FC2ブログ

2018-0916 脇町~剣山 見ノ越~貞光 ポタリング

徳島の後輩に案内してもらい、
剣山周遊ポタリングに行ってきました。

この後輩とのポタリングは
昨年からずっと計画倒れになってて、
一年越しで実現出来ました。

高知からは、GWにロングライドをご一緒頂いた
Mさん、Nさん、うちら夫婦の4名で参戦。
Nさんの車に4人プラス4台乗せてもらって徳島へ移動。


脇町のウダツの町並み散策からスタート。


電柱を地下に埋設してあって、
地面も昔風に舗装されてました。
しかもごく普通に生活されてる方がいて、
生きてる町並みで新鮮な感じ。

お店ばっかりが立ち並んでるのを想像してたので、
嬉しい裏切りでした。


潜水橋(高知だと沈下橋ですね)で吉野川の南岸へ渡ります。

剣山への登りに入って結構すぐの所にあった滝の展望所で休憩。


大きな滝が二筋、川向こうに見えました。

この辺から道幅が狭く、路面も荒れ気味に。


滝の次は国道の旧道沿いにある「土釜」で休憩。
急流で川の岩石が削られて出来た
甌穴スポットです。

近くに美味しいうどん屋さんもあるそうですが、
今回はそっちはパス。


美しい貞光川沿いに登っていきます。

この後、メカトラでMさん、Nさんは残念ながら途中離脱。
人数が減って寂しくなりましたが、
残った三名で見ノ越を目指します。

後輩くんが速いのと、自分が遅いのとでかなりお待たせしつつ
何とかピークに到着。



ここからは下り。


蒸し暑い日でしたが、快晴で剣山頂上がクリアに見えました。


見ノ越は駐車場がほぼ満車状態の賑わい。
人通りも多くて、後輩も驚いてました。


うどん休憩!
ダシがしっかり効いてて美味しかったです~


見ノ越のトンネルを越えて、これから穴吹まで長ーいダウンヒル。

道が激荒れで、川になってる箇所多し。
落石と水溜りを避けながら、
観光の車も多くて結構ヒヤヒヤモノの道程でした。。。

久しぶりに緊張感溢れる下りを堪能。



ここからは道幅が広がって快適走行。



恋人峠に寄ってみましたが、
事前に後輩くんに聞いてた通り、
峠でも何でもなくて拍子抜けの感じ。。。
本当の峠は、国道のずっと上にあるようですが。



下界は暑い暑い!
じとっとまとわりつく暑さ。


穴吹駅前のぶどう饅頭のお店で、
後輩くんにご馳走になりました。
お店のサービスでスダチジュースを振る舞って頂いて、
店内で涼みつつ椅子に座ってノンビリ休憩。


で、スタート地点に戻って、離脱組と合流して、
サイクリング終了!

プチトラブルでちょっと残念でしたが、
後輩くんと卒業以来に一緒に走れて楽しかったです。

次回は瀬戸内グルメライドを企画中~。
いつ行けるかな???
スポンサーサイト
関連記事

2018-0910 高知市~椎野峠



10:00ぐらいから急に晴れたので
慌てて準備して出発。

とりあえず高知市内まで。


秋晴れで、乾いた良い風が吹いてました。
田んぼの横で早くも彼岸花が咲いています。


この前の大雨でまた物部川が増水。
今年はこの光景何度見た事か。。。
最近、雨が集中的に降り過ぎる。


国分川にも雨で流されて来たらしき石(岩?)がいっぱい。
若干流れが変わってます。

この夏は毎週のように台風やら大雨で
ほんとに堪らなかったです。
被害も甚大で、胸が痛む。

募金ぐらいしか出来ませんが、
買い物に使っているスーパーの募金箱に
毎回小額ですが募金させてもらってます。

福井の穀雨さんでランチ後、
何となく気が向いたので、学生時代に
サークルのトレーニングでよく走った
椎野峠へ。


登り口の小さい滝が、すごい水量でした。
初めてこの滝(沢?)を見た時は、
街中にこんな綺麗な流れがあるなんて、、!!!
と感動したものですが、その時の興奮が蘇る迫力。

