで落ち着いてて良い感じ。

IMG_4663.jpg
このお菓子屋さんがいつも店先にいろんな種類のお菓子が並んでいて気になります。
実はまだ買い物したことないんですよね。。

IMG_4667.jpg
大正市場、祝日でしたがちゃんと営業してました。

IMG_4672.jpg

IMG_4680.jpg
これをみて、(そうか〜、年末やったな)と思った。
年末より2日後の横浪カップで頭一杯だった自分。。。

IMG_4670.jpg
カツオもモリモリ並んでました。

IMG_4675.jpg
イカの口??
珍味かなぁ、初めて見た。

IMG_4678.jpg
丸ごと鰹〜〜!!
水揚げ港の近くでないと、なかなかお目にかかれません。

IMG_4682.jpg

IMG_4686.jpg
冬が旬の「うつぼのたたき」もありました。

IMG_4687.jpg
ドロメ(生しらす)もありましたよ。

IMG_4691.jpg
総勢5人だったので、これだけ買って、一皿に盛りつけてもらうことにしました。

食堂でご飯とお味噌汁を頼んで待つことしばし、

IMG_4695.jpg
来ましたよー!!
てんこ盛りのお刺身!

食べきれるんかな、って心配しましたが、
あっという間に完食でした。

せっかく久礼まできたんだから、ということで、
ケーキで有名な風工房さんへ。

IMG_4712.jpg
クリスマスケーキの箱で溢れかえる店内で、
苺ガナッシュを食べて来ました。

帰路は向かい風強風でかなりきつかったんですが、
ほぼOさんの先頭固定列車に乗せてもらって、何とか帰って来ました。
距離は100キロぐらいだったような。




テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

2016年11月26日(土)しまなみ海道



IMG_4385.jpg
この日は、泊まりがけでしまなみ海道へ行って来ました。
来島海峡大橋横のサイクリングターミナル糸山に一泊。

IMG_4343.jpg
移動日は宿に着いてから今治をちらほらとサイクリング。

IMG_4348.jpg
今治造船さんを裏から眺めて来ました。
自在に動くクレーンに釘付け。
建造中の船が思いの他多くてビックリです。

IMG_4356.jpg
さすがは造船の町、マンホールの蓋も船マーク。

IMG_4334.jpg
今、しまなみ海道は自転車は通行料金無料です。

IMG_4335.jpg
このサービス、まだ継続中だったとは知りませんでした。
料金箱に回数券を入れるのも楽しいんですが、いちいち止まるのがちょっとめんどくさいのと、
一回に払う金額は少額でも、積もり積もると案外通行料金がかかるのでかなり助かります。

IMG_4339.jpg
すごくいいお天気でした。

IMG_4360.jpg
それにしても造船所が多いです。
入り江が全て造船所で埋め尽くされてる感じでした。

IMG_4385.jpg
翌朝。
この日も天気は良さそうで安心。
サイクリングターミナルは、宿泊料金が安くて魅力的なんですが、
食事するところが近くにないのが相当不便でした。。。。
設備もちょっと古かったかな。

IMG_4390.jpg
この日の目的地は大山祇神社と生口島です。

IMG_4393.jpg
今治造船さんを見ながら、来島海峡大橋へのアプローチを上がります。

橋の上からが絶景なんですが、
写真ではその感動を伝えきれないのであえて撮りませんでした。
ぜひその目で確かめに行って下さい。

IMG_4401.jpg
大三島で、一つ目の目的地の大山祇神社へ。

IMG_4407.jpg
本殿にお参り。
願掛けをしてたので、そのお礼参りでした。

この後、宝物館で平安時代からの奉納品の甲冑や宝剣の数々を見学。
源義経奉納の甲冑もあって、結構見応え十分でした。
マニアの方なら満足度も相当高いのでは、、、。

IMG_4409.jpg
斜張橋を渡って、いよいよ生口島へ。

IMG_4411.jpg
平山郁夫美術館前のカフェでカレーランチ。

その後、

IMG_4413.jpg
生口島産の柑橘類を使ったデザートを作っている「島ごころ」さんで
スイーツ休憩。
これは焼きたてホカホカのレモンタルト!
店内にイートインコーナーがあり、コーヒーがサービスされるので
ゆっくり座ってお菓子を食べられます。

IMG_4414.jpg
もう一個、焼きたてのレモンケーキ!!
品切れていたので、焼き上がるまで10分ほど待って、
オーブンから出て来たばっかりのを頂きました。
どちらも美味しい〜。
レモンの酸味と香り、バターたっぷりの贅沢な味わい。
焼きたてなのでほんとに良い香りがしました。

IMG_4421.jpg
その後は、若干向かい風が出て来てちょっと苦しみつつ、
生口島を1周して、また橋をいくつか渡って今治へ。

IMG_4417.jpg
海を渡るサイクリング、っていうのはここでしか体験できないですね。

IMG_4420.jpg
出来たら、もっと時間をかけて島の中ものんびり探索してみたいんですが、、
ついつい橋から橋へ渡るのに夢中になってしまう。

IMG_4433.jpg
やっぱり瀬戸内海は良いな〜〜。
また走りに行けますように。








テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

プロフィール

sakuramotipan

Author:sakuramotipan
高知県在住。
高知大学サイクリング部出身。
バイパス道路よりも昔の生活道を走るのが好きです。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。