こっから先が、確かキツかったよなぁ~、
と思い返しつつ行くと、

何これ?!
こんな勾配やったっけ???
ひやー、立ちゴケしそうやん 。。。。

と冷や汗かきながらの登坂。


やっと到着。
しんどかった、気持ち悪くなりました。
手が離せないのでボトルが取れず、
喉が乾いて辛かった。

ランドナーでダンシングして駆け上がった
あの頃の馬力はもう無いなあ。。。


ピークから北山スカイラインを東進。


今は閉まってますが、コアなファンの多かった望六茶屋。
知り合いが休みのたびに通ってました。

握り寿司が美味しかった、という情報を
SNSで教えてもらいました。
残念ながら、自分はお店に入った事は無いです。
いつも通過するだけでした。


茶屋からの眺め。
高知市内を一望できて、太平洋まで見渡せます。

茶屋前までハイキングコースもあり、
その頃愛読していた「高知のハイキング」という本にも
紹介されていました。


小坂峠でカルピス休憩して、


白木谷経由で帰宅。


土佐山田のファミマで誘惑に負けてスイーツ休憩。
帰りは北西の風でちょっと寒かった。


この先は穏やかな天候が続きますように。


関連記事

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

2018-0617 しまなみ海道 大三島~尾道


*ルートラボのマップを追加しました*




六月に、尾道で期間限定のRapha SHOP 目当てで
しまなみ海道へ行ってました。

大三島まで車で移動し、
道の駅向かい側の駐車スペースに車をデポ。


一人だし、気ままにフラフラ走って来ました。


因島では、ドック入りしている
巨大な自動車船を目の当たりに見学!

ほんとに大きくて、クジラのよう。
ドックの守衛さんのご好意で、
敷地内に立ち入って間近で見る事ができて大興奮!!!


向島に渡って、





渡船乗り場近くの、後藤鉱泉所さんでジュース休暇!
瓶入りが懐かしい~、レトロな店内も珍しく、
ジュースも美味しかったです。


運賃110円のフェリーで対岸の尾道へ。


Onomichi U2 に到着。
主目的のRapha Shop は、最終日だけあって
ほぼ売り切れ状態でした。
夏用のキャップのサイズ確認だけさせてもらい、
お買い物はネット店舗ですることに。


U2 店内のパン屋さんとコーヒーショップで
お昼ご飯を調達して、海を見ながらモグモグやっていると
何やら賑々しく飾りのくす玉🎊を飾った綺麗な船が、
タグボートに曳航されてやって来ました。

もしや新造船で、進水式直後??
と思いつつ眺めていたら、後日ネットニュースに
この船「しとらす丸」がアップされてるのを発見!
やっぱり出来たてホヤホヤの新造船でした。


帰りも、瀬戸田レモンのレモネードを飲んだりしてのんびり。

s
終日遊んで、大三島に戻ってきました。




関連記事

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

2018-0813 愛媛 別子ライン 大永山~法皇トンネル~伊予三島


*ルートラボのマップを追加*




超山岳ブルベの下見もこれが最後。
朝5:30出発、寒風山経由で新居浜へ。

別子ラインの入り口、山根公園に車をデポ。


公園のトイレで立派なナナフシ発見!

この後、ちょっとメカトラで
ガソリンスタンドに工具を借りに行ったりで
1時間ほどロス、スタートが10:30ぐらいになる。。。
暑い😵💦

マイントピア別子でトイレ休憩して、
マイペースで登る。


道脇に別子銅山の施設らしい建物があったので、写真。


蒸し暑くて、止まると汗が吹き出ます。


大きなループ橋を通過。


横に残された、旧道が気になりました。
次来た時は、こっちを通って見よう。


車止め標識が、みきゃん!!
すごい、こんなのあるんや!
高知も、しんじょうくんとか、カツオ人間とか、
くろしおくんとかで作れば良いのに。


段々と標高が上がって、
この辺ぐらいから涼しくなってきました。


秋の紅葉も綺麗だろうな。

この後、前方の険しい斜面に
幾重にも重なったガードレール発見。。。
見なかった事にして、ペダルを回す事に意識を集中。。


ヘアピンをいくつも越えて、さっき下から見上げた
グネグネの道筋を見下ろす。

思ったより勾配がなくて、助かった。。


ついに到着、大永山トンネル。


トンネルが登り勾配なので、ピークはトンネルの南側でした。

ここからは下りですが、
本番のブルベではここを登り返してくるので
ダウンヒルをあまりお気楽に楽しめません。

これを登るのかー、と思いつつ憂鬱な気分で降ります。


別子の学習館?の食堂がお休みだったので、
道脇の自販機でドリンク休憩。
なんと、まだホットがありました!
朝晩は冷えるんでしょうね。


富郷ダム横の食堂をアテにしてたんですが、こちらもお休み。
茅葺の古民家を見て、ここも自販機のドリンク休憩のみ。

急に曇ってきて雷鳴がし出したので、慌てて出発。


若干焦り気味に法皇トンネルに到着。
ちょっとパラっと降られましたが、雨雲はやり過ごせました。

法皇トンネルは長くて狭くて暗い、と聞いてた(学生の頃ですが汗)
ので通るのが嫌だったんですが、LED照明が煌々と照らしていて、
狭かったものの、明るさは全く問題なし。
車も少なくて、快適に通行出来ました。


トンネルから伊予三島までのダウンヒルが、景観最高!!!

瀬戸内海を眼下に望みつつ、豪快に下っていけます。


途中の展望台からの景色も良かったです!

伊予三島のコンビニで補給休憩を取り、
海岸沿いを新居浜まで走ります。


途中に一個だけ200mほど上がる所があって、
その辺が景色も良いんですが、とにかく暑い!
息も絶え絶えになって、暑さで頭がクラクラしました。

17:00ぐらいに無事にスタート地点に到着。

走りがいのある良いコースでしたが、
登り区間が全て追い風微風で、
面白いように汗が吹き出て、水分を絞られました。

秋の涼しい季節に走ると楽しそうです。

ブルベ本番は10月なので、きっともっと走りやすいハズ。
ですが、あまりにキツイコース設定なので、
参加しようかどうしようか悩み中です。



関連記事

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

2018-0505 大田尾越え~白髪隧道(猿田越え?)


*ルートラボのマップを追加*



秋のブルベ(200キロ)の下見で、コース全体の3分の1を走って来ました。
一人では心細かったので、ダンナさんについて来てもらいました。
(ブルベ参加時は一人で走るんですが 汗)

IMG_3141.jpg
土佐町のこちらに車をデポさせてもらって、出発。
早明浦ダム湖畔を走って、大川村へ。

IMG_3067.jpg
白滝入り口から県道に入ります。
この後は大田尾越えまで直進、一本道。

IMG_3070.jpg
深い森の中を、渓流に沿って上がっていきます。

IMG_3075.jpg
道幅は1車線しかないですが、路面状況はまずます。

IMG_3076.jpg
所々でしんどい箇所がありますが、
それほどきつくなく、走っていて気持ちいです。

IMG_3080_201806072043481bb.jpg
切り通しのピークに到着。
いきなり向かい風の強風で、ちょっと寒くてビックリ。

IMG_3081.jpg
ちっこいけど、峠の標識あり。

IMG_3079.jpg
登山の方が結構おられました。

下りの方が傾斜がきつくて、路面も荒れ気味で緊張しました。
降り切ったところに別子鉱山資料館?があって、
売店とトイレがあったので小休止。

富郷ダム方面へ降りていき、

IMG_3086.jpg
ここを左に入って猿田の登りへ。
この建物は、以前は旅館だったそう。

IMG_3094_20180607204408be2.jpg
またまた渓流沿いに上がっていきます。

IMG_3095.jpg
猿田の集落。
実はこの道、学生の時に合宿で一度だけ走りました。
あの時は、郷ノ峰~大川村(ここで一泊)~猿田越え~金砂湖方面~観音寺、と走りました。
当時は、ここから奥がダートでした。

IMG_3098.jpg
もう全部舗装済やで~♬
と思っていたら、まさかの未舗装路が!!!
断続的に、全部で200m?ほど残されていました。。。
コンクリの下地に細かい砂利が敷かれた感じで、
砂利が深いのでロードバイクのタイヤが取られて乗れない箇所が多かったです。
パンクや転倒でもしたら困るので、安全策を取って素直に降りて押しました。

IMG_3099.jpg
ピーク到着。

IMG_3100.jpg
このトンネルが曲者。。。
内部に照明が全くなくて、真っ暗闇。
しかも水抜きのために真ん中が高くなっているので、
途中まで本当に真の闇です。
ダンナと併走して、ゆっくり抜けましたが、
本番は一人かと思うとかなり憂鬱。。。。
偶然他の方と一緒にならないかなぁ。。

IMG_3104.jpg
無事にトンネルを通り抜け、後は土佐町まで下るだけ。
しかし、道幅が狭い上にコーナーが多いので、あまりペースは上がらず。

IMG_3106.jpg
でも、景色がいいので楽しく下れます。

IMG_3119.jpg
横を流れる汗見川が本当に美しくて、何度も立ち止まって見惚れてしまいます。
写真を撮ってばかりで、全然進まずでした。

IMG_3122.jpg
昔はここから森林鉄道が走っていたらしいです。

IMG_3123.jpg
本当に綺麗な川でした。

IMG_3126_2018060720463179f.jpg
謎のマーク付きの岩があったり。

IMG_3134.jpg
エメラルドグリーンとはまさにこんな色だろうなあ。
透明度があるので、水深がわからないですが結構深そうでした。

本山のさくらの市で一個だけ残っていたお弁当を買い、
遅めの昼ごはん。

IMG_3139.jpg
道の駅さめうらの隣のアイス屋さんでわらび餅サンデーを食べて糖質補給。

IMG_3142.jpg
あかうしの串焼きも食べたかったんですが、
こちらは間に合いませんでした。

楽しいルートだったんですが、これで3分の1かと思うとゾッとしました。。
かなり練習しないと、時間内に完走は厳しそうです。














関連記事
プロフィール

sakuramotipan

Author:sakuramotipan
高知県在住。
高知大学サイクリング部出身。
バイパス道路よりも昔の生活道を走るのが好きです。

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック